全頭結果回顧

札幌記念2020【全頭結果回顧】G1馬勢が上位独占!注目のイェッツトも5着に健闘!

2020-08-23

当レースの予想はコチラ札幌記念2020【予想・全頭評価】G1馬勢は強い。それでもイェッツトを狙いたい!

第56回札幌記念:レース展望 出走頭数は12頭と、近年の札幌記念と比べても少頭数のレースとなりました。 今回の主役は、前走の宝塚記念の大敗を除けば、ハイレベルで ...

続きを見る

第56回札幌記念:結果回顧総評

上位3頭がG1馬という、格の違いが顕著な結果となりました。

勝ったノームコアは最内枠と持ち味を活かしきったレースで、後は余裕を見せながらの快勝。

 

2着のペルシアンナイトも得意の形なら力上位であることを再認識させてくれました。

3着のラッキーライラックも不本意な競馬でも地力の高さは見せてくれたと思います。

 

上位馬の秋が楽しみとなる一方で、この夏、函館・札幌で頑張った馬達はまだまだ地力不足なようですね。

その中でもポンデザールイェッツトは比較的良い走りを見せていたので、今後も注目していきたいと思います。

全頭結果回顧:個性値

個性値評価とは?

上位評価5頭が全て6着以内と、久々に適切な評価ができたように思います。

やはりG1馬3頭の地力は高く、評価値の大きな決め手となりました。

今年の函館記念組の地力はやはりやや低めでしたね。

本命馬が3着なのはいただけないけど、最近からするとマシな予想ではあったかな
takumi
J-batai
人気サイドの決着でもあるけど…来週以降も良い予想を続けたいね!

全頭結果回顧:内容

1着

展開がバシッとハマったこともあり、余力を残しながらの快勝でした。

勝負所でのペースアップにも難なく追走してみせ、改めて高い操縦性と地力を感じさせました。

洋芝も全く苦にしませんでしたね、見立通りかなり脚力のあるタイプでしょう。

また、久々の2000m戦でしたが、それを全く感じさせない走りでもありました。

距離の融通も利くようですし、秋以降どのようなローテを組むかも楽しみですね。

2着

ギリギリまで脚を溜めてキレを活かす、この馬らしい走りが久々にできたように思います。

得意の形なら、この距離でも十分に戦えますね。

昨年の札幌記念でも良い走りをしていたように、この条件も比較的得意なようです。

また、休み明けは走らないタイプなので、タフなレースから中7週だったという点も

プラスだったように思います。

そのため、秋以降も1回叩いた後なら再度好走が期待できるでしょうね

3着

何というか、スタートから手応えが良すぎた感じがしますね。

直線でも早めに先頭に立つ形になってしまい、この馬らしい、目標を捉えて差し切りを狙う競馬ができませんでした。

調教は抜群だったようですし、調子の良さがかえってマイナスになってしまいましたかね。

大阪杯を勝った時は完全に本格化したように思いましたが、ここにきて少しずつ歯車が狂い始めたような感じもします。

デムーロ騎手には悪いですが、最近の不調が続くようなら乗り替わりも考えた方が良ですかね…(秋は短期免許の外人騎手が濃厚でしょうが…)

ただ、ここまで噛み合わないレースでも3着だったので、地力の高さは健在でした。

4着

距離短縮は微妙と見ていましたが、長く脚を使って4着に健闘しました。

3コーナーからムチが飛んでいたように、距離は不足していたように思いますが、調子の良さと洋芝の適性でカバーしたようにも映ります。

G1馬たちにはさすがに通用しませんでしたが、それ以下の相手には今後も十分やり合っていけそうですね。

長めの距離なら、他場でも注意が必要な1頭となりそうです。

5着

今回は大外を回らずに直線に向いたことで、重賞でも上位に迫る走りができました。

上位のG1馬には及びませんでしたが、今年の函館記念組には完勝という結果なので、やはりこの条件の適性とともに、地力もかなり高い馬だと思います。

なので、次走も自己条件ではなく、積極的に重賞に挑戦してほしいです。

6着

いつも通りスンナリ好位をとってレースを進められましたが、勝負所での手応えがイマイチでしたね。

近走の感じなら4コーナーで先頭に並びかける走りができたと思うので、少し調子を落としていたような気もします。

実績的に札幌コースも問題なかったはずですし、地力もつけてきているので、次走でも注目したいです。

7着

今回は前も十分残れるペースでしたが、結果的には地力の差が出てしまった感じですかね。

終始外目を回る形ではありましたが、それでも上位勢とは決め手に大きな差がありました。

着差的には上位3頭のG1馬以外とは良い勝負になっていたので、G3辺りで再度仕切り直しですかね。

8着

この馬の競馬はできましたが、強力なG1馬相手には通じない結果になりました。

また、直線半ばまではソコソコ粘れていたので、ベストは1800mくらいな感じもしましたね。

ここ2ヶ月でタフなレースが4回目と、やや疲労もあったかもしれません。

次走は間隔を開けて距離短縮なら、かなりチャンスがあると思います。

9着

早めに動いてスタミナを活かす競馬を試みましたが、直線までに前を射程圏に入れられませんでした。

脚は最後まで一定のスピードを維持していたようなので、地力がどうこうよりは、距離が短かったことが主な敗因のように思います。

好走には距離延長が絶対条件ですかね。

10着

前走のように4コーナーで上がっていこうとするも、周りもペースアップに対応したため、結果的には大外を回る形になり、脚を失ってしまいました。

やはり前走は展開やハンデに恵まれた面が大きかったですかね。

復調しているなら、もう少し見せ場のあるレースができたように思います。

また長いトンネル生活に入ってしまう可能性もある気がします。

11着

好位内目を追走し、ほぼ理想的なレースはできていましたが、勝負所のペースアップについていけませんでした。

洋芝もそこまで悪くなかったでしょうし、本来はG2を勝つ実力もある馬ですが、今回の走りを見ると、状態がかなり落ちているような気がしますね。

精神的な問題なのか、もしベストである京都コースでも凡走するなら、今後も厳しくなってしまうでしょう。

12着

後方追走を余儀なくされ、勝負所でも全く見せ場のない走りになってしまいました。

やはり、現状はもう重賞でやり合える状態にないと思います。

条件が悪かったわけでもないでしょうし、復活は望み薄な感じです。

予想結果(個性値上位5頭の結果)

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧
-,

© 2021 J競馬salon