全頭結果回顧

ローズステークス2020【全頭結果回顧】リアアメリア快勝も大きな力差は感じられず

2020-09-21

当レースの予想はコチラローズステークス2020【予想・全頭評価】クラシック組が有利でも展開的には波乱の可能性も

第38回関西テレビ放送賞ローズステークス:レース展望 京都競馬場の改修工事の影響により、今年は中京2000mという舞台設定に。 例年の傾向にとらわれず、この条件 ...

続きを見る

第38回関西テレビ放送賞ローズステークス:結果回顧総評

有力馬の中で唯一スムーズな競馬ができたリアアメリアの快勝でした。

これまでとは違い出脚がついたため、最内枠も大きく味方しましたね。

 

2,3着には4コーナーで内目を上手く立ち回ったムジカオーマイダーリンの伏兵2頭。

クラヴァシュドールリリーピュアハートなどの有力馬が安全策で外を回したこともあり、これらのようなロスなく立ち回った馬の健闘も目立ちました。

 

そういったレース内容であったということもあり、勝ち馬を含め特に強さを見せたような馬はいなかったという印象です。

どちらかと言うと前有利なペースであったため、先行して2桁着順に沈んだ馬たちは今後重賞での活躍は厳しいでしょう。

展開の有利不利を加味すると各馬に大きな地力の差は感じられず、本番の秋華賞は春の勢力図から変化なくデアリングタクト1強ということになりそうです。

全頭結果回顧:個性値

個性値評価とは?

上位評価した馬が馬券内に入らない残念な結果となりました。

一方で、下位人気の割に評価順位としては7位と上位であったオーマイダーリン3着に好走。

ほかにも2桁順位評価した馬のほとんどは10着以下となったように、今回はそこまで的外れな結果ではなかったと思います。

リアアメリアは内枠の展開利を、ムジカは馬場と差し有利の展開をもう少し加味していれば評価通りだったといったところでしょうか。

また、フアナやリリーピュアハートなどの上位評価馬は内目の枠で好位を楽に取れると予想しましたが、だいぶ後ろからの競馬になってしまいました。

その辺りをもっとシビアに予想できていれば、大荒れとなったこのレースでの的中もあったかもしれません。

全頭結果回顧:内容

1着

好スタートからマークしてくる馬もおらず、非常に楽な競馬でした。

実力を発揮できる形となれば、この世代の牝馬戦線では上位の力があることは間違いないようですね。

秋華賞でも先行する競馬ができれば上位争いは可能でしょう。

一方で最高の形で運べたにも関わらず、かなり外を回ったデゼルやクラヴァシュドールとは0.5秒差程度しか離せていません。

後ろの馬が来れるペースとなった場合には、あっさり逆転される可能性もありそうです。

2着

想像以上に力があったこともありますが、勝負所での鞍上の判断が特に光った印象です。

有力馬が4コーナーで外へ行く中、じっくりと内目で脚を溜めたことが最後の伸び脚に繋がりましたね。

今回は上手く運べての好走と捉えるべきでしょうが、展開がハマれば重賞でも通用する末脚があることが証明されました。

秋華賞でも前崩れの展開を予想するなら、今回と同様に押さえておくべき1頭となるでしょう。

3着

前走と同様に後方から終始内ラチをたどる全くロスのない競馬ができました。

今回はそのおかげで3着に好走できたという印象です。

そのため、他の上位馬と比べると地力的にはやや劣る感じも否めません。

秋華賞の出走権利は得ましたが、他馬も今回以上に仕上げてくるでしょうし、よほど展開が向かない限りは好走は厳しいと思います。

4着

大方の予想通り後方から大外一気に賭ける競馬。

まだまだ内目の良い馬場ということもあり、内を立ち回った馬を捉えられませんでした。

一方で、そんな状況でも上がり最速の末脚で追い込んで4着に来たように、やはり素質は非常に高い馬だと思います。

展開が向かない中で十分力は見せてくれましたし、今回のメンバーの中では本番に向けて最も上積みがありそうなのはこの馬でしょう。

5着

中団外目でレースを進め、直線もやや外目に持ち出す無難な運びに。

それでも掲示板を確保する結果なので、地力自体は上位だったと思います。

ただ、以前と比べるとやや決め手が不足してきたような気もします。

状態に変化がなければ、秋華賞でも大崩れはしなくとも良くて3着までという結果になりそうです。

また、距離延長はやや微妙と思っていましたが、良馬場なら2000mまでは持ちそうですね。

6着

スタートは良かったのですが控える競馬を選択。

スタミナ豊富なタイプなだけに、もっと積極的な競馬をしても良かったでしょうね。

息の長い末脚が武器なのに、直線ではキレ味勝負に持ち込む形になってしまい、力を出しきれなかった印象です。

それでもデゼルクラヴァシュドールとはほぼ差のない決着だったので、地力が高いことは間違いないでしょう。

今後は、重賞でもある程度の位置で競馬できれば十分勝負になると思います。

7着

オーマーダーリンと同様に後方から終始ラチ沿いを回るロスのない運びができました。

道中であまり動かなかった分、こちらの方が着順としては下になりましたが、位置が逆ならこの馬も馬券圏内に入るチャンスはあったように思います。

現状、地力としてはこのメンバー相手だとやや不足しているでしょうが、自己条件に戻れば上位ですし、状態を維持できれば再び好走は可能でしょう。

8着

好位集団の後ろでレースを進めましたが、目立った伸び脚は見られず。

前走は先行する競馬で勝利しましたが、前目につけるとキレは発揮されないようなので、好走には番手を追走する必要がありそうです。

もともと後方で溜めて弾けるタイプだったので、前に行ききるか後ろまで下げるかしないと良さが出ない馬かもしれません。

9着

道中はやや後方寄りの位置で、直線でもそれなりの脚は使えていました。

今回は流れに乗って競馬しただけという形で、特に良さや強さは感じられない内容ですかね。

勝ち馬との着差は0.7秒差と、この相手にもそこまで大敗はしなかったので、自己条件に戻れば有力な馬になると思います。

10着

スローペースだったり勝負所でも進路を失ったりと、持ち味である持続力を全く活かせませんでした。

ほとんど実力を出しきれずの敗戦なので、この結果は度外視しても良いでしょう。

次走以降、タフな展開が見込まれる場合にはぜひ狙いたい1頭です。

11着

スタート直後からいつもの行きっぷりではありませんでした。

道中もどこかぎこちない走りのように感じ、戦える状態でなかったように思います。

そんな状態に見えたので、走りの内容に関しては言及すべきことは今回ありません。

本来の実力はこんなものではないと思いますので、今後は立て直しを意識したローテを組んでほしいところです。

12着

楽に先行できましたが、直線では決め手が足りずに後退。

やはり小回りコースで押切を狙う形でないと好走は難しいタイプのように思います。

また、このペースでこれだけ大敗すると、地力の面でもかなり不安を覚えます。

重賞を勝っているので賞金的に秋華賞には出られるでしょうが、条件は向いても地力的に好走は厳しいかもしれません。

13着

好スタートから番手内目を追走する理想的な運びはできましたが、直線は特に見せ場なく後退。

適性うんぬんより、単に地力が足りないような走りでした。

1勝クラス初戦でも大敗しているので、条件戦でに厳しいレースが続くかもしれません。

14着

積極的に先行する競馬をしましたが、終始外目を回される形になったこともあり、直線では脚が上がってしまいました。

外枠の不安が的中してしまいましたね。

地力的にも恐らく厳しかったようです。

この敗戦以前は連勝中だったので、次走でどこまで巻き返せるかは注目ですかね。

15着

好位集団の後ろでレースを進めましたが、直線でもギアが上がることなく大敗。

恐らく決め手勝負では分が悪いタイプのように思います。

姉のジュールポレールはディープインパクト産駒でキレ味もありましたが、オルフェーブル産駒であるこちらは、持久力に特化してしまったように思います。

もっとタフな条件の方が向いている馬でしょうね。

16着

スタートで大きく躓いたため後方からの競馬に。

これまでは逃げる競馬がメインだったこともあってか、目立った末脚も見られず。

未勝利を勝ったばかりで相手関係も厳しかったですし、自己条件で力をつけていきたいところです。

17着

短距離を主に使っていたため、出脚はやはり早かったですが、直線入り口でスタミナ切れに。

スローで運んでの失速なので、2000mは現状完全に長いですかね。

スプリント戦なら立て直せる見込みも多少はあるでしょう。

18着

4コーナーですでに手応えが怪しく、直線でも全く反応がありませんでした。

良馬場でしたし、やはり距離に問題があるように思います。

もともと地力はある馬だけに、マイル以下ならまだ見限れないでしょう。

予想結果(個性値上位5頭の結果)

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬の予想方法①:血統で穴馬を予想穴馬の予想方法②:近走での勝ち馬とのタイム差から穴馬 ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧

© 2021 J競馬salon