予想・全頭評価

京都大賞典2020【予想・全頭評価】混戦ならバイオスパークの堅実性に期待

当レースの結果はコチラ京都大賞典2020【全頭結果回顧】結局はGⅠ馬2頭のワンツー決着に

第55回京都大賞典:結果回顧総評 昨年は多頭数で大荒れした京都大賞典。 今年も17頭立てで稍重馬場ということもあり、波乱も予想されましたが、結局は上位人気3頭の ...

続きを見る

第55回京都大賞典:レース展望

キセキとグローリーヴェイズのGⅠ馬2頭が中心となりそうなレース。

キャリア豊富な馬が多く、勝負付けも済んでいる印象もありますが、上位勢は安定感のあるタイプではないため、展開次第では昨年のように波乱もありそうです。

またで、キングオブコージやカセドラルベルといった、連勝中で一線級とも未対戦といった存在もいます。

既存勢力VS新興勢力といった構図でもあるので、秋のGⅠ戦線に向けて面白い一戦となりそうです。

 

開幕週で良馬場見込みではありますが、前日までの雨の影響でパンパンの良馬場にはならなそうです。

極端な前残りの展開にはならず、ほぼ地力通りの結果になるかもしれません。

 

また、京都大賞典は宝塚記念組の好走が目立つレースでもあります。

今年の宝塚記念での各馬の走りは再確認しておいた方が良いかもしれません。

 

全頭評価:個性値

個性値評価とは?

地力はGⅠ馬2頭が抜けていると評価。

一方で、コースや距離に関しては他に適性のある馬も多い印象です。

また、開幕週ということもあって内前につけられそうな馬が有利に運べそうな気もします。

 

ただ、逃げ馬が発馬が不安定なキセキのみということもあり、展開的には非常に読みづらいレースではあります。

各要素を総合して考えると、かなり混戦模様のレースと思われるので、波乱決着を見込んだ予想をしても良いかも知れません。

 

全頭評価:内容

昨年の同レース2着馬。

京都記念を過去に勝利するなど、この条件はほぼベストと言えそうです。

好枠も引けましたし、ハイペースにならなければチャンスは十分にあるでしょう。

一方で、昨年のジャパンC以降は適条件ではないにしても大敗が続いており、状態面ではやや不安もあります。

仕上がりが良さそうなら押さえておきたい1頭です。

消耗戦となった前走の宝塚記念で2着した菊花賞馬。

地力もさることながら、タフなレースでの好走が目立ちます。

今回は他に逃げ馬がおらず、スタートさえ決めれば自分の得意なペース・展開に持ち込めそうです。

地力もこの相手なら実績的に考えても抜けているでしょう。

一方で、自分の形に持ち込めば強さを発揮しますが、今回の鞍上は初騎乗の浜中騎手。

この馬らしい逃げを打てるかは微妙な気がします。

出遅れ癖もある馬ですし、乗り替わりは割引きたいです。

天皇賞春では恐らくスタミナ切れで大敗。

このレースは昨年やや不利な形でも3着しているように得意の条件。

地力は通用すると思いますし、適条件に戻る今回は期待できそうです。

枠も内目を引けましたし、前走の大敗を引きずっていなければ、好走は十分可能でしょう。

年明けの日経新春杯では4着に健闘しましたが、それ以降もどうも健闘止まりというレースが続きます。

また、スタミナは結構ありますが、決め手がやや足りないタイプなので、京都コースは大きなプラスにはならない印象です。

近走はやや後ろからの競馬になりがちですし、今回も同様の運びとなるようなら好走は難しいと思います。

昨年このレースで4着し、日経新春杯は京都記念でも割と健闘しており、条件自体はそこまで悪くはなさそうです。

しかし、近走を見ても相変わらず決め手に劣る感じです。

持久力が求められるレースが理想だと思うので、京都コースはベストではないでしょうし、馬場の回復も歓迎ではありません。

前走のオールカマーでも、重賞では相変わらず堅実なところを見せてくれました。

京都記念は2年連続馬券内と適性を見せていますし、今回は開幕週で脚質適にも有利なレースとなりそうです。

ただ、中1週での競馬は初めてなので、どこまで状態面を維持しているかがカギですね。

過去に1度中2週はありましたが、その時は2着→10着なので、あまり強気にはなれません。

一昨年ステイヤーズSを勝ってから大敗続き。

昨年の同レースは原因不明気味の敗戦で、前走のダイヤモンドSも勝ち馬から4秒近く離されての大敗。

実績上3000m以上がベストな馬なのに、近走の長距離戦でこの成績ではさすがに状態落ちと言わざるを得ません。

今回の2400mという距離も短いでしょうし、馬場回復もマイナスでしょう。

条件戦を連勝してきた勢いある存在。

適度に間隔を開けたローテも好印象で、状態面で最も魅力のある1頭です。

前走も淀みない流れになりながら、かなり長く脚を使って好タイムで勝利しましたし、馬自体は非常に充実しています。

ただ、やはり距離延長や一気過ぎる相手強化はかなり不安です。

地力が通用するならかなり怖い1頭ですが、1度重賞のレベルに慣れておく必要もあると思います。

前走のステイヤーズSで約2年振りの勝利を飾りましたが、やはり長丁場がハマった印象。

一昨年の京都大賞典に出走した時は、余力があるように見えた割には全く伸びず。

2400mぐらいだとちょっと距離不足のように感じますね。

相手も近走よりかなり強化されるので、地力不安も否めません。

言わずと知れたスーパーステイヤー。

9歳となったことや適性のあるレースが少ないこともあって、現在は年に2,3走が主なローテになっています。

なので、昨年のステイヤーズS以来であっても、良い状態で出走してきそうです。

しかし、スタミナが売りの馬なので、今回の条件は好材料に乏しいと言わざるを得ませんかね。

同レースは一昨年こそ3着に健闘しましたが、昨年は完走馬の中では最下位。

年齢的に上積みは見込めないでしょうし、好材料の少ない条件では積極的に狙いづらいでしょう。

堅実な好位差しの競馬で初重賞戦でも3着と好走。

その函館記念はかなり前崩れな展開でしたが、好位で運んで唯一好走したように、実績以上に力はあると思います。

京都コースは[2-2-0-0]と相性抜群で、操縦性の高いタイプなので距離延長も歓迎でしょう。

どんな展開にも対応できますし、地力さえ通用すれば好走の期待度はかなり高いと見ています。

2勝クラスを勝ち上がってから、重賞で2度2着と勢いのある1頭。

しかし、その好走はいずれも展開がかなり向いてのもの。

今回はそこまで速いペースにならなそうですし、この相手では力不足感も否めません。

距離延長や京都コースもプラスになるような裏付けは薄めですかね。

海外GⅠ馬であり、今回のメンバーならキセキと並んで実力は抜けていると思います。

宝塚記念の敗戦も重すぎる馬場が合わなかったことが恐らく原因でしょうから、通常の馬場なら巻き返しは十分可能でしょう。

一方で、昨年の同レースでは直線で少し不利があったものの、それがなくても掲示板がやっとといった走りでした。

天皇賞春の2着や、同条件の日経新春杯を勝っているように、コースや距離はかなり向くはずですが…

一度叩いてからでないとイマイチ信頼しきれない感じもあります。

オープン入り後はかなりムラのある成績。

一方で、目黒記念で2年連続2着と、重賞でも好走は可能な地力がある馬です。

京都コースは条件戦で中距離戦を2戦2連対ですが、3000mの万葉Sは6着。

実績上、適性はなんとも不透明な感じです。

それでも、2400mという距離自体はほぼベストでしょう。

新潟記念を使った上積みも見込めそうですから、展開次第ではチャンスがあるかも知れませんね。

安定した差し脚が武器で近走の成績も安定しています。

京都2400mは日経新春杯を勝っているように、今回は条件もさらに向きそうです。

8歳馬ですが、これがキャリア20戦目なので、まだまだ衰えは見せないと思います。

外目の枠にはなりましたが、操縦性の高いタイプですし、大きな不利にはならないでしょう。

総合的に見て最も不安の少ない1頭と評価します。

典型的な追い込み馬で、近走も堅実に末脚は使えています。

ただ、重賞では内容的にやや力不足感のある走りとなっています。

ペースもそこまで上がりそうではなく、展開的にもかなり不利となりそうです。

一方で、実績上キレよりもスタミナが長所である馬のように思うので、距離延長は大きなプラスとなるでしょう。

前崩れの展開を予想するなら押さえた方が良いでしょうね。

条件戦を連勝し目黒記念を制して最も勢いのある1頭です。

その目黒記念も、スローペースをやや後方の位置から追い込んで勝つという強い内容で、地力はこのメンバーでも上位と考えて良いでしょう。

適度に力のいる馬場になってきていることも、パワーのあるこの馬には好材料です。

大外枠になりましたが、どの位置からでも競馬できるタイプですし、4走前京都コースで外枠から勝利を収めています。

そこはベテラン横山典騎手が上手くカバーするでしょう。

予想印(個性値上位5頭)

takumi予想

※takumi予想とは?

展開予想があまりにも下手くそな管理者。そんな管理者が予想した展開とは逆の展開を想定した上で行う予想。一種の逆神予想。

takumi
高速馬場でなくても開幕週なんだから前残り予想でいいでしょ
takumi
逃げるキセキを軸に内目の枠の先行馬相手でOK

 

 

10/10(土)のおすすめ馬はコチラオパールステークス等計3頭【今週のおすすめ馬2020】道悪見込みで芝は難解か…

目次京都11R:オパールステークスアスタールビー→11着…東京12R:3歳上2勝クラススリーグランド→1着!!単勝3.3倍、複勝1.7倍京都12R:3歳上2勝ク ...

続きを見る

10/11(日)のおすすめ馬はコチラグリーンCC・毎日王冠等計3頭【今週のおすすめ馬2020】カギはやはり道悪

目次京都1R:2歳未勝利15ドローム→2着!複勝3.4倍東京10R:グリーンチャンネルC9タガノアム→7着東京11R:毎日王冠5トーラスジェミニ→6着 これまで ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-予想・全頭評価

© 2021 J競馬salon