予想・全頭評価

京成杯オータムハンデ2020【予想・全頭評価】開幕週でも前崩れ!?穴をあけるなら差し馬か

2020-09-13

当レースの結果はコチラ京成杯オータムハンデ2020【全頭結果回顧】予想に反して前残りの競馬に…トロワゼトワルが連覇達成

第65回京成杯オータムハンデキャップ:結果回顧総評 過去のこのレースの傾向や、メンバー構成からしてハイペースは必至と予想しましたが、結果的にはややスローなペース ...

続きを見る

第65回京成杯オータムハンデキャップ:レース展望

小回りの中山コースでのマイル戦。

前傾ラップになりやすく、それでいて先行馬も残りやすい条件設定です。

昨年の京成杯オータムハンデもトロワゼトワルがレコードタイムでの逃げ切りを決め、2,3着も先行馬による決着だったので、どうしても先行馬に目が行きがちになります。

 

しかし、例年の傾向としては、基本的には差し・追い込み馬の活躍が目立つレース。

ここ10年で逃げ馬が勝ったのは昨年のみで、10番手以降につけた馬も良く馬券に絡んでいます。

 

今年もそのトロワゼトワルが出走していますが、昨年よりも+3kgの負担重量。

加えて軽量かつ同型のスマイルカナがハナを譲らない可能性もあるため、ハイペースとなって前崩れの展開となる可能性が高そうです。

1番人気が予想されるアンドラステはもちろん、ここ2走続けて上がり最速を記録しているラセットなど、他にも強烈な差し・追い込み馬が多いため、今回は後ろから行く馬による決着が濃厚でしょう。

全頭評価:個性値

個性値評価とは?

前崩れの展開が予想されるため、差し・追い込み馬の評価が高めです。

ただ、差し・追い込み馬の中でも、直線の長いコースでこそ末脚が冴えるタイプはやや割引いた評価となっています。

アンドラステエントシャイデンあたりは、実績的にはそのタイプに当てはまると見ています。

J-batai
ハンデ戦だし、差し・追い込み馬のBOXで勝負しても面白いかもね

全頭評価:内容

新馬戦から中山マイルを3連勝で重賞まで制覇。

展開に恵まれたわけでもなく、能力と適性の高さを感じさせる内容でしたので、この条件は現状ほぼベストと見ていいでしょう。

前走のNHKマイルカップも前残りの展開で唯一後方から掲示板を確保しましたし、地力もこの世代では上位であると見ています。

今年の3歳馬は古馬相手にやや苦戦気味ですが、好枠を引けましたし、適性と素質の高さで好走の可能性は高め予想します。

先行馬にはやや厳しい展開となりそうですが、この馬は今年春の中山マイル重賞のダービー卿CTでハイペースの中2着に好走しています。

同様にハイペースが見込まれる今回、評価としては低めですが、位置取り次第ではチャンスはあるでしょう。

実績的にベストは京都コースでしょうが、内目の枠も引けましたし、上手く流れに乗れば上位に進出できるかもしれません。

最後方辺りからレースを進めるタイプですが、中山マイルという条件を考えると、少し割引が必要な気がします。

近走からすると、少し時計の掛かる馬場の方が向いている感じですし、他の同型と比べて好走の可能性はやや薄めですかね。

それでも末脚自体はかなり鋭いものがあるので、腹をくくって内を突くような競馬なら、ノーチャンスでもないかもしれません。

近走は勝ち馬とのタイム差が0.5秒前後とかなり堅実な走りをしています。

ハイペースでも一定の脚が使えるタイプなので、内目の枠を考慮すれば展開的にはそこまで悪くはならないでしょう。

中山マイル重賞では馬券内に入った実績もありますし、条件適性も高めです。

ハンデは軽くなりませんでしたが、大崩れは考えにくい1頭で、馬券としても押さえておくべき馬ですかね。

重賞で勝ち馬と差のない競馬を続けている割にハンデには恵まれました。

相手関係を考えても、ここでは地力上位と見ていいでしょうね。

一方で、エンジンの掛かりが遅かったり、時計の掛かる馬場向きだったりと、この条件に対して不安要素がないわけではありません。

鞍上もルメール騎手を確保してきたので、差しが決まる展開を考慮しても今回はほぼ能力全開の競馬ができそうです。

3勝クラスで足踏みし、適性外とはいえ前走の函館スプリントSでも見せ場のない競馬。

重賞ではやや力不足のように感じます。

好走パターンもスローでのキレ味勝負が向くタイプ。

ペースが流れそうな今回は展開的にも合わないでしょう。

近走は大敗続きですが、昨年このレースで3着し、年明けの中山マイルのリステッド競走は1着。

春のダービー卿CTは展開向かずで勝ち馬と0.8秒差と悲観する内容ではないので、この条件はほぼベストと見ていいと思います。

前走叩いた上積みもありそうで、スムーズに運べそうな枠ですし、久々に好走が期待できるレースだと予想します。

G1でも好走してきた実績を考慮すると、地力はこの馬が最上位と評価。

ハンデにも少し恵まれましたし、差しが決まる展開も向きそうなので、注意が必要な1頭だと思います。

本質的には直線の長いコースの方が向いていそうですが、昨年末のターコイズSで3着したように、中山マイルでも好走は可能です。

使える脚はやや短めなタイプなので、4コーナーで内目を回ればチャンスはあるでしょう。

安定した戦績で条件戦を勝ち上がってきましたが、マイル戦は未勝利ですし、レース内容からしても地力は重賞においてまだまだ不透明。

堅実に脚を使うタイプであり、不安材料は少なめではありますが、いかんせん好材料に欠ける印象です。

良いレースを続けてきていて勢いがあり、軽量でもあるので、今後の試金石的なレースと捉える感じですかね。

昨年このレースをレコードで勝利したように、コースや高速馬場はベストな条件。

近走も良い逃げ脚を見せていますし、状態自体は非常に良さそうです。

一方で、不安なのは昨年から+3kgの負担重量と同型スマイルカナの存在。

先手を取り切れない可能性もあり、力を出しきれずに終わる懸念もあります。

近走は馬場・展開不問で確実に追い込んでくる競馬を続けています。

マイルはベスト距離なようで、今回はハイペース濃厚で展開も向きそうです。

同型の多いレースとなりましたが、末脚勝負ならこの馬に分があると予想します。

他の差し・追い込み馬は関屋記念を経由して中3週の馬が多いですし、状態もこの馬が一歩リードしていそうです。

パワーもあるタイプなので、中山の急坂も合うと見ています。

今年に入って9走目とコンスタントにレースを使って状態を維持できています。

今回は展開も向きそうですし、再度堅実に脚を伸ばしてきそうではあります。

一方で、新潟・東京コースでの好走が多いように、本質的には直線の長いコースが向くタイプ。

直線まで脚を溜めていくタイプでもあるので、中山コースとこの枠では、末脚を発揮しきれない可能性もありそうです。

オープン入してからも勝ち馬とのタイム差が0.4秒以内の堅実な走りを続けており、地力はここでも通用しそうです。

中山マイルは2戦目で、1戦目は大敗しましたが、本格化前でしたし、近走のような持久力ある末脚ならしっかりこなせると思います。

道中で動けるタイプでもあるので、この枠も良いですね。

開幕週なのであまり外を回しすぎると苦しいですが、展開的にもかなり向くレースとなりそうです。

近走は安定した成績を残していますが、重賞となると決め手が足りない印象があります。

好位差しするタイプですし、この枠と開幕週の内目が良い馬場では非常に厳しい競馬になるでしょう。

また、時計の掛かる馬場の方が好走実績が多いので、高速馬場も向かないと思います。

持久力のある差し馬なので、展開的には向いてくるとは思います。

一方で、得意なのは力のいる馬場で時計のかかる勝負。

速い時計の出る開幕週の中山マイルは対応しきれないでしょう。

外枠ですが、内を突くような競馬でないと好走は厳しいと思います。

前走は古馬混合戦で道中から先頭に立ってそのまま逃げ切り勝ち。

能力もさることながら、かなり根性のある馬で、集中力が切れないであろう中山マイルという条件は実績的にもベストでしょう。

一方で、今回はトロワゼトワルとの兼ね合いが気になる所。

どちらも出脚が突出したタイプでもないので、ハナ争いは激化してしまいそうです。

大外枠も、先手を取り切れなかった場合には大きなマイナスになるでしょう。

予想印(個性値上位5頭)

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬の予想方法①:血統で穴馬を予想穴馬の予想方法②:近走での勝ち馬とのタイム差から穴馬 ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-予想・全頭評価

© 2021 J競馬salon