予想・全頭評価

ジャパンカップ2020【予想・全頭評価】豪華メンバー集結でもデアリングタクト一択!

2020-11-29

当レースの結果はコチラジャパンカップ2020【全頭結果回顧】アーモンドアイが完勝!引退レースで現役最強を証明!

目次第40回ジャパンカップ:結果回顧総評全頭結果回顧:個性値全頭結果回顧:内容1着:アーモンドアイ2着:コントレイル3着:デアリングタクト4着:カレンブーケドー ...

続きを見る

第40回ジャパンカップ:レース展望

日本競馬会の歴史上最も豪華なメンバーが揃ったGⅠと言っても過言ではないレースとなりましたね!

8冠馬アーモンドアイ、無敗の三冠牡馬コントレイル、無敗の三冠牝馬デアリングタクト。

それぞれが無事にここに出走できたことが、まずは何より嬉しく思います。

それ以外にも海外ḠⅠ馬グローリーヴェイズや菊花賞馬のキセキとワールドプレミア、ダービー馬マカヒキなど各年代の実績馬も揃い踏み。

海外からもサンクルー大賞典の勝ち馬ウェイトゥパリスが参戦してくれましたしね。

ダート界からはヨシオも参戦を決意してくれました笑

 

これだけのメンバーが集まった一戦です。

各馬が全力でぶつかり合い、内容としても歴史的な一戦となってほしいと思います。

 

全頭評価:個性値

個性値評価とは?

豪華メンバーが揃ったとは言え、今回の条件・ローテが完璧な馬は少ない印象です。

特にこれがラストランとなるアーモンドアイは、これまでより好材料が乏しいと評価。

反対にデアリングタクトは総合的に見るとほぼ不安がないと思えたためやや抜けた評価になりました。

とは言え3歳の2頭は古馬とは初対戦なので、地力の差は未知数。

歴戦の古馬が力を見せる結果になることも普通に考えられそうです。

 

全頭評価:内容

1カレンブーケドール

昨年このレースで2着したときと同じ絶好枠を引けましたね。

勝利は昨年の4月からない馬ですが、それ以来は強力馬相手に常に僅差の競馬を続けてきている非常に素質の高い馬です。

ジャパンCだけでなくオークスでも好タイムで2着している東京芝2400mはまさにベスト条件。

一叩きして中8週というローテも好印象ですし、好材料の揃っている今回は三強崩しの筆頭とまで評価したいですね。

2アーモンドアイ

前走の秋天で芝GⅠ8冠の偉業を達成し、その実力は文句無しに現役No1でしょう。

東京コースもベストな条件で、ジャパンCは一昨年スーパーレコードを叩き出したレースでもあります。

普通に考えればこの馬の勝ちは揺るがなさそうにも思えます。

しかし、今回は不安が多いように感じ一昨年のようにはいかないと考えます。

一昨年は超高速馬場の恩恵を受けた勝利で、本質的には2000mまでが良さそうなのは昨年の有馬記念でも実証済み。

中3週という詰まったローテも、この春中2週で臨んだ安田記念でいつもの伸びがなく2着に敗れたようにマイナス。

展開的にも淀みない流れになりそうで、スタミナ勝負となるとこれまた分が悪そう。

有終の美を飾って欲しいとは思いますが、今回はベストな走りはできないんじゃないかとも思っています。

3ワールドプレミア

昨年の有馬記念3着からの参戦で実戦はほぼ1年振り。

その有馬記念は展開に恵まれた面はありましたが、豊富なスタミナと古馬GⅠでも通用する末脚は持っていますね。

ただ、今回どの程度デキで出走できるかは未知数で東京コースというか左回りも初なので、強調材料となるものは今回少ないようにも見えます。

それでも内目の枠を引けましたし、菊花賞のようなレースができればチャンスも出てくるのではないでしょうか。

4キセキ

一昨年のこのレースで自身も従来レコードを大幅に更新する2着をしており、今回はより実績のある条件にはなります

しかし、キャリアを重ねるごとにスピードよりはスタミナに磨きがかかってきた印象。

そのため、現状ベストはこの春宝塚記念で2着した時のような消耗戦でしょう。

今回は馬場が荒れてきたとは言え、時計もソコソコ出る状態のため決め手も必要になってきます。

前走の秋天もキレ負けしたような形での敗戦でしたからね、近走と同様の競馬なら分が悪いレースとなりそうです。

淀みない流れで逃げればチャンスも出てくると思うので、発馬に注目ですね。

5デアリングタクト

ぶっつけで臨んだ秋華賞から中5週での1戦。

上位人気馬の中では最も調整しやすそうなローテですし、いち早くこのレースに照準も合わせていましたからね。

状態面ではかなりアドバンテージがあると思います。

東京芝2400mはオークスで最も強い競馬をした条件ですし、荒れ馬場を苦にしないパワーもあります。

距離も対応可能な範囲でしょうし、淀みない流れになりそうで中団での競馬もしやすそう。

一気の相手強化にはなりますが、レース内容からすればこの馬も当然超一級レベルの能力があるはずです。

負担重量53kgも考慮すれば今回はこの馬が最も不安がなく勝利に近い存在だと予想します。

6コントレイル

無敗の三冠を達成し、その実力は父ディープインパクトレベルとまで思える馬です。

東京芝2400mはダービーで圧勝した舞台ですし、普通に力を発揮すれば古馬相手でも十分勝ちきるだけの資質はあるでしょう。

ただ、前走の菊花賞の内容からすると、スタミナが弱点となりそうな感じもしましたね。

そのため、現在の馬場、見込まれる淀みない展開では実績あるこの条件であってもやや分が悪いようにも思えます。

前走のダメージや調教過程を考慮しても状態面も少し不安が残りますし、確実性は今回そこまで高くないような気もします。

7ミッキースワロー

かなり持久力に長けた馬でロングスパート戦では強さを発揮する印象です。

そのため、一定の決め手が必要になりそうな今回は持ち味が活かしきれないようにも思います。

地力としてもGⅡ辺りで勝ちきれない現状ですし、このメンバー相手に勝ちきるイメージは湧きづらいです。

それでも、一昨年のジャパンカップでは上がり最速で5着に健闘しましたし、非常にタフな展開になればチャンスも出てくるでしょう。

 

8ウェイトゥパリス

今年のサンクルー大賞典の勝ち馬であり、今年の春は非常に安定した成績を残しています。

能力自体は上位でしょうが、近年の欧州馬のジャパンCでの戦績を考えると、この馬も恐らく日本の馬場が合わずに凡走する可能性が高そうです。

スタミナは随一だと思うので、乱戦を期待したいところでしょう。

9トーラスジェミニ

夏の重賞では見どころのある逃げを見せていましたが、秋に入って相手強化されてからは苦戦続き。

GⅠレベルの相手だと力不足感が否めない現状で、状態的に上積みも見込めないため、今回はほぼノーチャンスのように思います。

距離も2000mまでに見えますし、目標はまだ先ですかね。

10パフォーマプロミス

初夏に復帰戦の重賞を勝利し、秋初戦のアルゼンチン共和国杯も6着に敗れたものの勝ち馬とは0.5秒差と許容範囲。

年齢的には微妙ですが状態はある程度上向いてきそうです。

一昨年はこのレースと相性が良いアルゼンチン共和国杯を勝っていますし、条件的にも向きそうです。

ただ、GⅠに限って見ると大敗続きなんですよね。

春天では3着しましたが、勝ち馬とは1.0秒とかなり離されました。

地力的にはこの相手だと通用しない可能性が高そうです。

11クレッシェンドラヴ

福島や中山での良績が多い馬で、東京コースは未勝利戦しか走っていないとは言え[0-0-0-3]。

小回りの持久力勝負が良いタイプなのは明白で、不向きな条件とこの相手ではさすがに分が悪いと言わざるを得ないでしょうね。

近走は良い走りを続けていますし、距離延長や淀みない流れもややプラスになりそうですが、地力を含めその他のマイナス面が大きいように感じます。

12マカヒキ

6戦連続のGⅠ参戦で大敗が目立つものの昨年の同レースは4着に健闘。

戦法としては後方待機から前崩れの展開待ちなので、今回も好走は他馬の動向次第ということになりそうですね。

一応逃げ馬はいますし、淀みないペースにはなりそうなので、上手くハマれば昨年の再現もありそうです。

勝ちきるまでは行かないでしょうが、3着争いには考慮に入れたい1頭だと思います。

13ユーキャンスマイル

前走のアルゼンチン共和国杯は4着に敗れましたが、トップハンデや馬場のバイアス、叩きだったことも考慮すれば全く問題ない内容。

むしろ今回への上積みがかなり期待できそうで、GⅠで掲示板を外したことがないことも考慮すると実力も決して侮れない存在です。

昨年の秋天とジャパンCも4,5着と善戦していますし、東京コースもかなり合うと思いますね。

操縦性の高い馬ですし、有力馬をマークする形で運べれば馬券圏内も十分可能ではないでしょうか。

14ヨシオ

芝は新馬戦以来という馬。

適性の不安もさることながら、近走はダート戦でも大敗続きで状態も不安と、マイナス材料しかない印象です。

逃げ宣言していますし、行けるとこまで行くというだけの競馬になるでしょう。

15グローリーヴェイズ

宝塚記念は馬場が合わず大敗しましたが、仕切り直しの一戦となった秋初戦の京都大賞典は危なげない競馬で完勝。

やはり香港ヴァーズを圧勝した実力は本物のようで、ここでも地力は最上位の1頭とみて良さそうです。

東京コースは初なので未知数ですが、距離はベストでしょうし、荒れ馬場や淀みない流れも苦にしないタイプです。

隊列も長くなりそうですし、スタート後の直線が長い条件なので大外枠も問題ないでしょうね。

総合的にみて不安が少ないという評価、中団好位で運べれば上位争いの可能性は高いと思います。

 

予想印(個性値上位5頭)

takumi予想

※takumi予想とは?

展開予想があまりにも下手くそな管理者。そんな管理者が予想した展開とは逆の展開を想定した上で行う予想。一種の逆神予想。

takumi
飛ばす逃げ馬はいるけどレベルは低いし有力馬は相手にせず後ろはドスローになるんじゃないかな
takumi
好位につけられてキレのある脚を使える馬から勝負すべきだろうね

 

11/28(土)のおすすめ馬はコチラカトレアS・キャピタルS等計3頭【今週のおすすめ馬2020】

目次東京9R:カトレアステークス11タケルペガサス→2着!複勝1.1倍東京11R:キャピタルステークス11ソーグリッタリング→12着…東京12R:3歳上2勝クラ ...

続きを見る

11/29(日)のおすすめ馬はコチラ立雲峡S・京阪杯等計3頭【今週のおすすめ馬2020】

目次東京3R:2歳未勝利パープルレディー阪神10R:立雲峡ステークスウイングレイテスト阪神12R:京阪杯2アンヴァル これまでの”おすすめ馬”成績 のべ頭数 8 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬の予想方法①:血統で穴馬を予想穴馬の予想方法②:近走での勝ち馬とのタイム差から穴馬 ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-予想・全頭評価

© 2021 J競馬salon