全頭結果回顧

ジャパンカップ2020【全頭結果回顧】アーモンドアイが完勝!引退レースで現役最強を証明!

当レースの予想はコチラジャパンカップ2020【予想・全頭評価】豪華メンバー集結でもデアリングタクト一択!

目次第40回ジャパンカップ:レース展望全頭評価:個性値全頭評価:内容1カレンブーケドール2アーモンドアイ3ワールドプレミア4キセキ5デアリングタクト6コントレイ ...

続きを見る

第40回ジャパンカップ:結果回顧総評

人気的にも8冠馬VS牡牝三冠馬という豪華な構図でしたが、レースはそれ以上に白熱したものとなりましたね!

有力馬は互いに牽制せず自分の競馬に徹して全力を出し切る態勢をとり、展開としてもキセキがハイラップの大逃げを打ったためハイレベルな流れに。

直線では各馬が死力を尽くした走りを見せ、特に上位5頭の競り合いは素晴らしいの一言でしたね。

 

特にアーモンドアイが抜け出してからも他4頭が最後までアーモンドアイを負かそうという気迫のこもった走りをしていたため、画面越しに見てもその熱が十分に感じられました。

こんな歴史的な熱戦の主役を演じたアーモンドアイには最大級の敬意を表したいですね。

このレースで引退となりますが、最後まで大きな感動を与えてくれたことに本当に感謝です!

 

そして、負けはしたもののアーモンドアイに迫った2~4着の4頭も非常にハイレベルでした。

この敗戦を期に来年はさらなる活躍に期待したいところです。

 

全頭結果回顧:個性値

個性値評価とは?

昨年の有馬記念の敗戦から、アーモンドアイのスタミナを不安視して距離や展開を評価しませんでしたが、大きな問題にはしませんでしたね。

それほどに実力が抜けていたこともあるでしょうし、状態の維持も含め競馬の上手さも何枚か上のようにも見えました。

 

その他の馬を見ても、出走したすべての国内GⅠ馬が1桁着順となったように、底力がかなり問われるレースでしたね。

今回は適性云々よりも、絶対的な地力をもっと重視すべきだったようです。

 

全頭結果回顧:内容

1着:アーモンドアイ

好スタートから好位内を落ち着いて追走。

直線も手応えよく進出し先頭に立ってからも脚は衰えず、超強力メンバー相手に完璧な競馬で危なげない勝利を収めました。

距離や展開、馬場からして恐らくべストとは言えない条件だったと思いますが、そこは絶対能力と競馬の上手さでカバーした印象。

また、タフな展開の有馬記念、間隔の詰まったローテの安田記念、その両方での敗戦を最後にしっかり克服してきた馬と陣営の修正力にも脱帽です。

能力もさることながら本当に賢い馬のようで、産駒にもぜひ良い所を受け継いでほしいですね。

引退レースでしたが、これがこの馬のベストレースであり、集大成だと思わせる競馬だったと思います。

2着:コントレイル

道中は位置取りに拘らず最もリラックスして追走していたように見えました。

その分直線での末脚も一番際立っていましたが、最高の立ち回りをしたアーモンドアイを捉えることはできず。

それでも菊花賞のダメージが残りながらもアーモンドアイ以下を完封した走りはさすがの一言で、無敗の三冠馬に恥じない強さは十分見せられたと思います。

最後は苦しそうにしながらも脚を持続させていたので、素質だけでなく勝負根性も素晴らしかったですね。

高い能力と強靭なメンタルを併せ持った本当に凄い馬です。

状態さえ戻れば来年はこの馬の年になっていくことは間違いないでしょう。

3着:デアリングタクト

中団でじっくり脚を溜めて行き、直線では少し後手を踏む形になりながらも、最後は巻き返して2着争いに加わる気迫を見せました。

今年の3歳牝馬のレベルを不安視する声もいくらかありましたが、この馬に関しては全くそんなことはなく、それどころか現役トップレベルともやり合えるほどの能力まで持っていましたね。

もう少し前で競馬ができるようになればアーモンドアイクラスの存在になる可能性も秘めていると思います。

来年はコントレイルと一緒に古馬中距離路線の主役となっていくでしょう。

 

4着:カレンブーケドール

直線では牡牝三冠馬の間に挟まる形でも全く引けをとりませんでしたね。

これまで強敵相手にも僅差の競馬を続けてきたように、重賞未勝利馬ながら改めて現役トップレベルの実力があることを示しました。

これまでよりは少し後ろからの競馬でしたが、しっかり対応して良い末脚も使えていました。

競馬に自在性がありますし、地力と合わせて総合的に非常に高いレベルの馬だと思います。

今後もGⅠで上位争いを続けそうですし、勝ち負けも十分にチャンスがあるでしょう。

5着:グローリーヴェイズ

アーモンドアイの一つ前の位置でレースを進め、直線での伸びもしっかりしていました。

最後はやや脚が上がりましたが、2~4着とはほぼ差のない結果。

直線でよれたことを除けば全力を出して悔いのない競馬はできたでしょう。

内目の馬場が良ければもっとアーモンドアイに肉薄していたとさえ思える走りでした。

東京コースは初でしたが、大きな問題はなかった感じですね。

宝塚記念は馬場が合わず大敗しましたが、良馬場なら国内でも一線級であることを改めて示しましたし、来年の活躍も十分期待できるでしょう。

6着:ワールドプレミア

中団後方をロスなく回り直線の脚に賭ける理想的な競馬はできました。

結果としては2着争いからは3馬身強離されましたが、約1年振りの競馬でしたし、悲観する内容ではないと思います。

最後まで脚は持続していましたし、勢いで勝るミッキースワローをクビ差抑え込んだようにスタミナは目を見張るものがありました。

菊花賞馬ですし、もっと長いレースの方がこの馬の真価を発揮できるようにも見えました。

状態次第ですが、ぜひ今年の有馬記念に駒を進めてほしいものです。

7着:ミッキースワロー

後方から大外を回してきた馬の中では最も良い脚を使えていましたね。

一列前の馬がハイレベルでそれ以上の脚を使ったため差は開きましたが、この馬らしい走りはできたと思います。

やはり持久力戦には強いようで、タフな展開ならGⅠレベルでも上位に迫るだけの力はありそうです。

GⅡレベルなら依然力上位でしょうし、今後もスタミナ勝負となりそうな重賞で狙ってみたい1頭です。

8着:キセキ

久々に出脚がついて気持ちの良い逃げができましたね。

最後は力尽きましたが、この馬の持ち味がしっかり活かせたレースであったことに違いはなさそうです。

控えても恐らく前走のようにキレ負けしていたでしょうしね、勝ちに行く姿勢が十分に感じられる良い競馬だったと思います。

ただ、全盛期と比べてると、やや衰えが見えはじめているような気もしましたね。

来年以降はどうするかまだわかりませんが、上積みはそんなに望めないような気もしました。

9着:マカヒキ

後方待機から今年は直線で馬群を縫う形で上位に迫ろうとしました。

結果的にはスムーズさを欠いてしまいましたが、確実に脚を使ってくるところは相変わらずでしたね。

現役続行なら今後も展開次第という競馬が続きそうです。

10着:ウェイトゥパリス

ゲート難を見せて最後方からの競馬に。

直線の伸びもそれなりで、目立った走りはできませんでした。

やはり近代の日本の馬場は欧州の活躍馬には合わないですかね。

狙うとしたら超道悪となった時などになりそうです。

11着:パフォーマプロミス

中団から無難にレースを進めましたが、直線では目立った動きはできず敗退。

実績的には条件も問題ないはずですし、レースレベルに対応できなかった感じですかね。

現状ではもうGⅠでは色々恵まれても厳しいようにも見えました。

12着:ユーキャンスマイル

スタートで後手を踏んだためかなり後方からの競馬に。

直線の伸びもほとんどなく、GⅠでも掲示板を外したことはありませんでしたが、今回初めて大敗を喫する格好となりました。

立ち回りが上手いタイプなので大外一気の形は不本意だったかもしれないですが、出遅れを考慮してもちょっと負けすぎな気もしますね。

前走からの上積みも期待していただけに、ちょっと残念なレースになりました。

13着:クレッシェンドラヴ

持久力が問われる得意の展開にはなりましたが、決め手がないため見せ場を作ることはできず。

同じ位置にいたアーモンドアイやカレンブーケドールにはあっという間に置いて行かれましたし、ここでは相当なレベル差があったように感じます。

本質的にはやはり小回りコースで長く脚を使う形の方が実績的にも良いタイプでしょう。

14着:トーラスジェミニ

大逃げから離れた2番手でしたが、近走のような粘りはほぼ見られず。

地力差も大きかったでしょうが、距離も長かったように感じますね。

現状は1800m前後で後続に脚を使わせる競馬がベストでしょう。

15着:ヨシオ

4コーナーでレースについていけなくなりましたね。

やはり芝のレース、しかもGⅠでは能力的に厳しかったと思います。

 

予想結果

人気通りの決着だけど大方予想通りの結果になったね
takumi
そっちはアーモンドアイを切ったのはまずかったね
takumi
J-batai
スタミナが不安だと思ったけど何の問題もなかったね…でも今回は良いレースが見られたから満足!
J-batai
次週のチャンピオンズカップも好メンバーだしまた良いレースが見れそうだね!
…予想もしっかり当ててよ
takumi
  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬の予想方法①:血統で穴馬を予想穴馬の予想方法②:近走での勝ち馬とのタイム差から穴馬 ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧

© 2021 J競馬salon