全頭結果回顧

チャンピオンズカップ2020【全頭結果回顧】チュウワウィザードが真価発揮でライバル達を一蹴!

2020-12-12

当レースの予想はコチラチャンピオンズカップ2020【予想・全頭評価】クリソベリル1強も2番手争いは熾烈!

目次第21回チャンピオンズカップ:レース展望全頭評価:個性値全頭評価:内容1タイムフライヤー2ゴールドドリーム3メイショウワザシ4エアアルマス5クリンチャー6エ ...

続きを見る

第21回チャンピオンズカップ:結果回顧総評

昨年の同レース1~4着が今年も1~4着を占めるという、能力のある馬がそのまま地力を示す結果となりましたね。

勝ったチュウワウィザードは4コーナー手前からガッツリ仕掛けて持ち前の持久力をフルに活かした素晴らしい走りでした。

これまでは安定した先行力にばかり目が行きがちな馬でしたが、その支えとなっていた持久力が今回は違う形で爆発した感じですね。

新たなスタイルを身につけたことで、次走以降もさらなる活躍が期待できそうです。

 

2,3着のゴールドドリームとインティは昨年のリプレイを見るかのような印象も持ちましたね。

両馬とも近走はイマイチでしたが、得意な条件で力を出せる展開ならまだまだ勝負になりそうです。

4着に終わったクリソベリルはこれまでのような勢いがなかったですね。

いつもならあそこから楽に先頭を伺っていたはずですし、鞍上のレース後コメントのように状態が万全ではなかったのかもしれません。

 

全頭結果回顧:個性値

個性値評価とは?

何の不安もないと見ていたクリソベリルが崩れましたね…直前の状態をもっとしっかり見ておくべきでした。

ゴールドドリームは評価に違わない走りでしたが、チュウワウィザードやインティはやや軽視していたので反省です。

能力の割に人気薄だったモズアスコットは期待通り5着にきたので、次走も注目してみたいですね。

5番手評価としたサンライズノヴァに関してはGⅠだとポジションを取る競馬でないと厳しそうです。

 

全頭結果回顧:内容

1着:チュウワウィザード

いつもより後ろからの競馬でクリソベリルをマークする形に。

4コーナー手前からムチを飛ばして手応え微妙かのように見えましたが、この馬の持久力をフルに活かすための作戦だったようですね。

直線では伸びあぐねるクリソベリルを尻目に最後まで伸び続けて完勝を収めました。

これまでの力関係から逆転は不可能と思っていましたが、持ち味を発揮すればこの馬もダート路線トップクラスの能力を持っていたようですね。

今後も今回のようなマークしていく形ならさらに勝ち星を積み上げていくことも期待できそうです。

2着:ゴールドドリーム

後方からロスなく運んで、4コーナーから徐々にポジションを押し上げて直線も脚を持続させるこの馬らしい走りはできました。

今年も前に1頭いる結果にはなりましたが、力は維持していることと共に、左回りの適性の高さも改めて示した印象です。

得意の舞台ならまだ一線級でも十分やり合っていけそうですが、そろそろ衰えが顕著になり始めてもおかしくない年齢。

今後のレースも条件と状態次第ということになるでしょうか。

3着:インティ

スタートは5分でしたが出脚がついて先団を引っ張る形。

淡々としたラップを刻み、直線では2頭に差されはしたものの3着に粘りこみ。

久々に自分の競馬ができたので、この馬らしい持続力を発揮できましたね。

近走は絡まれると脆い面による大敗だったようで、力自体は健在でした。

スピードのある馬ですが、弱点を考慮すると今回のような前に行きやすいコース・距離の方が良いのかもしれませんね。

距離延長を再度見てみたい気もします。

4着:クリソベリル

1コーナーの入り以外はほぼ理想的な競馬できたように見えましたが、直線ではいつものような動きではなかったです。

普通に走ってこれまでに格付けを済ませた馬たちに先着を許したわけですから、今回は状態が落ちていたと言わざるを得ませんかね。

逆に不調でもこの程度の負けで済んだので、状態さえ戻れば再度国内ダート路線を席巻していくことは間違いないでしょう。

5着:モズアスコット

追い込み勢の中ではもとも良い脚を使えていましたね。

大外ぶん回しでも2~4着とは僅差でしたし、今冬にフェブラリーSを完勝した地力は本物だったと言えそうです。

見立て通り距離も全然持った感じですが、勝ち切るにはもっと上手く立ち回る必要がありそうですね。

安田記念の勝利もそうですが、馬込みを気にせず脚を使えるので、馬群に突っ込んでいくような形の方が良いかもしれません。

6着:カフェファラオ

中団外目を良い雰囲気で追走しましたが、上位にはやや差をつけられる結果に。

内を回れなかったにしても、現状は古馬一線級とは力量差があった感じですかね。

シリウスSは完勝でしたが、今回はGⅢ好走レベルのエアスピネルやタイムフライヤーと僅差ですし、GⅠで戦って行くには更にレベルアップが必要かもしれません。

7着:エアスピネル

控える競馬を選択し直線も最後は馬群の間から良い脚を使えていました。

ただ、上位争いに加わるような走りではなく、ロスなく立ち回れたことを加味すると、半分より上の着順ではありますがGⅠレベルでは力不足感が否めませんかね。

ダートでも一定の力と高い操縦性は見せているので、GⅢ辺りなら再度チャンスがあるのでは。

8着:タイムフライヤー

内枠を活かしてロスなく立ち回り直線もスムーズに運べて足捌きもよく見えましたが、伸びは今ひとつ。

この距離で直線も長いと持ち味の瞬発力が活かされないようにも見えましたね。

エルムSを快勝した時のように、直線の短いコースがベストなタイプなのでしょう。

地力もGⅠレベルでは未だ厳しい感じかと。

9着:アルクトス

直線に向くまではチュウワウィザードとクリソベリルの内で脚を溜められる良い展開でしたが、脚比べでは完全に後手を踏む形に。

決め手勝負では分が悪く、前走のようにスピードで押し切る競馬でないと通用しないかもしれませんね。

そういった面もあって距離もマイル以下の方が実績も示す通り向いているでしょう。

10着:エアアルマス

スタート良くスムーズに先行できましたが、直線ではやや地力差が顕著に出る結果に。

力は出し切れたでしょうし、良い時の状態に比べてちょっと下降している気がしますね。

東海Sを勝った内容からすると物足りない走りのようにも映りました。

もしくはGⅠだと少し力不足なのかもしれません。

11着:クリンチャー

中団からレースを進めましたが、末脚は不発。

もともとキレのある脚は使えないタイプですが、芝での戦績が示すように、左回りはスムーズさを欠くようで向いていないように見えました。

右回りで早めに前を射程圏に入れていく競馬でないと厳しいかもしれませんね。

12着:サンライズノヴァ

後方で脚を溜める近走と同様のレースはできましたが、直線で使った脚は2~3列前にいた馬と同程度と平凡でした。

運び自体はスムーズだったので、問題は距離にありそうですかね。

ペースがマイル戦ほどタイトにはならない1800mだと追い込み一辺倒では、この馬の末脚をもってしても厳しいのだと思います。

この距離なら一時期していた先行策が必要となりそうです。

13着:アナザートゥルース

3番手の内を追走し、持ち前の先行力を活かせる形でしたが、4コーナー辺りで手応えが怪しくなり、直線でも見せ場なく後退。

淀みないペースで終始クリソベリルにプレッシャーを掛けられる厳しい展開ではありましたが、地力もやや不足していましたかね。

この相手とやり合うにはもっと大舞台での経験が必要なように感じました。

また、決め手が必要になる直線の長いコースも不向きでしたかね。

14着:サトノティターン

出脚が非常に悪く、この枠もあって最後方からの競馬に。

直線でも一定の脚は使えていますが、勝負になりそうな気配はありませんでした。

やはり現状は1800mだと距離不足で、もっとタフで時計のかかる勝負でないと好走できないかもしれませんね。

15着:メイショウワザシ

ハナを奪えなかったため、リズムを作れずそのままゴールまで行ってしまった感じですかね。

道中徐々に後退し、直線でも余力がありませんでした。

能力的にはもうちょっとやれて良いはずだとは思うので、主導権を握れるかどうかが今後も重要となってきそうです。

16着:ヨシオ

前に取り付いていく積極性は見せましたが、この枠もあって外目を回される苦しい形に。

ただ、能力的には妥当な結果だと思うので、枠が内目でも結果は大差なかったのかなとは思います。

また、前向きな気性や実績からしても短い距離の方が良い気がしますね。

 

予想結果

J-batai
勝ち馬を軽視して自信満々に推した1番人気が4着では論外としか言いようがない予想結果だね
クリソは堅いと思ったけど状態が予想以上に悪かったなあ…
takumi
J-batai
来週からは2歳GⅠだけど力量差が読みづらいレースだし先行き不安だよ
まあブレずにやっていくしかないさ…
takumi
  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧

© 2021 J競馬salon