全頭結果回顧

有馬記念2020【全頭結果回顧】クロノジェネシスが横綱競馬で完勝!牝馬最強年を象徴する結果に

2020-12-31

当レースの予想はコチラ有馬記念2020【予想・全頭評価】今年は牝馬が強い年!牝馬のワンツーも十分か

目次第65回有馬記念:レース展望全頭評価:個性値全頭評価:内容1バビット2ブラストワンピース3クレッシェンドラヴ4ラヴズオンリーユー5ワールドプレミア6キセキ7 ...

続きを見る

第65回有馬記念:結果回顧総評

芝GⅠで牝馬の活躍が目立った年だけに、1年の総決算である有馬記念でも牝馬のワンツー決着となりましたね。

有馬記念での牝馬によるワンツー決着はなんと史上初なんだとか。

展望では「牝馬のワンツー」や「記録に残る決着」になるだろうと見ていましたが、本当にその通りになりました。

また、5着が同着ということもあり掲示板6頭中実に4頭が牝馬という結果でもありますし、アーモンドアイは引退しましたがデアリングタクトやグランアレグリアといった強力な牝馬は健在ということもあり、来年も牝馬優勢の年となる可能性が高いでしょうね。

サラキアとラッキーライラックはこれが引退レースでしたが、勝ったクロノジェネシスと善戦したカレンブーケドールは引き続き来年の活躍も非常に楽しみです。

 

レース全体としてはややスローな流れにはなりましたが、後半からはタイトなペースとなったため時計こそ平凡でしたが決してレベルの低いレースではありません。

活躍した牝馬以外にも、今回上位に食い込んだ牡馬は来年以降の巻き返しが十分期待できると思います。

 

全頭結果回顧:個性値

個性値評価とは?

人気所で高評価とした馬は順当に上位に来ましたが、穴っぽい所の評価がイマイチという結果に。

特にサラキア辺りは個別評価でプラス要素が多いとコメントしていた割に評価値は低くしてしまっていましたね…

連戦の疲れや衰えがあったであろうキセキや久々の実践であったモズベッロは状態面をもっと不安視すべきだったようです。

全体的見ても3番手争いが可能と見た馬が悉く下位に沈みましたし、評価値1位が1着とは言えちょっと的外れな予想になってしまいました…

 

全頭結果回顧:内容

1着:クロノジェネシス

中団からレースを進め、後半のペースアップにも難なく対応してポジションを押し上げ、直線でもライバル馬達をねじ伏せるような形で先頭に立つ完勝。

宝塚記念の圧勝や秋天での地力ある走りはやはり本物で、ここでも現役屈指の力を改めて示しましたね。

競馬に安定感もあるタイプですし、2~4着馬がここで引退ということもあり、状態さえ維持していければコントレイルやデアリングタクトとともに、来年の中長距離路線もこの馬が主役の一角を担うことは間違いないでしょう。

2着:サラキア

中団馬群の後ろでしっかりと脚を溜めた分、直線では凄まじい弾け方をしましたね。

やはり近走の充実振りは本物で、この距離・相手でも全く引けを取らない程でした。

予想では3年前のクイーンズリングの再現もあると評価しましたが、個性値の順位的には低かったですね…

状態以外の面でももっと評価すべき1頭でした。

3着:フィエールマン

今回は先行策を取りましたが、直線で手応え十分に抜け出す場面もあり、力は出し切れたと思います。

最後は牝馬2頭の末脚に屈しましたが、直線で目標にされたことを考慮すれば、負けて強しとも言える内容です。

この中長距離路線の一級線で活躍し続けた貫禄は十分に示せたでしょう。

年明けに脚部不安で引退となってしまいましたが、最後まで才能あふれる走りをしてくれました。

4着:ラッキーライラック

中団好位からの競馬で、3コーナー辺りからは先に動いたクロノジェネシスをマークする形で勝負を賭けましたが、最後は逆に突き放されてしまいました。

GⅠ4勝馬としての力は示せた走りではありましたが、上位とは距離適性に大きな差が出ましたかね。

それでも全力を出し切って悔いのないラストランはできたと思います。

産駒にもこの馬の素晴らしい勝負根性とレースセンスを受け継いで欲しいですね。

5着:ワールドプレミア

終始中団最内を回るロスのない競馬はできましたが、直線では昨年ほどの末脚は発揮できず。

菊花賞を勝った時と同じ枠番で同様の立ち回りもできましたが、鞍上の回顧コメントにもあったように、本質的には馬群を突くような競馬は向いていないのかもしれませんね。

それでも上位に次ぐ走りはできたわけですし、直線が長くてゆったり走れる条件なら巻き返しも可能でしょう。

 

5着:カレンブーケドール

理想的な好位差しの競馬ができましたが、4コーナーでフィエールマンやクロノジェネシスとは明らかに手応えで劣っていました。

これまで古馬一級線でも惜しいレースを続けていましたが、今回は底力の差が出てしまいましたかね。

昨年のジャパンカップやオークスの2着が示すように、本質的には左回りで直線も長い方が向くタイプかもしれませんね。

東京コースで再考したい1頭だと思います。

7着:ペルシアンナイト

中団でしっかりと折り合って、直線でも良い末脚を使えていました。

距離をかなり疑問視しましたが、良馬場ならこの距離でもギリギリ対応できそうですね。

マイルCSに続いて悪くない走りはできました。

来年も現役続行のようですし、状態を維持していければ中長距離でも注意が必要な存在となりそうです。

8着:クレッシェンドラヴ

内枠を活かしてロスのない競馬ができましたが、最後はGⅠレベルの馬たちにやや力負けする結果に。

小回りでタフな中山は条件的には向いたようですが、底力的にはこのくらいの着順が妥当でしょうか。

今後もGⅠでは厳しいでしょうが、GⅢ辺りならまだ力上位ですし、来年以降の活躍に期待です。

9着:オセアグレイト

好位からレースを進め、力を出し切ることはできたと思います。

直線に向いた時の雰囲気も抜群でしたが、上位馬とは地力差がありましたかね。

前走で重賞初制覇を飾りましたが、GⅠで勝負するにはさらなる成長が必要でしょう。

10着:ラヴズオンリーユー

中団からの競馬で3~4コーナーで進出を試みましたが、上手く脚を溜められず良さを出せませんでした。

スムーズに運べれば長く良い脚を使うタイプなので、小回りの中山は向かない感じでしたかね。

色々と噛み合わない態勢だったと思うので、実績ある東京コースなどで再考したいと思います。

11着:ユーキャンスマイル

2周目の3コーナーで下がって来たブラストワンピースの影響を受けてしまい、勝負所で手痛い不利を受けてしまいました。

直線もそんなに追われていませんし、状態も一息であったことから、この結果は度外視して良いでしょう。

実績ある条件に戻れば復活も期待できるとは思いますが、まずは立て直しが最優先となりそうなので、今後のローテには要注目です。

12着:キセキ

後方待機からまくっていく、宝塚記念2着時と同様の形で勝負を賭けましたが、今回は脚が上がってしまいました。

近走見せたスタミナからするとやや物足りないようにも映ったので、さすがに秋の連戦の疲れがあったのかもしれませんね。

来年も現役続行のようですが、上積みは見込めないでしょうし、好走するには色々と注文がつくことになりそうです。

13着:バビット

最内枠を活かしてマイペースで逃げを打てましたが、4コーナーで有力馬に早めに来られたプレッシャーに耐えきれず大敗。

ほぼ理想的な競馬はできていただけに、この結果はちょっと残念でしたかね。

距離も少し長いように感じました。

来年以降も活躍していくには現状では厳しそうで、もっと力をつけていく必要があるでしょうね。

14着:オーソリティ

番手の内を追走する理想的な競馬はできましたが、4コーナーのペースアップについていけませんでした。

これまでの実績から思うに、時計のかかる馬場はあまり向いていないように見えますね。

大柄な馬体ではありますが、青葉賞を勝った時のようなスピードが問われるレースの方が期待できそうです。

15着:モズベッロ

後方からレースを進めましたが、勝負所でのペースアップについて行けず、直線でも追われていませんでしたね。

休み明けの影響がモロに出た感じでしょうが、状態が良くても好走は難しそうな雰囲気もありました。

GⅠレベルでやり合うには、宝塚記念で3着したときのように極悪馬場などの恩恵が必要ですかね。

競走中止:ブラストワンピース

内枠を利して良い形で先行し、復活もあり得るか?と思った矢先、3コーナー手前で急失速。

どうやら心房細動を発症したようで、幸い重篤ではなかったようですね。

素質的にはまだまだこんなもんじゃない馬なはずですし、一旦リフレッシュして再度復活に期待したいです。

 

予想結果

どちらも2着のサラキアが抜けと冴えない結果だね
takumi
J-batai
コメント自体は高評価していたはずなんだけどなぁ…
来年の目標は詰めが甘さの改善だろうね
takumi
J-batai
そうだね…頑張るよ
  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧

© 2021 J競馬salon