予想・全頭評価

安田記念2020【予想・全頭評価】8冠目前のアーモンドアイに匹敵する馬とは!?

2020-06-07

当レースの結果はコチラ安田記念2020【全頭結果回顧】能力全開のグランアレグリア圧勝!

第70回安田記念:結果回顧総評 2020年の安田記念はグランアレグリアの独壇場となりましたね。 彼女の強さは認めるものの、競馬ファンとしてはやはりアーモンドアイ ...

続きを見る

第70回安田記念:レース展望

現役最強馬アーモンドアイ・春秋マイル王者インディチャンプ・香港マイル覇者アドマイヤマーズなどなど、安田記念史上一番とも言えるほど非常に豪華な顔ぶれとなりましたね。

G1馬が10頭も出走するレースではありますが、人気の中心は圧倒的にアーモンドアイです。

近年はアエロリットやロゴタイプなど前目につけた馬の好走が多い一方で、モズアスコットやサトノアラジンなど10番手以降の後方を追走した馬も結果を出しています。

ただ、今年は前日の雨の影響で、状態発表こそ良とはなりそうですが、わりとタフな馬場となる見込みです。

J-batai
実力がはっきりと表れるレースとなりそうだ!

ヴィクトリアマイルの勢いのまま、アーモンドアイが強さを見せるのか。

本家マイラーたちが意地をみせるのか。

いずれにしても、非常に見応えのあるレースとなりそうです。

全頭評価:個性値

個性値評価とは?

マイラーが多く集まったため、「距離」は評価の高い馬が多くなっています。

また、「近走」も結果が悪くても内容は良い馬が多く、好調をキープしている馬が揃った印象です。

takumi
アーモンドアイとインディチャンプがほぼ評価とは

確かにアーモンドアイはメチャクチャ強いですが、各要素の安定度を総合するとインディチャンプも非常に高い水準です。

そうは言っても地力の差は数値以上にあるかもしれないので、アーモンドアイが普通に圧勝することも十分ありえますね。

takumi
4~8番手評価はほとんど差がない

実力馬が多いため、最近のG1の流れと同様に、3番手は手広く抑えておいたほうが無難かもしれません。

 

全頭評価:内容

昨年の安田記念を除けば、G1でも安定した成績を残している実力馬です。

距離もマイルはほぼベスト感じで、乗り慣れた川田騎手でないですが、レーン騎手を確保できたのは大きいでしょう。

ただ、先行しやすい最内を引けたものの、直後につけるであろう好位差し勢は非常に強烈。

早めに並びかけられると厳しい展開となりそうです。

また、これまでにアーモンドアイやインディチャンプに完敗しているように、ここでは地力的にも少し不安があるように思います。

1800mがドンピシャリという印象の馬で、マイルは少し割引が必要かと思っていたところに恵みの雨。

距離がやや短いと見ていたこの馬にとって、良馬場でもスタミナのいる馬場になりそうなことはかなりのプラス材料になると見ています。

ただ、馬場自体は本質的には時計の速いほうがあっていそうな感じもします。

古馬になってからは今回のメンバーらとは戦っていませんし、未知の魅力に関して言えばこの馬が一番かもしれませんね。

前走は安田記念と同条件のG1で不利な外枠でも3着を確保。

アーモンドアイには力の差を見せつけられましたが、この条件の適性の高さと地力に関して言えば、持ちタイム的にも牡馬にも劣らないものがあると思います。

馬場は高速がベストでしょうが、やや力のいる馬場にも実績があり、底までマイナスでは無いでしょう。

前走の反動の影響が少なければ、この相手でも好勝負できると思います。

時計がかかりそうな馬場になったことで浮上しそうな馬です。

東京マイルでは3着が最高着順ですが、着外時もタイム差はほとんどなく、むしろ得意と見ています。

地力的にはやや劣ることは否めませんが、前走は重賞を快勝して状態も良さそうですし、枠も内目を引けたので、好材料は揃っていると予想します。

早い時計の決着では分が悪いので、馬場が回復しすぎないことを祈るばかりですかね。

ヴィクトリアマイルのパフォーマンスを見ると、この馬が負けるイメージは全く湧かないですね。

力のいる馬場も苦にしないですし、枠も内目寄りの良い所を引けました。

不安があるとすれば、これまでゆったりしたローテでしか走っていないため、中2週での出走となる点ですが…前走はあまり力を使っていないので反動もあまりないように思います。

スムーズにさえ運べれば、今回も圧勝まであるでしょう。

マイラーズCを勝った時点では、安田記念はこの馬が大本命と考えていましたが、まさかのアーモンドアイ出走により、対抗評価に。

それでも3番手以下とは適性や地力など総合力で差をつけていると思います。

昨年の春秋マイル王者であるように、マイルであればどの相手でも好勝負は必至でしょう。

今回不安があるとすれば、やや力のいる馬場になりそうなこと。

スピードを持続させてマイルをきっかり走り切るタイプであるだけに、馬場にスタミナを奪われる懸念もある気がします。

1800mになると途端に成績を落としていますしね。

ただ、この馬ピッチ走法なんですよね。

ステイゴールド産駒ですし、かえって馬場がプラスに働く可能性も秘めています。

マイルから中距離はG1でも馬券に絡む走りをする底力があり、競馬が上手な馬という印象です。

今回の条件や状態は悪くないですが、もともと叩いて良化するタイプ。

前走から3ヶ月半開くのはかなりマイナスと見ています。

使える脚も短いので、後方から大外に持ち出す競馬をしがちな田辺騎手との相性も微妙かなと考えます。

後方から末脚に賭ける競馬しかできないので、東京コースはベストでマイルもちょうど良い距離でしょう。

ただ、この強力メンバー相手に追い込み競馬では完全に分が悪い言わざるを得ません。

毎度良い脚を使っているけど…、今回もそんな感じで終わりそうな気がします。

マイルG1を3勝しているこの距離のスペシャリストです。

その内2勝は2歳G1・3歳G1なので評価は微妙なようですが、前走の香港マイル勝ちはもっと評価されていいと思います。

香港の超強豪相手に力でねじ伏せる競馬をしましたからね、下手するとインディチャンプより上かもしれません。(というかそのレースでインディチャンプに勝っていますしね。)

少し時計がかかりそうな馬場も好材料でしょう。

乗り替わりや枠を考えると、上位2頭よりは少し不安要素があるものの、力を出し切れば3強の1角という評価でもいい馬だと思います。

昨年の高松宮記念を勝ってからは結果が出ていませんが、走り自体は悪い感じはなく、状態は維持できていると思います。

前走も不慣れなダートでしたしね。

ただダートを挟んだことや間隔が開きすぎたことで悪影響が出そうな気もします。

また、時計のかかる馬場は好材料ですが、やはり短距離を中心に使ってきただけに、東京マイルではスタミナ不足が懸念されます。

短距離を主戦場にしてからは非常に高い素質を感じるレースを続けています。

現在の充実度からすると、ここでも活躍できそうな雰囲気です。

ただ、気性的にはマイルよりも短距離向き。

近走短距離でハマっていただけに、再度距離延長となるとスムーズさを欠きそうな気もします。

それでも、それさえクリアしてしまえば、馬場や疲労は問題なさそうなので、好走の可能性は十分ありそうです。

1200mがベストな馬なだけに、東京マイルでは地力やコース形態的に厳しいと思います。

競ってきそうな馬がいないことや、時計のかかる馬場、近走大きく負けておらず状態はキープできているなど、好材料もありますが、それ以上にマイナス要素のほうが大きいのかなと。

前走はG2で強烈な末脚を発揮して3着と、勢いはかなり魅力的な馬です。

マイルを中心に使い続けているように、今回の条件への適性は結構高いと見ています。

しかし、現状はどうしても後ろからの競馬になりがちな馬。

このメンバー相手では、ある程度良いポジションが必要でしょうし、キャリアの浅い岩田望騎手がカバーする騎乗をどこまでできるかがカギにもなるでしょう。

前走は1400mで快勝しましたが、馬場や展開が味方してのもの。

スプリント戦での地力は認める所ですが、マイルは守備範囲外だと思います。

重馬場ではガス欠のような負け方をしていますしね。

大外枠もこの強力メンバー相手だとかなりマイナスとなりそうです。

また、前走は東京コースで勝ちましたが、本来左回りは良い馬ではないんですよね。

今回はちょっと好材料に乏しい感じですかね。

予想印(個性値上位5頭)

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-予想・全頭評価

© 2021 J競馬salon