予想・全頭評価

ヴィクトリアマイル2020【予想・全頭評価】アーモンドアイに死角あり!?

2020-05-17

当レースの結果はコチラヴィクトリアマイル2020【全頭結果回顧】得意の条件で復活!アーモンドアイ大楽勝!

第15回ヴィクトリアマイル:結果回顧総評 レース前は、有力馬はローテがー、内枠がー、高速馬場がー、…などと色々と考えていました。 が、結果的にはそれらの要素一切 ...

続きを見る

第15回ヴィクトリアマイル:レース展望

現役最強馬であるアーモンドアイが出走を決めたことで、2020年のヴィクトリアマイルは非常に注目度の高いレースとなりました!

昨年オークスを勝ったラブズオンリーユーや、昨年同レース2着のマイル巧者プリモシーン、重賞連勝で本格化したサウンドキアラなど、結構豪華なメンバーが揃った印象です。

一方で、特にアーモンドアイがそうですが、思い通りのローテが組めず、恐らく万全ではないだろうという馬がいくらかいて、実力通りには決まらないんじゃないかという感じもします。

馬場状態に関しても、NHKマイルカップと同様に内目の馬場がまだまだ良さそうで、外枠の差し馬にとっては難しいレースとなりそう。

そういった状況もあって、一筋縄ではいかなそうな今年のヴィクトリアマイルですが、やっぱり有力馬には力があるところを見せてほしいですね!

全頭評価:個性値

個性値評価とは?

まだまだ内目が良い馬場を考慮して、外枠馬の「馬場」と「展開」をかなり低い得点にしました。

そのため、個性値的には中間くらいの点数の馬がかなり拮抗している状態です。

展開も各馬の状態も読みづらいレースなので、切りきれない馬は全てカバーするような買い目にするのも1つの手ではないかなと思います。

全頭評価:内容

2019年の3歳牝馬世代の主役となった馬で、オークスで負かしたクロノジェネシスカレンブーケドールはその後のG1で活躍を続けているように、地力は非常に高い馬です。

一方で、ドバイ中止の影響で、昨年のエリザベス女王杯から半年振りのレースとなり、やはり万全のローテで無いことは不安要素ではあります。

また、近走は中長距離のレースを使っていて、マイルへの対応という点でも課題が残ります。

それでも、先週のNHKマイルカップで馬場を読み切って勝ちに行く競馬をしたデムーロ騎手なら、ここでも勝ち負けにこだわる騎乗をするでしょう。

最内枠から内目の良い馬場を活かす競馬なら、久々でもチャンスは十分あると考えます。

新馬戦以外勝っていない馬ではありますが、毎度上位に迫る走りはしていて一定以上の能力はある馬です。

今回も条件に対して強調するような点はありませんが、他の馬と比べると不安要素が少ない印象で枠も良いため、この馬が浮上してきそうな雰囲気です。

やや決め手が足りない馬なので、先行していきたいところ。幸い、今回は内枠に差し馬が集まった形なので、スタートさえ決まればスンナリと先行することも可能でしょう。

重賞でも悪くない競馬はするものの、あと一歩足りないという感じの走りをしてきましたが、今年初戦の東京新聞杯では末脚が上手くハマって、東京マイルへの適性の高さが感じられました。

ただ、現在の東京は内目の良い馬場で前があまり止まらず、後方からレースを進めるこの馬には不利な状態

この枠なら東京新聞杯と同様に内をすくう走りが出来そうですが、上手くハマったとしても勝ち負けまでは怪しいかなと。

昨年の桜花賞では素晴らしい末脚で2着に入ったように、直線の広いコースでのマイル適性は非常に高い馬だと評価しています。

しかし、今年に入ってからのレースではかなり気難しいところを見せており、競馬になっていないという走りが続いている状態。

本来の走りが戻れば好走も期待出来そうですが、中4週では大きな改善は見込めないのかなと予想しています。

昨年のヴィクトリアマイルで2着し、年明けの東京新聞杯も快勝したように、この条件はピッタリでしょう。

内目の枠にも入ったことで、今年は最も勝ちに近い存在であると考えます。

懸念としては、道悪がかなり苦手な点ですが、レースまでには良馬場に回復しそうで、昨日の京王杯スプリングカップでも稍重ながら、速い時計がでているように、馬場状態は良好でしょう。

鞍上もレーン騎手ということで、この馬の能力全開の走りが見られそうです。

強烈な末脚を持っている馬ですが、3勝クラスを勝ち上がったばかりで、地力的に考えても厳しいレースとなりそうです。

後ろから行く馬には不利な馬場状態もマイナスで、近年G1で活躍のない鞍上もやや不安。

それでも、広いコースが得意で東京マイルは実績的にも合うはずなので、ソコソコの走りはするのではないでしょうか。

昨年の3歳牝馬世代で前哨戦では主役ばりの活躍を見せた馬ではありますが、今年初戦のレースではそういった面も見られませんでした。

先行脚質は現在の東京コースに合いそうですが、有力どころと比べるとやはり決め手に欠ける印象があり、好走には大きな展開の助けが必要かなと。

鞍上とともにG1に弱い性質からしても、今回も勝ち負けは厳しいでしょう。

前走の感じだとタイプ的にラウダシオンに似ていて、今回面白い穴馬になると思っていたのですが…前が止まらない馬場では今後も注目したいですね。

フレグモーネにより出走取消。

こちらも先行脚質なだけに面白い存在となりそうでしたね。

スプリント路線で条件戦を勝ち上がってきた馬だけに、スタミナが必要な東京マイルは合わないと思われます。

スピードはあるため、高速馬場は向きそうですが、他に好材料は見当たらないかと。

重賞でも勝負になる地力はありますが、前が止まらない馬場の今回はやはり追い込み一辺倒という脚質が最大のネックとなるでしょう。

距離的にも中距離以上が良さそうで、ここでも「脚は使えてるけどなぁ…」といった感じの走りで終わる予感がします。

国内外でG1を6勝しているように、地力的にはダントツの存在です。どんな馬場にも対応でき、好位にスンナリ収まれば、アッサリと勝てるでしょう。

それでも、昨年不本意なローテで負けた有馬記念から、仕切り直しで挑もうとしたドバイも中止となった流れで、やはり馬自体のリズムに不安が残ります

昨年不利があったものの、取りこぼしのあった東京マイルでもあるので、今回は確実とまでは言えないでしょう。

スピードのある逃げ馬なので、現在の馬場は一見良さそうですが、スタートがそこまで良くない点が不安要素です。

上手くスタートが決まらなければ、外目を回される厳しい競馬も考えられます。

中山での好走が目立つため、直線の長いコースもマイナスな印象で、G1では影の薄い三浦騎手もやや不安かなと。

前走で本来の走りが戻ってきた感じで、元々G1でも十分に勝負になる力のある馬ではありますが、やはり現在の前残りの馬場では展開的に難しいレースになりそうです。

一方で、末脚を活かしやすい東京コース自体は合っているはずなので、なんとか中団までに取り付くことができれば、馬群を割って好走という可能性もあります。

左回りが得意な馬で、コース自体は向いていそうですが、追い込みよりの脚質と、重賞での実績に欠ける地力で、評価的にはかなり低めです。

後ろからの競馬でも、同型が多くて内に入れられずという厳しい展開も見込まれます。

やや後方から行く馬なだけに、この枠と馬場では非常に厳しい競馬になりそうですが、昨年のヴィクトリアマイルをレコードで制しているように、それをカバーしてしまいそうな適性と地力の高さを感じさせます。

前走の大敗も距離が合わなかった面が大きく、レース間隔も十分取れているので、状態面でも確実に上向いてくるでしょう。

一か八かな面もある鞍上ですが、ベテラン横山典騎手の手腕にも期待したいところです。

トロワゼトワルと同様にスピードのある逃げ馬で、外枠は問題なく現在の馬場も合いそうですが、やはり直線の長いコースでは割引が必要なタイプのように感じます。

鞍上の武騎手も、単騎逃げなら非常に上手い印象がありますが、同型がいる時の逃げ馬では持ち味を活かせずに終わることも多く、今回も不安の方が大きめです。

目下重賞3連勝中で内容も素晴らしく、ここでも本命に推したいぐらいの馬でしたが、現在の内目の馬場が良い東京コースで大外枠では…かなり難しいレースになると見込んでいます。

左回りの経験が浅く、過去好走馬が少ない阪神牝馬Sからのローテも少なからず不安要素です。

それでも、最近好調をキープし、この馬との息もぴったりな松山騎手なら、この枠をリカバリーしたエスコートを見せてくれるかもしれません。

距離もマイルがぴったりという感じなので、外枠さえ克服すれば好走は十分期待出来ます。

予想印(個性値上位5頭)

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-予想・全頭評価

© 2021 J競馬salon