全頭評価(旧)

【東海ステークス2020】予想・全頭評価

2020-01-26

当レースの結果はコチラ【東海ステークス2020】全頭結果回顧

続きを見る

昨年のダート重賞を盛り上げた馬が多く集まったレース。

上位勢の能力は非常に高いが、脆い一面も持ち合わせている。

展開によっては大荒れまでありそう。

ある程度展開を決め打ちして予想していきたい。

全頭評価内容

1 モズアトラクション ▲単穴

7人気 騎手:藤岡 康太

短評

前崩れなら

2桁着順が続いているが、武器である強烈な末脚は健在。

前崩れの展開となれば、同型が多い今回でも台頭する可能性は高いと予想する。

2 コマビショウ

9人気 騎手:和田 竜二

短評

展開は向きそうだが

展開が流れそうな今回、中団に控えるこの馬にとって有利な展開になりそう。

だが、2勝クラスでもたついていたように、地力にやや疑問を感じる。

距離ももう少し長いほうが向いている印象。

3 アングライフェン △連下

5人気 騎手:M.デムーロ

短評

安定した差し脚で

目立たないながらも、重賞では安定した差し脚で良く上位にきている馬。

前崩れの展開となりそうな今回、後方勢は強力だが枠を活かしたロスの少ないレースができればチャンスはあるだろう。

4 スマハマ

4人気 騎手:藤岡 佑介

短評

同型次第か

実績的にもこの条件はベストで、素質も十分感じさせる馬だが、やはり2走前の暴走が頭によぎる。

今回もインティとの兼ね合いがカギで、うまくいなすことができれば上位がみえてくるか。

5 コスモカナディアン

11人気 騎手:A.シュタルケ

短評

条件得意も

過去に連対実績のあるレースではあるが、今回は京都開催。

好走時のコースと異なることに加えて、最近は当時のような走りができていない。

展開も流れそうなので、この馬には厳しいレースになりそう。

6 アイファーイチオー

13人気 騎手:坂井 瑠星

短評

大敗続きでは

自分のペースで競馬すれば持ち味を活かせるタイプ。

しかし、相手の強い近走は形が作れず大敗続き。

今回も強力な先行馬がいるため、厳しい展開となりそう。

7 エアアルマス ☆注目

2人気 騎手:松山 弘平

短評

決め打ちなら

砂を被ると一気にやる気を無くしてしまう致命的な欠点を持つが、陣営もソロソロ対策してくるのではないだろうか。

前は行きた過ぎる馬がいるため、後方からレースを進められればチャンスは十分。

8 マイネルクラース

15人気 騎手:国分 優作

短評

スタミナはある

かなりのスタミナタイプで、淀みないペースとなればチャンスはありそう。

近走の大敗はスローな展開でのもので、下位勢の中では一変の可能性を残していそう。

9 メイショウウタゲ

16人気 騎手:城戸 義政

短評

見どころ少なく

近走は展開の影響も無いことは無いが、それでも見どころの無いレースが続く。

今回も静観が妥当か。

10 ロードアルペジオ

14人気 騎手:岩田 康誠

短評

地力に疑問

現状では重賞で太刀打ちできていない印象。

叩いての一戦ではあるが、地力的にかなり厳しいのでは。

11 ビルジキール

10人気 騎手:池添 謙一

短評

前走鮮やかも

前走はキレのある末脚で勝利し、展開が流れそうな今回も有利に運べそう。

一方で、地力自体にはまだまだ怪しい所がある。

一気の相手強化となる今回は静観したい。

12 ヒストリーメイカー

8人気 騎手:畑端 省吾

短評

先行力あるが

先行力があり、展開によっては差しも可能なタイプだが、今回はハイペースが見込まれる。

激流にまきこまれて、本来の実力が発揮できない可能性も少なくはない。

13 インティ

1人気 騎手:武 豊

短評

折り合い次第

実力は現役ダート馬の中では突出しており、このメンバー相手なら自分の形に持ち込めば負けは考えづらい。

しかし、2走前のように同型との兼ね合いが悪いと脆い一面もある。

今回も内枠にスマハマが出走しており、当時と同様な展開になる可能性が高い。

14 キングズガード ◯対抗

6人気 騎手:秋山 真一郎

短評

爆発力に期待

近走は中距離レースに出走しているが、末脚の爆発力は健在。

前走は強力な相手にも通用したように、ハマればどこからでも足を伸ばしてくる。

状態はやや落ちているようだが、展開が味方しそうな今回はチャンスがあるだろう。

15 ヴェンジェンス ◎本命

3人気 騎手:幸 英明

短評

末脚勝負なら

前走は展開が向かなかったが、G1レースということを考慮すれば十分強い内容であった。

ハイペースが見込まれる今回は、2走前のような末脚を発揮すれば勝ち負けは必至だろう。

16 ヒロブレイブ

12人気 騎手:国分 恭介

短評

距離延長で

短距離を主に使われてきており、今回は距離延長での一戦。

近走の感じでは変わり身も無くはないが、強力な同型も多く、それらの馬には見劣りする。

予想印

◎ 本 命

15 ヴェンジェンス

〇 対 抗

14 キングズガード

▲ 単 穴

1 モズアトラクション

△ 連 下

3 アングライフェン

☆ 注 目

7 エアアルマス

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon