全頭評価(旧)

【洛陽ステークス2020】予想・全頭評価

2020-02-15

当レースの結果はコチラ【洛陽ステークス2020】全頭結果回顧

やや外差し有利な馬場であったが、淀みない流れでタフな展開となったことで 割と実力通りに決着した印象。 勝ったヴァルディゼールは出走メンバー中唯一の4歳馬であり、 ...

続きを見る

出走メンバーの第一印象で言えば、若い馬が少ない。

4歳馬は1頭のみで、成長力を期待できる馬は少ない。

一方で、復調気配を示している馬は何頭かいる。

開催7週目で、馬場状態もかなり特殊になりそう。

馬場適性にも注目する必要があるだろう。

全頭評価内容

1 ブラックムーン ▲単穴

4人気 騎手:松山 弘平

短評

人馬とも上り調子

前走は約1年振りのレースであったが、直線で伸びない内を選択した割には良く頑張っていた。

一度叩いて得意条件にも変わる今回は、極端な前残りの展開以外であれば好走の可能性は高い。

最近好調の松山騎手を鞍上迎えたことも魅力で、人馬とも勢いを見せてくれそうだ。

2 サトノフェイバー ◎本命

1人気 騎手:古川 吉洋

短評

更なる上昇に期待

前走は先行馬に苦しい流れでも最後まで良く粘って馬券内を確保し、復調気配は十分。

3歳時には、後の香港ヴァーズ優勝馬であるグローリーヴェイズに重賞で競り勝っているように、もともとの素質も高い馬。

逃げ馬にはやや不利な馬場となる可能性もあるが、競りかけてくるような馬もおらず、楽に逃げられそう。

今回のメンバーであれば普通に勝ち負けだろう。

3 アンコールプリュ △連下

11人気 騎手:藤岡 康太

短評

差の無い競馬が続く

近走は掲示板を外すレースも多い。

それでも、内容としてはそこまで悪くなく、どのレースもある程度堅実に差し脚を伸ばせている。

今回はハンデが軽く、枠も内目を引けたので、うまく流れに乗れば馬券内のチャンスは十分にあるだろう。

4 キャプテンペリー

13人気 騎手:国分 恭介

短評

同型も多く

近走は追い込む競馬が多く、毎回良い脚は使えてはいるが上位争いまでは至れず。

今回は強力な同型が多く、流れもそこまで速くはならなそうなため、厳しいレースになりそう。

5 レインボーフラッグ

5人気 騎手:和田 竜二

短評

詰めが甘い印象

毎回自分の脚は使えていて、時には見せ場もつくることもある。

だが、それでも上位争いに至るケースが少なく、どうも詰めが甘いという印象。

今回もチャンス自体はありそうだが、善戦で終わる公算も高い。

6 ハーレムライン

10人気 騎手:坂井 瑠星

短評

展開は向きそう

好位で競馬するタイプ。

ペースがやや落ち着きそうなため、展開自体は向きそう。

一方で、同型は今回もソコソコ強力。

やや地力で劣る印象のあるこの馬には厳しいレースとなりそう。

7 ヴァルディゼール

3人気 騎手:北村 友一

短評

成長力に疑問

前走は休み明けプラス古馬と初対戦ということもあってか、大きく着順を落とした。

ただ、それでも負けすぎな感じもある。

3歳時に同条件の重賞を制してはいるが、当時の完成度の高さで勝ったというイメージ。

成長力に疑問を感じるため、ここでは軽視したい。

8 ストロングタイタン

6人気 騎手:幸 英明

短評

前崩れなら

展開が向けば、前々走のように強さを見せる。

一方で、展開が合わないと前走のように惨敗してしまう、なんとも極端な馬。

条件自体は良さそうなので、前がやりあってくれればチャンスはありそう。

9 アストラエンブレム

8人気 騎手:池添 謙一

短評

相手次第か

堅実なタイプの馬ではあるが、重賞級の相手となると2桁着順も多い。

相手との力関係がそのまま結果に出やすい馬のようなので、近走と比べるとまだチャンスがありそう。

10 フロンティア ☆注目

7人気 騎手:A.シュタルケ

短評

追い込み決着なら

近走は勢いある追い込みを連発しており、外差し追い込み決着となればこの馬に分がありそう。

ペースは落ち着きそうなメンバー構成ではあるが、開催7週目とあって再び外差し馬場となることは十分考えられる。

この馬の末脚には要注意だろう。

11 プロディガルサン

12人気 騎手:国分 優作

短評

勢いなく

近走は見せ場のないレースが続いているように、良い時の勢いがない。

ややペースが落ち着きそうな今回は、展開の助けもあまり期待できないので静観が妥当か。

12 ファストアプローチ

9人気 騎手:木幡 育也

短評

展開向けば

7か月半の休み明けでの一戦。

逃げ馬の直後で競馬したいタイプだが、今回は逃げ馬と同型が強力。

ゆったりとした流れになれば上位争いは可能だろうが、有力馬に先着するまではどうか。

13 カリビアンゴールド ◯対抗

2人気 騎手:川田 将雅

短評

自分の競馬ができそう

今回は確たる逃げ馬が2サトノフェイバーのみで、展開的には楽に好位が取れそう。

大外枠もよりスムーズに好位につけられそうで、むしろプラス。

極端な差し・追い込み有利の馬場とならなければ、上位争いは必至だろう。

予想印

◎ 本 命

2 サトノフェイバー

〇 対 抗

13 カリビアンゴールド

▲ 単 穴

1 ブラックムーン

△ 連 下

3 アンコールプリュ

☆ 注 目

10 フロンティア

前走からの巻き返し期待馬

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon