全頭評価(旧)

【桜花賞2020】予想・全頭評価

2020-04-12

当レースの結果はコチラ【桜花賞2020】全頭結果回顧

期待の超新星が期待以上の走りで無敗のG1制覇を成し遂げた。 後方からただ1頭違う脚色で追い込んできたその姿は、一昨年このレースを制したアーモンドアイを思い起こさ ...

続きを見る

各ステップレースで順当に勝ち上がってきた馬が揃い、例年以上にハイレベルなレースが見込まれる。

互いに直接対決をしていない有力馬も多い印象で、今回でこの世代の序列が大方決まりそうなため、重要かつ注目度の高い一戦。

 

一方で、天気はそれほどの雨量ではないものの、馬場にいくらか影響がでそうな状態。

実力以外の部分では、パワーが必要な馬場をこなしきるスタミナも問われそうだ。

マイル以下でも通用しそうな馬よりも、距離延長が向きそうな馬には注意したい。

全頭評価内容

1 ナイントゥファイブ

15人気 騎手:松田 大作

短評

馬場は向きそう

速い時計で決着したレースの経験がないため、馬場が渋った方がチャンスはありそう。

それでも、一気にこれほどの相手強化とあっては、地力的な不安がかなり大きい。

2 チェーンオブラブ

17人気 騎手:石橋 脩

短評

同型強く

重賞でも通用する強烈な末脚は持っている馬。

それでも、今回は強力な同型が多く、それら同じ位置から競馬した場合はかなり分が悪い印象がある。

ハーツクライ産駒でパワーはありそうなので、極端に馬場が悪化すれば好走も可能か。

3 スマイルカナ

9人気 騎手:柴田 大知

短評

自分の競馬をするだけ

逃げ宣言をしているように、この馬がどれだけ自分の力を発揮できるかに尽きる。

しかし、直線の長いコースと道悪は、ディープ産駒で馬格も無いこの馬にとってかなり厳しい条件だろう。

4 サンクテュエール

4人気 騎手:C.ルメール

短評

地力に疑問

桜花賞と相性の良いシンザン記念からのローテは魅力。

それでも、負かした相手は微妙で、2歳時に土をつけられたリアアメリアも案外な結果に終わっている。

鞍上がルメール騎手とは言え、この世代の一線級とどこまで通用するかに関して、現状では不安の方が大きい。

5 マルターズディオサ △連下

5人気 騎手:田辺 裕信

短評

安定感随一

近走はそれほど注目度が高くはなかったものの、この世代のトップ相手に十分な結果を残している。

ロス無く運べそうな枠を引けたことで、今回も世代上位の安定感を発揮して上位争いは必至だろう。

道悪は未知数ながらも、距離はまだ伸びても良さそうに見えるため、そこまでマイナスにはならないと予想。

6 ウーマンズハート

10人気 騎手:藤岡 康太

短評

スローペース希望か

近走、新潟2歳Sで見せた衝撃的な末脚は鳴りを潜めている。

ある程度ペースが流れて脚が溜まる展開でないと、力を発揮できないタイプのように思える。

それでも、前走は1着と0.4秒差まで差を詰めてきている。

ややスローな展開ではあったが、徐々にレベルの高いペースに対応できてきている感もある。

7 ヒルノマリブ

16人気 騎手:北村 友一

短評

距離も不安

マイル未満の距離で好走を続けているように、本質的には短距離馬という印象。

中距離馬の方が多く活躍するこの舞台は合わないだろう。

ただ、洋芝実績があり馬格もあるため、道悪はプラスにはなりそう。

8 リアアメリア

4人気 騎手:川田 将雅

短評

変化が必要

素質を大いに期待されて臨んだ前走は大きな見せ場も無く敗退。

確かに良いモノは持っていそうな馬ではあるが、能力に任せた現状のスタイルの競馬では今回も厳しい。

鞍上や陣営もその辺は理解して、変化をつけてきそうではある。

うまくハマれば、まだまだ見限れない1頭となりそう。

9 デアリングタクト ◎本命

1人気 騎手:松山 弘平

短評

大物感十分

前走は相手こそ微妙ながらも、仕掛けてからの伸びは別格。

全体の上がり3ハロンが加速ラップの中、後方から一気に差し切り着差までつける非常に強い内容。

この世代でトップに立つ力を十分に感じさせる走りだった。

ゆったりとしたローテも魅力的で、一昨年のアーモンドアイを彷彿させる存在だ。

距離が伸びた方が良さそうな点も好印象。

ニュースターの誕生に期待したい。

10 フィオリキアリ

13人気 騎手:藤井 勘一郎

短評

地力不安

条件戦では良い末脚を見せているものの、G1級で通用するような凄みはない。

前走も展開的にはかなり向いており、G1で好勝負をする地力があるなら勝ちきっていただろう。

11 クラヴァシュドール ◯対抗

6人気 騎手:M.デムーロ

短評

総合力高い

新馬戦以降勝ち鞍はないものの、世代のトップ相手に互角の走りを続けている。

どんな展開でも確実に脚を伸ばしてくるため、総合力では一歩リードしている印象。

ハーツクライ産駒という面でもタフなレースは向きそう。

今回はこの馬にかなりチャンスが向いてくるのではないかと見る。

12 インターミッション

14人気 騎手:石川 裕紀人

短評

速い時計に対応できるか

デビューから安定感のある走りを続けているものの、持ち時計は条件馬級。

G1の時計に対応しきれるイメージはあまり湧かない。

馬場が渋った方がチャンスも出てくるか。

13 マジックキャッスル ▲単穴

8人気 騎手:浜中 俊

短評

確実な末脚で

重賞でも、やや後ろすぎるかという位置から確実に末脚を伸ばしてくる馬。

阪神外回りがかなりマッチしそうな走りで、ハイペースも見込まれそうな今回、うまくハマれば勝ち負けまであると見ている。

ディープ産駒のため道悪はやや不安も、脚力と距離適性でカバーできそう。

14 ミヤマザクラ ☆注目

7人気 騎手:福永 祐一

短評

馬場を味方に

地力的には他の有力馬にやや劣る印象があるものの、消耗戦となれば台頭してきそうな印象。

今回は道悪も見込まれるため、地力以外の面では最も好材料の多い馬だろう。

15 ヤマカツマーメイド

12人気 騎手:池添 謙一

短評

マイル微妙か

重賞でも安定した走りを見せているが、現状は1400mがベストかと思える。

1800~2000mがベストな馬が好走しそうな今回は、地力以上に距離に不安があると見る。

16 ケープコッド

18人気 騎手:岩田 望来

短評

スタミナ不安

スプリント戦での実績しかない馬。

中距離をこなすスタミナが必要となりそうな今回はほぼチャンスがなさそう。

17 レシステンシア

2人気 騎手:武 豊

短評

スピード認めるも

2歳女王に輝いたレースでは、持ち前のスピードを遺憾なく発揮して圧勝。

しかし、それも終始内目の良い馬場で経済コースを回ってのもの。

前走は溜める競馬を試した感じもあったが、同じ進路取りをした馬に先着を許したこともあり、本質的には短距離向きではないかと思えた。

調教も枠を非常に魅力的ではあるが、スピード以外の能力の方が求められそうな今回の条件は合わないと予想する。

グランアレグリアと被るイメージで、良馬場であれば勝ち負けも十分期待できそうではあるが。

18 エーポス

11人気 騎手:岩田 康誠

短評

大外枠も痛く

前を捉えきれる位置で追走したいタイプのため、この枠では脚が溜まらず苦しい競馬になりそう。

距離も現状ではマイルはやや長い印象。

予想印

◎ 本 命

9 デアリングタクト

〇 対 抗

11 クラヴァシュドール

▲ 単 穴

13 マジックキャッスル

△ 連 下

5 マルターズディオサ

☆ 注 目

14 ミヤマザクラ

前走からの巻き返し期待馬

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon