全頭結果回顧(旧)

【桜花賞2020】全頭結果回顧

2020-04-17

当レースの予想はコチラ【桜花賞2020】予想・全頭評価

各ステップレースで順当に勝ち上がってきた馬が揃い、例年以上にハイレベルなレースが見込まれる。 互いに直接対決をしていない有力馬も多い印象で、今回でこの世代の序列 ...

続きを見る

期待の超新星が期待以上の走りで無敗のG1制覇を成し遂げた。

後方からただ1頭違う脚色で追い込んできたその姿は、一昨年このレースを制したアーモンドアイを思い起こさせるものだった。

能力の高さもさることながら、距離が伸びても良さそうな馬。

今年の3歳牝馬戦線の主役となることは間違いない。

 

レースを作った2,3着馬の走りも非常に良かった。

双方とも道悪を懸念していたが、それを感じさせないスピードで淡々としたラップを刻み、デアリングタクト以外の脚を完全に奪った。

距離延長は微妙な感じはするものの、世代上位の地力の高さを示した。

全頭結果回顧

1着 9 デアリングタクト ◎本命

2人気 騎手:松山 弘平

回顧短評

力が違った

道悪もあって中団以降を追走した馬には厳しい展開になったが、この馬だけはそれをものともしなかった。

冒頭でも触れたが、後方から唯一伸びてくる姿は、一昨年のアーモンドアイの再来(現役ではあるが…)を思わせるもので、今年の3歳牝馬戦線ではトップに立ち続けそうだ。

距離延長も十分に対応できそうな走りに見えたので、2冠目奪取もほぼ確実ではないだろうか。

2着 17 レシステンシア

1人気 騎手:武 豊

回顧短評

完璧なレース

逃げ馬と並走して、後続に足を使わせるペースでレースを進める。

直線でもうまく外目に持ち出して馬場と展開をうまく利用したベストなレースはできた。

勝ち馬は怪物級の強さだったため負けはしたものの、それ以外の馬は完封してマイルでの強さを再度見せる競馬ができた。

現状は1800mがギリギリな印象なため、牝馬3冠レースでの好走は微妙だろうが、マイルなら牡馬相手にも十分戦えそう。

今後のローテには要注目か。

3着 3 スマイルカナ

9人気 騎手:柴田 大知

回顧短評

かなりの勝負根性

逃げ宣言通り、スタートから出していって主導権を握る。

道悪を加味しても、かなりタイトなペースでレースを進めたにも関わらず、直線でも最後まで上位に喰らいつく根性ある走りを見せた。

メンタル面に強みがある馬のようで、自分の競馬ができれば馬場も不問ながら、距離も融通が利きそうに感じた。

同型がいないレースでは要注意な存在になりそうだ。

4着 11 クラヴァシュドール ◯対抗

6人気 騎手:M.デムーロ

回顧短評

脚力ある末脚

かなり後方からの競馬ではあったが、直線ではやや荒れた最内を力強く伸びてきて上位に迫った。

馬場や展開不問で末脚を発揮できる脚力があるようで、今後も高いレベルで上位争いを演じていきそう。

ただ、最後はやや疲れていたようにも見えたので、距離は現状マイルから中距離くらいが良いだろう。

5着 14 ミヤマザクラ ☆注目

7人気 騎手:福永 祐一

回顧短評

道悪がプラスに

直線での手応えはかなり微妙なように映ったが、それでもジワジワと脚を伸ばしてきて掲示板は確保。

キレはないものの、やはり持続力はかなりあるようなので、道悪はプラスに働いただろう。

距離は長い方が向いていそうで、オークスでもチャンスはありそう。

6着 4 サンクテュエール

3人気 騎手:C.ルメール

回顧短評

末脚は持続するも

好位集団の後ろでうまく流れに乗り、直線では長く末脚を持続するも、見せ場は作れず。

道悪がやや合っていないようにも見えたが、地力的にも上位勢には少し劣るか。

7着 10 フィオリキアリ

14人気 騎手:藤井 勘一郎

回顧短評

良い末脚を使う

近走と同様に後方待機の競馬で、この馬場でも良い末脚を使えていた。

それでも勝ち負けには程遠く、この相手では好走は今後も難しそう。

8着 5 マルターズディオサ △連下

5人気 騎手:田辺 裕信

回顧短評

道悪微妙か

好位からの競馬で、この馬らしい堅実な運びはできたが、直線での伸びはほとんどなかった。

近走は確実に末脚を使えていただけに、道悪はあまり得意ではないのかもしれない。

9着 18 エーポス

11人気 騎手:岩田 康誠

回顧短評

少し距離長いか

中団からレースを進め、直線で一瞬伸びかけようとするも、前走のような末脚は発揮されなかった。

馬場に脚を取られた面もあるだろうが、現状は距離も少し長かったかもしれない。

10着 8 リアアメリア

4人気 騎手:川田 将雅

回顧短評

しばらくは様子見か

今回は中団からレースを進められたが、道悪にも苦労した感じで力なく敗退。

デビュー当時に見せた素質の高さは陰に隠れたまま。

しばらくは様子見が妥当か。

11着 2 チェーンオブラブ

16人気 騎手:石橋 脩

回顧短評

地力不足で

後方待機から大外一気を狙うこの馬の競馬はできたが、目立った末脚は見られず。

道悪がどこまで影響したかは不明だが、この相手に追い込み一辺倒ではさすがに力不足のようだ。

12着 13 マジックキャッスル ▲単穴

8人気 騎手:浜中 俊

回顧短評

道悪適性なく

勝ち馬の直後でレースを進めたが、直線では近走のようなキレのある走りは見られなかった。

道悪は苦手なようで、今後も力のいる馬場では力を発揮できないだろう。

13着 16 ケープコッド

18人気 騎手:岩田 望来

回顧短評

末脚平凡

後方待機からの競馬であったが、直線で目立った末脚は見られなかった。

距離や地力など、様々な敗因が考えられるが、いずれにしても現状はここで通用するような力はなさそう。

14着 12 インターミッション

13人気 騎手:石川 裕紀人

回顧短評

モタついた走り

渋った馬場は悪くないと見ていたが、直線ではかなりモタついた走りで弾けるような気配はなかった。

前目で競馬しないと厳しいだろう。

15着 7 ヒルノマリブ

15人気 騎手:北村 友一

回顧短評

馬場こなせず

後方追走から直線では上手く内をすくったが、馬場に脚を取られた感じで逆に失速する形に。

力のいる馬場は向いていない。

16着 6 ウーマンズハート

10人気 騎手:藤岡 康太

回顧短評

軽い芝が良い

前走は少し復調気配を見せたが、重馬場となった今回は本来の走りができなかった感じ。

やはり速い時計の出る軽い馬場の方が向いている印象で、坂のあるコースも合ってなさそう。

重賞勝ちのある新潟や京都で走るなら再注目したい。

17着 1 ナイントゥファイブ

17人気 騎手:松田 大作

回顧短評

距離持たず

最内枠を活かしてロスのない競馬はできたが、勝負所で追走が苦しくなった。

道悪も相まって、現状はこの距離をこなすだけのスタミナはなかったようだ。

18着 15 ヤマカツマーメイド

12人気 騎手:池添 謙一

回顧短評

スタミナ切れ

好位で競馬を進めるも、直線入り口で手応えがなくなる。

マイルがギリギリなことに加えて、力のいる馬場にもスタミナを奪われた模様。

現状では短距離が良さそう。

予想印-結果

◎ 本 命  1着

9 デアリングタクト

〇 対 抗  4着

11 クラヴァシュドール

▲ 単 穴  12着

13 マジックキャッスル

△ 連 下  8着

5 マルターズディオサ

☆ 注 目  4着

14 ミヤマザクラ

次走巻き返し期待馬

レシステンシア

ポイント

マイル以下なら

スマイルカナ

ポイント

逃げたら怖い

クラヴァシュドール

ポイント

地力上位

マジックキャッスル

ポイント

良馬場で

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)
-

© 2021 J競馬salon