全頭評価(旧)

【大阪杯2020】予想・全頭評価

2020-04-05

当レースの結果はコチラ【大阪杯2020】全頭結果回顧

牝馬のワンツーで決まった今年の大阪杯。 内容的にも一流の牡馬たちを上回った凄みのある走りで完全に上回っていた印象。 アーモンドアイやカレンブーケドールなどと共に ...

続きを見る

近走が好調な実力馬が結集し、頭数こそ少なくなったものの、かなり見ごたえのあるG1レースとなりそう。

確たる逃げ馬は不在だが、有力馬の多くは自在性があり、どんな展開でも対応してきそう。

有力馬は実力的にも高いレベルで拮抗しているため、鞍上同士の駆け引きがこれまで以上に重要となってきそうだ。

全頭評価内容

1 ロードマイウェイ

6人気 騎手:武 豊

短評

コースは向く

2走前は同条件のG3を勝利。

内容も力でねじ伏せたような形で、能力もさることながら、コースの適性もかなり高そう。

一方で、今回は一気の相手強化となる。

素質は未知数な部分もあるが、現状では最内枠を活かしたロスの無い競馬でようやく勝負になるかという評価にとどめる。

鞍上も内を突くのは好騎乗があるのは、京都外回りがほとんどという印象。

阪神内回りでは無難な立ち回りをしそうではある。

2 サトノソルタス

9人気 騎手:藤岡 康太

短評

どこまでやれるか

前走の金鯱賞は一気の相手強化となったが、3着に好走。

一方でスローな展開で先行した利が大きかったようにも感じる。

現にG1馬のサートゥルナーリアとの力は歴然だった。

今回の相手もそれに匹敵する馬が多く、勝負になるかは疑問。

3 ブラストワンピース ◎本命

3人気 騎手:川田 将雅

短評

この枠なら

実力は現役屈指ながらも、好走にはある程度条件に注文が付く馬。

札幌記念を勝った時のように、大型馬の割に器用さがあるので、小回りコース内枠はかなりの好材料。

スピード勝負だと分が悪いが、現在のやや時計の掛かる馬場なら問題なし。

好材料の多い今回は、鞍上のG1不調を払拭すれば、勝利に最も近いと見る。

4 ワグネリアン △連下

4人気 騎手:福永 祐一

短評

堅実性で

昨年は全4走で連対こそなかったものの、超一線級の相手続きでも掲示板は外していない。

じっくりと使われてきているローテも好印象。

勝ち切るには展開の助けも必要な感じもあるが、ここでも大崩れはしないだろう。

鞍上も土曜に5勝と勢いがあり、上手く噛み合えば今回は勝ち負けまであるかもしれない。

5 ラッキーライラック ▲単穴

2人気 騎手:M.デムーロ

短評

ピーク継続中

昨年の秋から完全に本格化した印象で、前走も2着ではあったがその状態をキープした強い内容だった。

ピークに入ってからは、スローな展開にも対応できるようになり、ペースは不問な感じ。

混戦のここでも力を出しきれずに終わるという可能性は低そう。

勝負根性はかなりある馬なので、混戦となっている今回は勝ち負けまで期待できる。

6 レッドジェニアル

12人気 騎手:酒井 学

短評

末脚は魅力

近走は展開が向かないこともあって好走はしていない。

それでも、毎度この馬の末脚はきっちり使えている。

今回はさらなる相手強化となるが、ある程度ポジションが取れて脚比べの展開となればチャンスはあるかもしれない。

7 ステイフーリッシュ

10人気 騎手:岩田 康誠

短評

展開は向きそう

確たる逃げ馬がいないメンバー構成のため、楽に先手がとれてこの馬の競馬はしやすそう。

一方で、G1級の相手となると地力的にやや足りない印象で、逆に好位につける有力馬たちの餌食にされそうな感じもある。

しかし、現在G1で絶好調の矢作厩舎の馬ということで、完全に無視はできない面もある。

8 ダノンキングリー

1人気 騎手:横山 典弘

短評

能力随一も

昨年から古馬をも上回る能力を見せ、今年の始動戦も強力メンバー相手に完勝。

ここでも能力は最上位の1頭だろう。

しかし、速い時計の出る1800mでのパフォーマンスが高すぎて、距離延長は微妙な印象。

スタミナを要する阪神2000mはガス欠の懸念もあり、割引が必要か。

オカルトではあるが、ダノンのG1の呪い継続中なことも不安。

9 マカヒキ

7人気 騎手:L.ヒューイットソン

短評

条件は合う

昨年は0.2秒差の4着に好走しているようにこの条件は得意。

やや力のいる馬場で時計もそこまで速くなりそうにないという面でも昨年と条件が似ている。

一方で、使える脚はそこまで持続はしない感じ。

初コンビとなる鞍上は積極的というか、早めに動いていく印象のある騎手。

この馬の持ち味が十分に発揮されないかもしれないという懸念もある。

10 ジナンボー ☆注目

11人気 騎手:藤岡 佑介

短評

着実に成長

G1初挑戦となった2走前のジャパンカップでは道悪もあって大敗を喫した。

しかし、前走は前崩れの展開で先行しながらも上位争いを演じる底力を見せた。

まだまだ成長を見せている馬で、この相手でも良馬場で臨めるならチャンスはあると予想。

11 カデナ

8人気 騎手:鮫島 克駿

短評

この相手では

G3では相変わらず活躍を続けているが、昨年もそんな状況でG1では全く通用せず。

追い込み一辺倒ということもあり、G1級の相手では厳しいのではという評価。

12 クロノジェネシス ◯対抗

4人気 騎手:北村 友一

短評

古馬になり更に上昇

古馬初戦となった前走は、馬体・レース内容ともに3歳時から更に成長を見せたものであった。

大外枠ではあるが、この頭数ならロスも少なく、むしろスムーズにレースを運べそうでかえってプラスとなりそう。

他の有力馬が内で牽制しあっている間に、外枠を利して抜け出すという場面も十分考えられそう。

予想印

◎ 本 命

3 ブラストワンピース

〇 対 抗

12 クロノジェネシス

▲ 単 穴

5 ラッキーライラック

△ 連 下

4 ワグネリアン

☆ 注 目

10 ジナンボー

前走からの巻き返し期待馬

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon