全頭結果回顧(旧)

【大阪杯2020】全頭結果回顧

2020-04-05

当レースの予想はコチラ【大阪杯2020】予想・全頭評価

近走が好調な実力馬が結集し、頭数こそ少なくなったものの、かなり見ごたえのあるG1レースとなりそう。 確たる逃げ馬は不在だが、有力馬の多くは自在性があり、どんな展 ...

続きを見る

牝馬のワンツーで決まった今年の大阪杯。

内容的にも一流の牡馬たちを上回った凄みのある走りで完全に上回っていた印象。

アーモンドアイやカレンブーケドールなどと共に、今年は牝馬たちが古馬中距離路線を席巻していく。

そんな予見をさせてくれる結果となった。

全頭結果回顧

1着 5 ラッキーライラック ▲単穴

2人気 騎手:M.デムーロ

回顧短評

勝ちに行く競馬を体得

道中は好位の内でしっかりと脚を溜める。

勝負所でも慌てずに仕掛けのタイミングを探り、ゴーサインが出てからの反応の良さはさすがの一言。

鞍上の好騎乗もさすがだが、それにキッチリと応える馬も素晴らしかった。

昨年秋から、勝つ競馬の形を馬が覚えたような感じもある。

今後も勝負強い騎手を確保できれば、連勝の可能性も十分だろう。

2着 12 クロノジェネシス ◯対抗

4人気 騎手:北村 友一

回顧短評

正攻法で強い競馬

スタートは5分でも、出脚がついてスンナリと3番手を確保。

大外枠を活かしたスムーズな運びに、馬もしっかりと呼応していた。

直線でもしっかりと末脚を発揮したが、最後はより上手く立ち回った勝ち馬に屈した。

それでも、正攻法の競馬でここまでやれたのは能力の高さの証。

勝ち馬とはほぼ地力差はなく、今後も安定した走りで活躍を続けそう。

3着 8 ダノンキングリー

1人気 騎手:横山 典弘

回顧短評

能力は確か

確たる逃げ馬が不在であったため、不本意ながら逃げた形に。

不慣れな展開でも、能力の高さでなんとか3着を確保。

最後に少し気を抜いた感じもあり、距離はやはり1800mがベストか。

それでも、今回はマークされる形だったので、先着を許した2頭とは位置取りが逆なら結果も変わっていたかもしれない。

中距離で現在の強力な牝馬たちに立ち向かえる牡馬はこの馬が筆頭だろう。

今回の経験も糧にして、次走以降の巻き返しに期待したい。

4着 11 カデナ

11人気 騎手:鮫島 克駿

回顧短評

末脚発揮なら

各馬が4コーナーで勝負に出る中、馬の末脚を活かそうと執拗に内を狙い続けたことが功を奏した。

やはり末脚は良いものを持っており、勝負を焦らなければ確実に脚を伸ばせるようだ。

今回は上位3頭に及ばなかったが、後ろ有利の展開であれば、今後はG1でも勝負になりそう。

5着 4 ワグネリアン △連下

5人気 騎手:福永 祐一

回顧短評

悪くない走りだが

勝ち馬をマークするような形でレースを進めたが、直線での反応に差が出てしまった。

なんとか末脚を維持して掲示板は確保するも、上位争いを演じるような走りはできず。

残念ながら、現在のスタイルの競馬だと今回でほぼ格付けが済んだ感じに思える。

今後も堅実な走りは続けそうだが、勝ち負けまでは期待できないだろう。

6着 10 ジナンボー ☆注目

9人気 騎手:藤岡 佑介

回顧短評

最後は地力差か

逃げ馬と並ぶ形で積極的な競馬はできた。

最後は現役屈指の実力馬たちの地力に屈した形となったが、直線半ばまでは抵抗できた内容は評価したい。

5歳ではあるが、今回がまだ10戦目。

血統的にも伸び代は十分期待できると思うので、今後も重賞で力をつけて再度G1に挑んでほしい。

7着 3 ブラストワンピース ◎本命

3人気 騎手:川田 将雅

回顧短評

条件活かせず

スタート後に好位を取りに行く姿勢はあったが、今回も出脚がつかず中団からの競馬に。

想定内ではあるが、相手関係を考えると外から捲くっていく競馬では分が悪かった。

キレるタイプではないため仕方ない面もあるが、もう少し枠を活かしてインにこだわる競馬をしてほしかった。

8着 6 レッドジェニアル

12人気 騎手:酒井 学

回顧短評

力不足か

今回はいつもより前目でレースを進められたが、直線での脚比べではやや劣っていた。

重賞での走りはそこまで悪くは無いが、現状ではG1だと力不足感が否めない。

9着 7 ステイフーリッシュ

8人気 騎手:岩田 康誠

回顧短評

持ち味出せず

スタートで後手を踏んだため、今回は中団からの競馬に。

強力メンバー相手に自分の形の競馬ができなかったこともあり、今回は見せ場がなかった。

G3あたりなら今後もチャンスはありそうだが、G1となると荷が重そう。

10着 2 サトノソルタス

10人気 騎手:藤岡 康太

回顧短評

厳しい展開に

中団からレースを進めたが、勝負所で外を回される厳しい展開に。

ただでさえ地力差のある相手にこの競馬では全く勝負にならなかった。

末脚も平凡だったので、好走するには近走と同様にある程度ポジションを取って行く必要がありそう。

11着 9 マカヒキ

7人気 騎手:L.ヒューイットソン

回顧短評

溜めないと厳しい

昨年の好走時と似たような展開に。

しかし、今回は積極的に動いていく競馬をしたことで、自慢の末脚は不発に終わった。

やはりギリギリまで脚を溜める形でないと上位争いには至れない感じ。

正攻法の競馬では力不足で、この馬のことを良く知っている鞍上でないと今後も好走は厳しいだろう。

12着 1 ロードマイウェイ

6人気 騎手:武 豊

回顧短評

不運な展開に

スタート後にひねるような形で躓いたこともあって後方からの競馬に。

それでも道中の雰囲気は良い感じで、脚も問題ないように見えた。

しかし、勝負所でギアを上げたタイミングが最悪で、4コーナーでかなり外を回って脚を使い切ってしまった。

これでは全く勝負にならず、せっかくの最内枠を活かせずに終わった。

瞬時の判断で難しい面はあるが、今回ばかりは鞍上のミスも大きかったように思う。

ほとんどの面で噛み合わないレースであったため、この結果に悲観せずに次走に向かってほしい。

予想印-結果

◎ 本 命  7着

3 ブラストワンピース

〇 対 抗  2着

12 クロノジェネシス

▲ 単 穴  1着

5 ラッキーライラック

△ 連 下  5着

4 ワグネリアン

☆ 注 目  6着

10 ジナンボー

次走巻き返し期待馬

ラッキーライラック

ポイント

完全に本格化

クロノジェネシス

ポイント

安定した強さ

ダノンキングリー

ポイント

控える競馬で

ジナンボー

ポイント

成長に期待

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)
-

© 2021 J競馬salon