全頭評価(旧)

【中山記念2020】予想・全頭評価

2020-03-01

当レースの結果はコチラ【中山記念2020】全頭結果回顧

やや縦長のレース展開となったものの、メンバーのレベルを考えれば、そこまでタフな流れではなかった。 ほぼ実力通りに決着した印象ではあるが、適性の差が出た馬や、叩き ...

続きを見る

出走頭数こそ少ないものの、過半数がG1馬という豪華メンバーとなった。

有力馬たちも似たようなタイプがおらず、中山コースということもあり、実力派メンバー揃いでも展開的に面白いレースとなりそう。

全頭評価内容

1 インディチャンプ

3人気 騎手:福永 祐一

短評

距離が課題

今が充実期という感じで、今回の調教内容からも絶好調といった状態。

それでも、やはり距離に懸念があるように思われ、今回は軽視したい。

長い脚比べとなった昨年のマイラーズカップや、今回と同じ距離の毎日王冠では、勝つ時と比べて明らかにパフォーマンスが落ちている。

今回は飛ばして行く馬がいて、早めに動く展開となりそうなため、この馬には展開が向かないと予想する。

2 エンジニア

8人気 騎手:大野 拓弥

短評

相手強い

安定した末脚を発揮するタイプで、内枠も好材料だが、流石に今回の相手では荷が重いか。

3 ダノンキングリー ◎本命

1人気 騎手:横山 典弘

短評

能力は随一

昨年のクラシックを盛り上げた存在であり、能力も世代屈指。

前走は距離にも戸惑っての消化不良という感じであったので、まだまだ底は見せていない。

コースは東京がベストとは思うが、斤量の恩恵もある今回は、優れた能力を見せてくれると期待する。

4 ソウルスターリング

6人気 騎手:北村 宏司

短評

持久力戦では

古馬になってからはイマイチ伸び悩んでいる、スピードタイプの馬といった印象。

スタミナが問われるコース・展開である今回のレースは本質的に向いていないと予想。

5 ペルシアンナイト △連下

5人気 騎手:池添 謙一

短評

休み明けもOK

休み明けは微妙なタイプだが、内容自体はそこまで悪くはない走りをしている。

展開が流れそうな今回は、仕掛け所までしっかり溜めていく競馬ができれば、上位争いも十分可能と予想する。

6 マルターズアポジー

7人気 騎手:武士沢 友治

短評

逃げ脚衰え

以前のように、逃げ脚に勢いのないレースが続く。

今回もこの馬の競馬自体はできそうだが、結果を求めるのはもう厳しいか。

7 ラッキーライラック ◯対抗

2人気 騎手:M.デムーロ

短評

充実期続く

2歳女王ではあるものの、昨年のエリザベス女王杯でようやく本格化した印象を持つ馬。

昨年もほぼ勝ちに等しい走りをしたこの舞台であれば、崩れることは考えづらい。

香港でも牡馬の強豪相手にも通用する力を見せており、展開次第では勝ち負けも十分。

8 ウインブライト ▲単穴

4人気 騎手:F.ミナリク

短評

大得意の条件で

とにかくレース条件が重要というタイプの馬。

香港2000m、中山1800mという限られた舞台ではあるが、これらの条件なら世界レベルの強さを発揮する。

乗り慣れた鞍上からの乗り替わりは痛いが、それでもこの条件なら好走は必至だろう。

9 ゴールドサーベラス ☆注目

9人気 騎手:横山 和生

短評

後方から漁夫の利

この相手だと地力は足りていないと思うが、展開的には着拾いはできそう。

速い流れで持久力戦となりそうなため、後方から行くこの馬にはありがたい展開となりそう。

中山コースも向いているので、後方で溜めて漁夫の利を狙ってほしい。

予想印

◎ 本 命

3 ダノンキングリー

〇 対 抗

7 ラッキーライラック

▲ 単 穴

8 ウインブライト

△ 連 下

5 ペルシアンナイト

☆ 注 目

9 ゴールドサーベラス

前走からの巻き返し期待馬

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon