予想・全頭評価

マーメイドS2020【予想・全頭評価】荒れる重賞!でも今年は…

2020-06-14

当レースの結果はコチラマーメイドS2020【全頭結果回顧】前残りの競馬で伏兵サマーセント快勝!

第25回マーメイドステークス:結果回顧総評 想定よりも馬場が回復して稍重馬場で行われた2020年のマーメイドステークス。 勝ったのは前残りの展開と馬場をしっかり ...

続きを見る

第25回マーメイドステークス:レース展望

マーメイドステークスは荒れることが多いレースですね。

ハンデ戦であることや、阪神2000mという牝馬にとってはタフな舞台であることなどがそうさせてるのでしょうか。

加えて今回は重馬場見込み。

J-batai
2020年のマーメイドステークスも荒れそうな気配はあるね
抜けた存在がいないし、馬場への対応力が大きなカギを握りそう
takumi

差し・追い込み馬の多いメンバー構成ですが、ハナを主張したい馬もいるため、展開的にも不透明な面が大きいように思います。

例年通りということになりますが、今年も馬券的には手広く抑えておいたほうが良いでしょうね。

全頭評価:個性値

個性値評価とは?

想像よりも人気通りの評価に近くなりました。

今年は人気馬よりも穴馬の方が不安要素が多い気がします。

荒れる重賞ではありますが、今年は意外と順当に決まる可能性もありそうですね。

注目の「馬場」ですが、過去の実績と脚質を考慮すると得点差がバラけましたね。

重馬場経験自体が少ない馬もいるため、馬場さえこなせば総合点では上位という馬も何頭かいます。

個性値的にも、各馬の「馬場」適性次第で序列が変わってきそうです。

他に気になる要素は「騎手」ですかね。

ハンデを考慮して得点をつけましたが、例年以上に若手騎手が多い中、福永騎手や川田騎手などのトップジョッキーがいますからね。

外国人騎手はいませんが、終わってみれば鞍上の差がでたか…なんてこともあるかもしれません。

全頭評価:内容

2走前の中山牝馬Sでは格上挑戦ながら、不良馬場を味方につけて2着に好走。

重馬場が見込まれるここでは、馬場への不安が最も少ない馬ではないでしょうか。

最内枠で同型も少ないため、展開的にもかなり向くと見ています。

前走の福島牝馬Sは見せ場こそありませんでしたが、差し決着になったこともあり、走り自体は悪くなく、良い状態をキープしていると思います。

丸2年掲示板にも載っておらず、不本意な結果続きの馬ですが、近走は馬場が良ければ良い末脚を使っていますね。

ただ、それだけに重馬場はやや割引が必要な気がします。

重馬場での勝利実績はありますが新馬戦ですし、ディープインパクト産駒ということもあって、本来は良馬場向きだと思います。

また、今回は同型も多く、スムーズさを欠く懸念もあります。

格上挑戦ながら、好材料がかなり多いレースではないでしょうか。

道悪実績もあるし、同型も少なく、コースも比較的得意。

各適性を味方につければ、地力不安をカバーして上位争いは可能でしょう。

鞍上の藤田騎手もこの馬と相性が良いですし、軽ハンデを活かして積極的な競馬を期待したいところです。

近走の走りを見てもパワータイプであることは間違いなさそうで、重馬場の阪神はかなりプラスになりそうです。

それでも3勝クラスで見せ場の少ないレースが続いているように、地力や状態の面では不安が大きいと思います。

好走するには、やはりどれだけ馬場を味方につけられるかですね。

軽ハンデですし、いつもより前目で競馬ができればチャンスはあるのでは。

牝馬限定重賞を連戦し、持ち味である末脚を活かした競馬を続けています。

ただ、今回の馬場では脚質的にかなり不利でしょうね。

キレを活かすタイプですし、重馬場でも内目がいいですし、直線で大外に回りがちなこの馬には厳しいレースとなりそうです。

距離もマイル前後が良いように思います。

跳びが大きめなタイプなだけに、道悪や同型の多い展開はかなり不安ですが、その他の要素は今回の条件にあっていそうですね。

近走は結果は出ていませんが、着差や内容自体はそこまで悪くはないですし、状態は維持できているでしょう。

好位で競馬ができれば最もチャンスがある馬だと思います。

脚力のあるタイプなので、時計の掛かる今回の馬場は向いていそうです。

やや後ろからポジションになりがちな馬なので、展開や内回りコースに懸念がありますが、その他の要素は比較的安定しているでしょう。

川田騎手が52kgで乗りますし、勝負所さえスムーズなら上位争いは濃厚だと思います。

前走の福島牝馬Sは上手い立ち回りもありましたが強いメンバー相手に2着し、状態はかなり良さそうです。

同型の少ない今回も展開が向きそうではありますが、馬場に不安があるように思います。

ステイゴールド産駒ではありますが、実績的には軽い芝の方があっているタイプですかね。

その他の要素は比較的安定しているので、馬場さえこなせば怖い1頭になると思います。

こ年のマーメイドステークスの覇者ということで、この条件が合うのは言うまでもないでしょう。

道悪も苦にしないタイプですし、総合的には最も期待できる馬です。

懸念があるとすれば同型の多い展開ですかね。

阪神はまだ内目の馬場も良いですし、4コーナーでの運びがカギを握りそうです。

近走は重賞でも上位に離されない走りをしていますが、ちょっと足りない感も否めない感じです。

また、実績的には道悪は大きなマイナス要素で、今回は馬場に泣きそうな気がします。

前走は恵まれた展開ながらも久々の勝利を収めて復調気配を見せています。

2000mも向いていて、同型が少なく理想に近い展開で競馬ができそうです。

それでも、このメンバー相手だとやはり地力不足感が否めないですね。

道悪も微妙で平坦コースの方が良さそうなタイプのように思いますし、ここは条件が合わない気がします。

時計の掛かるレースの方が向いているタイプで、今回の「馬場」や「距離」はプラス材料でしょう。

一方で近走の3勝クラスでのレース内容からすると、地力にはやや不安があります。

脚質的にも地力のある同型が多く、難しい競馬になりそうです。

実績的には2000mがベストな馬だと思います。

先行脚質も今回のメンバー構成と馬場を考えれば有利でしょう。

ただ、力のいる馬場や道悪適性自体はあまりない馬なので、過度な期待はできないと見ています。

エアジーンと同様に脚力のあるタイプなので、馬場への対応は問題ないと見ています。

ゆったりと進められるこの距離も良く、近走も走り自体は安定しています。

今回最も懸念されるのは展開ですかね。

同型が多く、内目で脚を溜めていけない可能性が高そうです。

まだ内目の良い馬場であるだけに、今回は外枠に手を焼きそうな気がします。

距離延長や重馬場はプラスになりそうですが、近走の内容がかなり悪いですね。

中3週ですし、一気に復調するイメージはあまり湧きません。

やや後ろからレースを進めるタイプですし、このメンバー構成と外枠では展開的にも向かないと思います。

牝馬限定重賞で息の長い活躍を続けている馬ですね。

今回はハンデにも恵まれましたし、近走の雰囲気も悪くはありません。

ただ、スタミナに長けたタイプではあるんですが、実績的には道悪は微妙な気がするんですよね。

阪神コースの経験は少ないですが、[0,0,0,3]なのでやや不安です。

大外枠もロスの多い競馬になってしまいそうですかね。

予想印(個性値上位5頭)

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-予想・全頭評価

© 2021 J競馬salon