全頭結果回顧(旧)

【マーチステークス2020】全頭結果回顧

2020-04-05

当レースの予想はコチラ【マーチステークス2020】予想・全頭評価

悪天候により日曜日から火曜日へ、2日間延期されての1戦。 G1での好走実績がある馬はほぼいないが、ダートのオープンクラスでは息の長い活躍を続ける実力派が揃ったと ...

続きを見る

有力馬が早めに動く展開となり、予想以上にタフなレースとなった。

上位争いを演じた馬は、上手く立ち回った馬以外はスタミナに自信があるタイプが多かった印象。

そういった中でも上位2頭の力は際立っており、今年のダートG1でも活躍していける器ではないだろうか。

全頭結果回顧

1着 12 スワーヴアラミス ◯対抗

1人気 騎手:藤岡 康太

回顧短評

脅威的な粘り腰

淀みないペースを番手で追走。

直線手前でクリンチャーが並びかけてきて、勢いは相手がかなり優勢な状況。

それでも直線半ばからは勝負根性に火が点いたのか、驚異的な粘り腰を見せて、重賞初タイトルを手にした。

ハーツクライ産駒らしく、5歳となった今、更に本格化した印象。

今年のダート一級線を脅かしていく存在となりそうだ。

2着 2 クリンチャー ▲単穴

4人気 騎手:石橋 脩

回顧短評

ダートは走る

初ダートであった前走と同様に、今回も後方からの競馬。

大外をまくっていく形となったが、最後まで勢いを維持して、力のあるところをアピールした。

トップハンデを感じさせない走りで、ダートなら今後もかなりの活躍が見込めそう。

3着 4 レピアーウィット

8人気 騎手:石川 裕紀人

回顧短評

後方待機もOK

後方待機ではあまり好走実績がなかったが、今回は揉まれない形となったことが功を奏したか、直線では鋭い末脚で追い込んで3着を確保。

馬群を避けて、マイペースでレースを進めれば、能力以上の走りができそうな印象。

4着 13 アシャカトブ

5人気 騎手:武藤 雅

回顧短評

勝ち馬をマークするも

終始勝ち馬の直後でレースを進めるも、直線入り口での反応にやや差があり、力の違いが出た形となった。

それでも、最後まで自分の脚は持続できている。

オープン昇級後の初戦としては、ある程度目処の立つ走りはできただろう。

5着 15 メイショウワザシ ☆注目

6人気 騎手:柴田 善臣

回顧短評

持ち味は発揮

勝負所でのペースアップがやや早いタイミングだったこともあり、逃げ馬には厳しい展開に。

それでも、持ち前のスタミナを活かしてなんとか掲示板は確保。

G1ではやや力不足となりそうだが、G3くらいのメンバー相手なら今後も好走を期待できそう。

6着 7 コマビショウ

7人気 騎手:津村 明秀

回顧短評

末脚は持続

勝負所から、かなり長い脚を使わされる展開となったが、末脚はゴール手前まで持続できていた。

それでも、上位馬とは決め手に差があり、この距離ではややスピード不足のようにも感じた。

距離延長か、地方のダートの方が可能性を感じる。

7着 16 ナムラアラシ

10人気 騎手:内田 博幸

回顧短評

仕掛け所次第では

いつも通り後方待機での競馬。

今回は、結果的にはポジションを上げるタイミングが少し遅れ、前を捉えきるに至らなかった印象。

直線一気で勝ちきれるほどの末脚は無いようなので、今後も好走するにはある程度展開に注文が付きそう。

8着 8 テーオーフォース △連下

12人気 騎手:鮫島 克駿

回顧短評

スタミナ活かすも

スタミナと軽量を活かそうと、勝負所手前からいち早く動き出したが、地力的に通用しなかった感じ。

末脚は非常に長く持続し、今回もスタミナは十分というレースをしていたので、やはり更に長い距離の方がチャンスはありそう。

9着 5 タイムフライヤー ◎本命

3人気 騎手:F.ミナリク

回顧短評

マイルがギリギリか

道中は終始内を回るロスの無い競馬で、折り合いもバッチリだった。

それでも、直線の伸びが全くなかったのは、距離の要因が大きいか。

本来の末脚・能力なら、あそこからでも十分に上位を狙えたはず。

距離はマイルがギリギリなのだろう。

10着 14 メイショウスミトモ

16人気 騎手:勝浦 正樹

回顧短評

実力通りの結果

後方からの競馬。

上位争いを演じた馬と同じようなポジションでレースを進め、直線へもスムーズに運べていた。

それでも末脚は平凡であったため、この相手では力が足りなかった。

11着 10 ローズプリンスダム

11人気 騎手:大野 拓弥

回顧短評

中団待機では

今回は両隣に逃げ馬がいたため、いつもより後ろのポジションでの競馬に。

直線では目立った末脚は見られず。

中団待機の競馬では分が悪い印象。

決め手のない馬なので、前に行って持続力を活かす競馬でないとチャンスがなさそう。

12着 3 サンマルデューク

14人気 騎手:武士沢 友治

回顧短評

これが精一杯か

最後方待機から、直線大外ぶん回しの競馬。

現状ではこの競馬以外はできない感じなので、今後も好走するには前崩れの展開待ちだろう。

13着 6 ルールソヴァール

15人気 騎手:吉田 豊

回顧短評

実戦不足な印象

勝負所のペースアップに最もついていけなかったように見えた。

近年の実戦不足がモロに出た感じで、叩いて変わり身を見せる可能性はゼロではないようにも感じた。

14着 11 テルペリオン

13人気 騎手:横山 武史

回顧短評

少し忙しい感じも

逃げ馬の直後のポジションを追走して、この馬の形で競馬はできていたが、勝負所でのペースアップにややついていけなかった感じ。

直線では詰まる場面もあったが、余力はあったように見えた。

地方や長い距離を使い続けた影響もあってか、1800mではやや忙しかったかもしれない。

15着 9 リアンヴェリテ

15人気 騎手:柴山 雄一

回顧短評

休み明けもあって

スピードのあるこの馬にとってそれほど厳しいペースでの逃げではなかったと思うが、直線に入る前に後続に飲まれる競馬となった。

休み明けの影響も感じさせる一方で、スピードを活かすには更に短い距離の方が良いのかもしれない。

16着 1 ワイルドカード

2人気 騎手:北村 宏司

回顧短評

スタミナ切れか

終始好位の内を追走し、理想的なレース運びができたように見えたが、直線手前で一杯に。

やはりマイル以下がベストという感じで、この距離だとスローの瞬発力でないと厳しいだろう。

予想印-結果

◎ 本 命  9着

5 タイムフライヤー

〇 対 抗  1着

12 スワーヴアラミス

▲ 単 穴  2着

2 クリンチャー

△ 連 下  8着

8 テーオーフォース

☆ 注 目  5着

15 メイショウワザシ

次走巻き返し期待馬

クリンチャー

ポイント

ダート強い

タイムフライヤー

ポイント

マイルで

ワイルドカード

ポイント

マイル以下で

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)
-

© 2021 J競馬salon