全頭結果回顧(旧)

【京都記念2020】全頭結果回顧

2020-02-22

当レースの予想はコチラ【京都記念2020】予想・全頭評価

続きを見る

特殊な馬場でのレースではあったが、実力馬がそのまま力を見せつける結果に。

上位2頭は今後も牝馬の枠に囚われない走りで古馬戦線を盛り上げて行きそうだ。

全頭結果回顧

1着 7 クロノジェネシス

1人気 騎手:北村 友一

回顧短評

馬場も距離も対応

戦前はスタミナを疑問視していたが、+12kgの馬体重が示すように、古馬になってさらにパワーアップしてきた。

安定したレース内容で競馬自体も上手くなったので、今年の古馬戦線ではかなり活躍が見込めそう。

2着 1 カレンブーケドール ◎本命

2人気 騎手:津村 明秀

回顧短評

差はない

勝ち馬とは位置取りの差だけで、展開ひとつで逆転は十分可能に見えた。

ここはドバイへの叩きであったことは明らかなため、こちらも今年の競馬界を大いに賑わせてくれそう。

3着 5 ステイフーリッシュ △連下

3人気 騎手:岩田 康誠

回顧短評

安定感はある

今回も重賞での安定感を見せつける走りではあった。

一方で、G1級の上位2頭とはやはり力に差があった。

今後も崩れはしないが勝つまではいかないというレースが続きそう。

4着 9 ノーブルマーズ ☆注目

5人気 騎手:A.シュタルケ

回顧短評

力のいる馬場なら

惜しくも馬券内は逃したが、それでも近走と比べるとレース内容は良化していた。

やはり力のいる馬場、時計の掛かる決着向き。

今後もこういった条件でのレースでは注目したい。

5着 6 アルメリアブルーム ◯対抗

4人気 騎手:S.フォーリー

回顧短評

外に持ち出せば

直線ではこの馬の脚を使えてはいたが、馬場の5分どころまでしか持ち出せず伸びきれなかった印象。

来月で引退予定ではあるが、末脚を活かせる展開なら最後にチャンスはあるだろう。

6着 4 アメリカズカップ ▲単穴

7人気 騎手:和田 竜二

回顧短評

ややスタミナ切れ

力のいる馬場はしっかりこなしていた。

しかし、本質的に少し距離が長かったのか、直線では思ったより粘りを欠いた。

もう少し短い距離での道悪で見直したい。

7着 2 プリンスオブペスカ

8人気 騎手:藤井 勘一郎

回顧短評

長距離が良さそう

勝負所でやや追走に手を焼いた所を見ると、もう少し長い距離の方が良さそうな感じ。

この距離の重賞だとややスピード不足か。

8着 8 ドレッドノータス

6人気 騎手:坂井 瑠星

回顧短評

出遅れも響き

出遅れたことで、この馬の形である先行ができず。

そのまま馬場の悪い内に閉じ込められる苦しい展開で、厳しいレースとなってしまった。

9着 10 ガンコ

9人気 騎手:松田 大作

回顧短評

久々もあって

やはり休み明けの影響か、勝負所での反応がほとんどなく大敗。

叩いて変わる可能性も無くはないが、可能性としては低めか。

出走取消 3 クラージュゲリエ

-人気 騎手:川田 将雅

回顧短評

-

-

予想印-結果

◎ 本 命  2着

1 カレンブーケドール

〇 対 抗  5着

6 アルメリアブルーム

▲ 単 穴  6着

4 アメリカズカップ

△ 連 下  3着

5 ステイフーリッシュ

☆ 注 目  4着

9 ノーブルマーズ

次走巻き返し期待馬

カレンブーケドール

ポイント

叩いて上昇

ノーブルマーズ

ポイント

時計の掛かる勝負で

アルメリアブルーム

ポイント

末脚勝負で

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)

© 2021 J競馬salon