全頭結果回顧(旧)

【京都牝馬ステークス2020】全頭結果回顧

2020-02-24

当レースの予想はコチラ【京都牝馬ステークス2020】予想・全頭評価

メンバー自体は中々揃った印象だが、現在の京都の芝は痛みと道悪でかなり力のいる状態。 先週の小倉コースのように、より馬場への対応力をみせる馬が台頭してきそう。 全 ...

続きを見る

想定通りかなり力のいる馬場でのレースとなった。

ペースはややスローで流れたが、馬場に対応しきれなかった先行馬には厳しいレース。

後ろから進めた馬は、馬場に対応できた馬は能力を出し切れた感じ。

より馬場への対応力の差がでた結果となった。

全頭結果回顧

1着 17 サウンドキアラ ◎本命

1人気 騎手:松山 弘平

回顧短評

まさに充実期

道中は好位外目を追走し、直線では手応えよく大外に持ち出してそのまま突き抜ける完勝。

この馬場にもしっかり対応してみせた以上に、今がまさに充実期といった感じ。

今年は勝負の年となりそうで、今後のレースでは要注目だ。

2着 9 プールヴィル

6人気 騎手:岩田 康誠

回顧短評

更に成長

3ヶ月半の休養明けで+24kgの馬体。

重たい馬場をものともしない走りをしたことで、完全に成長分と見てとれる。

距離もこのくらいがベストな感じで、今後も重賞でも堅実な走りを続けていきそうだ。

3着 6 メイショウグロッケ

13人気 騎手:大野 拓弥

回顧短評

力のいる馬場は合う

道中で馬場の悪い内目を追走。

直線では余力を残していない馬が多い中、この馬だけは力強く伸びてきた。

メイショウサムソン×マンハッタンカフェという血統背景からしても、力のいる馬場は合っていそう。

競馬も上手いタイプであるため、パワーが問われるレースでは要注意の馬。

4着 12 アマルフィコースト

12人気 騎手:幸 英明

回顧短評

距離延長はプラス

1200m戦の前走と比べると、直線でしっかり加速できていた。

現状では1400~1600mがベストか。

この馬場にもしっかり対応できたことも収穫。

5着 2 ビーチサンバ

4人気 騎手:福永 祐一

回顧短評

再び控える競馬でも

馬場の悪い内枠からのスタートもあってか、今回は後方で控える競馬に戻す形に。

直線勝負に賭けたが、スローな展開もあって直線入り口ではかなり厳しい位置取りに。

それでも、上がり3ハロンメンバー最速タイを記録。

直線半ばからの伸びは素晴らしく、能力の高さは示した。

今後は前と後ろ、どちらからの競馬をメインにしていくかにも注目したい。

6着 10 ディメンシオン △連下

10人気 騎手:松田 大作

回顧短評

一列前なら

力のいる馬場にもしっかり対応して、直線でもソコソコ伸びていたため、この馬の力は出せた感じ。

上位とは少し力差を感じさせるも、スローで展開が向かない面もあった。

もう1列前で競馬できていれば、もう少し上位に迫れたかもしれない。

7着 13 シゲルピンクダイヤ ▲単穴

2人気 騎手:和田 竜二

回顧短評

コーナー不得手か

4コーナーの進み具合がかなりお粗末。

そのせいで直線入り口では厳しい位置になってしまった感じ。

先行していれば話は別だが、4コーナーから仕掛けていく競馬は苦手な模様。

直線での伸びは健在であったため、直線勝負に賭けられるような展開・コースならば巻き返しは十分可能だろう。

8着 5 リバティハイツ

14人気 騎手:松若 風馬

回顧短評

力は出せた

やや後ろの位置取りになるも、4コーナーから直線への運びも割とスムーズで、この馬の力は出せた感じ。

スローな展開もあって前とは差があったが、堅実な末脚は健在であった印象。

9着 8 プリディカメント ☆注目

11人気 騎手:川島 信二

回顧短評

展開向かず

後方待機から末脚に賭けるいつもの形でレースは進められたが、スローな展開に泣いた。

末脚もビーチサンバなどの他の同型よりも少し劣っていた感じ。

この相手だと能力的にも微妙か。

10着 11 ディアンドル

15人気 騎手:藤岡 佑介

回顧短評

立て直せず

好位から競馬するも、今回も良い所なく惨敗。

立て直しにはまだ時間がかかりそう。

11着 7 メイショウショウブ

8人気 騎手:四位 洋文

回顧短評

この馬場では

直線半ばまではこの馬のスピードを活かした競馬ができた。

しかし、この力のいる馬場では最後まで粘り込むことは難しかった。

軽い芝の短距離戦なら巻き返しが期待できそう。

12着 3 リナーテ

7人気 騎手:武 豊

回顧短評

馬場合わず

今回は好位で競馬できたが、力のいる馬場に対応しきれなかった印象。

こちらも軽い馬場でのレースで見直したい。

13着 14 ドナウデルタ

3人気 騎手:北村 友一

回顧短評

スムーズに運べず

相手強化や力のいる馬場の要因もあってか、いつもより後ろの位置取り。

4コーナーでの捌きもスムーズさを欠いてしまった。

地力・適性ともにまだ疑問符の付く部分が多い。

14着 4 メイショウケイメイ

17人気 騎手:酒井 学

回顧短評

力通りか

道中・直線ともにスムーズに運べたが、近走と同様に見どころなく敗退。

この馬に関しては実力通りの結果か。

15着 16 ノーワン ◯対抗

9人気 騎手:坂井 瑠星

回顧短評

脚溜まらず

外枠を活かした競馬ができず、脚を溜められない展開に。

直線では一瞬反応したように見えたが、やはり伸びはなく。

内々で脚を溜めていく競馬でないと好走は厳しいか。

16着 15 モアナ

16人気 騎手:A.シュタルケ

回顧短評

スタミナ不足

1400m自体がギリギリ対応できる距離。

加えて、この力のいる馬場では流石にスタミナが持たなかったという感じ。

1200m戦なら巻き返しもあるか。

17着 1 アルーシャ

5人気 騎手:C.ルメール

回顧短評

馬場こなせず

やはり最内枠が災いして、終始馬場の悪い所を通るハメに。

ほとんど実力を出しきれないレースとなった。

予想印-結果

◎ 本 命  1着

17 サウンドキアラ

〇 対 抗  15着

16 ノーワン

▲ 単 穴  7着

13 シゲルピンクダイヤ

△ 連 下  6着

10 ディメンシオン

☆ 注 目  9着

8 プリディカメント

次走巻き返し期待馬

プールヴィル

ポイント

更に成長

メイショウグロッケ

ポイント

パワー魅力

シゲルピンクダイヤ

ポイント

直線勝負なら

メイショウショウブ

ポイント

軽い芝で

リナーテ

ポイント

軽い芝で

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)
-

© 2021 J競馬salon