全頭評価(旧)

【共同通信杯2020】予想・全頭評価

2020-02-16

当レースの結果はコチラ【共同通信杯2020】全頭結果回顧

続きを見る

世代最強の一角と評される馬も出走するレース。

前評判通りの実力を見せるか、それとも近年のように新たなクラシック主役候補の誕生となるか。

いずれも十分あり得そうで、少頭数ではあるが楽しみなレースとなりそう。

全頭評価内容

1 エン

5人気 騎手:柴田 大知

短評

好材料は多く

内が伸びる東京コースで最内枠。

雨も降って馬場が悪化した点も、地方馬のこの馬にとっては良さそう。

力は未知数な部分が多いが、好材料自体は多い。

2 ビターエンダー △連下

6人気 騎手:F.ミナリク

短評

得意のコースなら

前走の中山コースでも良い走りをしていたが、未勝利を勝った東京コースでの走りの方が良く見える。

枠も内目を引けたので、立ち回り次第では上位を脅かす存在となりそう。

3 ココロノトウダイ

4人気 騎手:丸山 元気

短評

条件は向くが

長く良い脚が使えるタイプで、東京コースもかなり合いそう。

一方で、鞍上の最近の重賞での成績が低調で、内容も良くないことがかなりマイナス。

相手強化ともなるので、少しでも不安要素があるのなら軽視したい。

4 シングンバズーカ ◯対抗

7人気 騎手:柴田 善臣

短評

末脚が魅力

中々未勝利を勝ち上がれなかったが、どのレースでも脚力のある良い末脚を見せていた。

今回は一気の相手強化となるが、脚力のある差し脚が必要となってきた今の東京コースなら、この馬の活躍が十分にあると予想する。

5 アジュバント

9人気 騎手:幸 英明

短評

ダート向きか

これまでの芝レースでは、他の馬と比べて適性で劣る感じ。

ダートでも着順を落としている現在の調子からしても、今回はかなり厳しそう。

6 ダーリントンホール ◎本命

3人気 騎手:C.ルメール

短評

総合力高い

新馬勝ち以降は惜しいレースが続くが、内容的にはまだ奥がありそうな感じで総合力も高そう。

直線の長いコースも初だが、これまでのレースより力を発揮できそう。

未知の力にも期待して今回はこの馬に注目する。

7 フィリオアレグロ ☆注目

2人気 騎手:M.デムーロ

短評

道悪なら

サトノクラウンの半弟。

新馬戦での走りをみても本質的にはスタミナが問われる勝負の方が良さそうな感じ。

今回も少し馬場が渋っているため、地力自体は未知数だが、チャンスは十分にありそう。

8 マイラプソディ ▲単穴

1人気 騎手:武 豊

短評

位置取りがカギ

これまでのレース内容からしても力は抜けている印象。

一方で、道悪で内も伸びる現在の馬場では、位置取りが後ろすぎると前を捉えきれない懸念もある。

スタートもあまり速く無いため、今回も後ろからの競馬が濃厚。

今年の3歳重賞の流れからしても、過信は禁物な気もする。

9 シコウ

8人気 騎手:木幡 巧也

短評

実力不足か

近走は特に不利のない競馬ができているが、それでも大敗続き。

今回も展開は向きそうだが、地力的に好走気配は薄い。

予想印

◎ 本 命

6 ダーリントンホール

〇 対 抗

4 シングンバズーカ

▲ 単 穴

8 マイラプソディ

△ 連 下

2 ビターエンダー

☆ 注 目

7 フィリオアレグロ

前走からの巻き返し期待馬

該当馬なし

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon