全頭結果回顧(旧)

【共同通信杯2020】全頭結果回顧

2020-02-22

当レースの予想はコチラ【共同通信杯2020】予想・全頭評価

世代最強の一角と評される馬も出走するレース。 前評判通りの実力を見せるか、それとも近年のように新たなクラシック主役候補の誕生となるか。 いずれも十分あり得そうで ...

続きを見る

逃げ馬不在で各馬が牽制し合った結果、超スローペースに。

道中の位置取りで結果が決まったようなレースで、ここでは突出した力を見せた馬はいなかった。

それでも、上位2頭の叩きあいは見応えがあり、特に勝ったダーリントンホールは苦しい状況から差し返して見せた.

今後も接戦では強い競馬をしそう。

全頭結果回顧

1着 6 ダーリントンホール ◎本命

3人気 騎手:C.ルメール

回顧短評

かなりの勝負根性

近走もそうだが、かわされてからも必ず差し返しに行く馬で、接戦では非常に強い印象。

今回はかなりのスローペースであったため、地力は未知数ながらも、条件や展開を問わず注意が必要な馬になっていきそう。

2着 2 ビターエンダー △連下

4人気 騎手:F.ミナリク

回顧短評

東京コース向き

やや力のいる馬場ではあったが、力強いストライドで勝ちまで感じさせる走りを見せた。

いかにも東京コース向きの走りであるため、距離を問わず東京コースのレースでは注目していきたい。

3着 7 フィリオアレグロ ☆注目

2人気 騎手:M.デムーロ

回顧短評

持続力ある末脚

半兄のサトノクラウンと同様に、キレよりも持続力が魅力の走りを見せた。

今回は超スローペースであったため、勝ち負けまでは行かなかった。

それでも、能力の片鱗を見せたことで、今後のレースが楽しみとなった。

馬場も道悪が得意そう。

4着 8 マイラプソディ ▲単穴

1人気 騎手:武 豊

回顧短評

格好もつかず

今後の大舞台を見据えたような走りであったが、それでも前に置いた馬も交わせない残念な結果に。

馬場や叩きであった面もあるだろうが、世代で主役を張る力がある馬ならもっと違いを見せる走りをして欲しかった。

この世代の主役争いからはかなり後退。

5着 3 ココロノトウダイ

5人気 騎手:丸山 元気

回顧短評

決め手欠く

上位馬を直前に置いてレースを進めるも、キレ負けしてしまった感じ。

地力的にもこの相手ではやや不足しているか。

騎手不安も出てしまった感じ。

6着 4 シングンバズーカ ◯対抗

7人気 騎手:柴田 善臣

回顧短評

末脚は持続

直線ではやや瞬発力に劣る所があった。

それでも、ゴール前ではやや盛り返す走りを見せ、末脚の持続力は示した。

消耗戦となるレースでは巻き返しの可能性がありそう。

7着 1 エン

6人気 騎手:柴田 大知

回顧短評

ダート向きの走り

踏み込みの深いフォームで、芝では完全にスピード不足という感じ。

力が足りるなら、中央のダートでも見てみたい。

8着 9 シコウ

8人気 騎手:木幡 巧也

回顧短評

地力不足か

直線入り口で既に後方へ置かれ気味となり、そのまま伸び脚無く大敗。

やはりこの相手だと現状では力不足か。

9着 5 アジュバント

9人気 騎手:幸 英明

回顧短評

スピード不足

やはり芝ではスピード不足感が否めない。

さらに力のいる馬場でないと厳しそう。

予想印-結果

◎ 本 命  1着

6 ダーリントンホール

〇 対 抗  6着

4 シングンバズーカ

▲ 単 穴  4着

8 マイラプソディ

△ 連 下  2着

2 ビターエンダー

☆ 注 目  3着

7 フィリオアレグロ

次走巻き返し期待馬

ビターエンダー

ポイント

東京コースで

フィリオアレグロ

ポイント

持久力戦なら

シングンバズーカ

ポイント

持久力戦なら

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)
-

© 2021 J競馬salon