全頭評価(旧)

【小倉大賞典2020】予想・全頭評価

2020-02-23

当レースの結果はコチラ【小倉大賞典2020】全頭結果回顧

良馬場発表ではあったが、1:48.3の勝ちタイムが示すようにかなり力のいる馬場であった。 そのため、脚力ある差し馬が台頭し、スピードタイプの先行馬には苦しいレー ...

続きを見る

このレースとしては珍しく、前年のクラシックを賑わせた馬が出走。

それでも、このレースは小回りの小倉コースであるに加えて、馬場も例年より重たい印象があり、ハンデ戦でもある。

ヴェロックスは当然最も注目される存在ではあるが、実力通りに決まらない結末も十分考えられそう。

全頭評価内容

1 アロハリリー

9人気 騎手:中谷 雄太

短評

展開微妙か

コース実績はあるものの、外差し有利の馬場で最内枠はマイナス。

ペースもかなり流れそうで、先行するこの馬にとっては厳しい展開になりそう。

2 カデナ ▲単穴

4人気 騎手:鮫島 克駿

短評

大外一気で

G1では地力が足りない面が露呈したが、G3辺りなら強烈な末脚で台頭が期待できる馬。

現在の外差しが決まる馬場を味方につけて、今回は巻き返してくる可能性が高そう。

ペースが流れそうで、平坦コースとなることも好材料。

3 テリトーリアル

3人気 騎手:藤岡 康太

短評

馬場は向く

力のいる馬場が得意な対応で、前走は重賞でもやり合える力を見せた。

勢いのある馬ではあるが、今回はかなりペースが流れそう。

この枠だと外から差し脚を伸ばしてくる馬に手を焼きそうなイメージ。

それでも注意が必要な馬には違いない。

4 レイホーロマンス ◎本命

6人気 騎手:松若 風馬

短評

好材料多い

かなりズブさの出てきた馬ではあるが、今の力のいる小倉の馬場は合いそう。

最軽量ハンデの恩恵もあり、ハイペースで消耗戦となりそうな今回は、この馬向きのスタミナ勝負となりそう。

好材料がここまで揃っているので、ぜひ好走を期待したい。

5 サイモンラムセス

14人気 騎手:小牧 太

短評

同型多く

単騎逃げなら怖い馬。

だが、今回は同型が多く、好走の可能性は非常に低い。

6 ヴェロックス ☆注目

1人気 騎手:川田 将雅

短評

実力は最上位も

昨年クラシックで上位争いを続けたように、実績・実力ともに最上位。

一方で今回のレースはハイペースが濃厚で、馬場もやや特殊。

G1を蹴ってこちらを選んだ川田騎手を確保して、勝負気配はするものの、予想以上にタフな競馬になるのでは。

それでも地力であっさり勝ってもおかしくはない。

7 ナイトオブナイツ △連下

11人気 騎手:丹内 佑次

短評

展開と馬場向く

脚力のあるタイプなので、力のいる馬場のほうが向いているタイプ。

かなりペースが流れそうな今回はこの馬向きの展開となりそう。

仕掛け所さえ誤らなければ上位争いの可能性は高い。

8 アンノートル

7人気 騎手:柴田 大知

短評

流れ向きそう

溜めれば鋭い末脚を発揮する馬。

前走は小回りコースにもある程度対応してみせ、今回も流れ次第では上位を狙えそう。

一方で、本質的には広く長い直線のほうが向いている気もする。

9 エメラルファイト

5人気 騎手:石川 裕紀人

短評

精彩欠き

近走は精彩を欠いたレースが多く、今回予想されるレース展開も好位で競馬するこの馬にはやや不利。

距離はベストだろうが、予想以上に苦しい競馬になりそう。

10 アウトライアーズ

12人気 騎手:丸田 恭介

短評

展開魅力

末脚に賭けるタイプで、小回りコースも向く。

前崩れの可能性も高いここでは好走の可能性がこれまでより高そう。

あとは地力がどこまで通用するか。

11 タニノフランケル

8人気 騎手:吉田 隼人

短評

条件悪く

コース自体は実績的にもベストだろう。

しかし、現在の外差し有利の馬場と相手関係から考えると、前に行きたいこの馬にとって今回の条件はあまり良くない。

12 ドゥオーモ

10人気 騎手:勝浦 正樹

短評

末脚は魅力

前走は同条件のレースを快勝。

末脚が際立ったレースで、今回もその末脚が活かせそうな展開となりそう。

一方で格上挑戦でもあるため、ハンデは軽いもののどこまでやり合えるかは未知数。

13 ジナンボー ◯対抗

2人気 騎手:A.シュタルケ

短評

流れに乗れそう

前走は一気の相手強化と道悪により大敗を喫したが、2走前は重賞でも十分通用する走りを見せた。

ペースが流れそうで外差しもかなり利く今回の条件は、この馬にとってかなり有利にレースを進められそう。

この枠も流れに乗りやすそうで、むしろプラスになると見る。

14 ランスオブプラーナ

13人気 騎手:古川 吉洋

短評

不安多く

前に行きたい馬だが、同型が何頭かいて枠も大外。

近走の内容からしても一変の期待は薄い。

予想印

◎ 本 命

4 レイホーロマンス

〇 対 抗

13 ジナンボー

▲ 単 穴

2 カデナ

△ 連 下

7 ナイトオブナイツ

☆ 注 目

6 ヴェロックス

前走からの巻き返し期待馬

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon