全頭結果回顧(旧)

【小倉大賞典2020】全頭結果回顧

2020-02-24

当レースの予想はコチラ【小倉大賞典2020】予想・全頭評価

このレースとしては珍しく、前年のクラシックを賑わせた馬が出走。 それでも、このレースは小回りの小倉コースであるに加えて、馬場も例年より重たい印象があり、ハンデ戦 ...

続きを見る

良馬場発表ではあったが、1:48.3の勝ちタイムが示すようにかなり力のいる馬場であった。

そのため、脚力ある差し馬が台頭し、スピードタイプの先行馬には苦しいレースに。

注目を集めた1番人気馬は惨敗したが、上位に来た馬たちは持ち味を出せたレースとなった印象。

全頭結果回顧

1着 2 カデナ ▲単穴

4人気 騎手:鮫島 克駿

回顧短評

立ち回りも完璧

いつも通り後方で脚を溜め、4コーナーでは馬群の間をうまく抜けてくる完璧な立ち回り。

その甲斐あって、直線ではこの馬の末脚が遺憾なく発揮された。

差し・追い込み有利の馬場ではあったが、力のいる馬場にもしっかり対応した。

やはり平坦コースも向いているようで、近走では特に良い走りをしたように見えた。

2着 12 ドゥオーモ

10人気 騎手:勝浦 正樹

回顧短評

得意の条件か

小回りコースと力のいる馬場がかなり得意な模様。

実質最軽量ハンデとはいえ、格上相手を上回る走りを見せた。

今後もそういった条件のレースでは要注意な馬。

3着 13 ジナンボー ◯対抗

2人気 騎手:A.シュタルケ

回顧短評

地力ある走り

先行馬が早々に崩れていく中、この馬だけは手応え良く直線に向き、差し馬に最後まで抵抗した。

先行した馬の中で唯一上位争いを演じたように地力は高く、この走りなら近々重賞でも十分にチャンスがあるだろう。

4着 4 レイホーロマンス ◎本命

6人気 騎手:松若 風馬

回顧短評

持ち味は出せた

力のいる馬場にしっかり対応して、直線でも良く脚を伸ばしてきてきた。

スタミナに長けたこの馬の適性を活かした競馬はできていた。

一方で、やはりズブさが仇となり、直線入り口での反応がワンテンポ遅れる形に。

もう少し長い距離の方が良くなってきたか。

5着 10 アウトライアーズ

12人気 騎手:丸田 恭介

回顧短評

展開は向くも

前崩れの展開を活かして持ち味である末脚を活かせる形に持っていけたが、上位勢との差は中々詰まらず。

最後は鋭く伸びていたが、同型とは少し地力差があったように感じる。

6着 3 テリトーリアル

3人気 騎手:藤岡 康太

回顧短評

展開合わず

好位でレースを進められたが、前崩れの展開となってしまい、この馬にとっても厳しいペースになってしまった。

前走のように良い立ち回りをするなど、好走にはプラスとなる要因がいくつか必要だろう。

7着 7 ナイトオブナイツ △連下

11人気 騎手:丹内 佑次

回顧短評

4コーナーでうまく捌けず

上位の差し・追い込み馬と同様の位置からレースを進める。

しかし、4コーナーで流れに乗って大外に回したことが、結果としては大きなロスとなった。

上位勢が4コーナーをタイトに回っていただけに、この馬も同様に内を突いていればもう少し上の順位を狙えたかもしれない。

8着 1 アロハリリー

9人気 騎手:中谷 雄太

回顧短評

悪条件重なる

最内枠の先行馬ということで、逃げ馬を見ながらの競馬となった。

しかし、内目の馬場が悪く、息の入らないペースにも苦しんで見せ場を作れなかった。

9着 6 ヴェロックス ☆注目

1人気 騎手:川田 将雅

回顧短評

馬場不向き

本来の実力や戦ってきた相手からしても、今回の凡走は馬場が合わなかったことが原因としか思えない。

この結果は度外視して、次走に注目したい。

10着 8 アンノートル

7人気 騎手:柴田 大知

回顧短評

積極的な競馬が仇に

道中の手応えが良く、向こう正面でマクって先頭に並びかける。

しかし、ペース的にはやや無謀な運びとなってしまい、直線では余力がなかった。

結果論だが、溜めていけば確実に着順を上げられていただろう。

11着 9 エメラルファイト

5人気 騎手:石川 裕紀人

回顧短評

差し脚不足

いつもより少し後ろ、中団からのレースとなったが、直線では同型と比べて決め手に劣っていた。

差し脚に長けたタイプではないようで、好走するには好位で競馬する必要がありそう。

12着 11 タニノフランケル

8人気 騎手:吉田 隼人

回顧短評

後ろからでは

出脚が悪く、中団からのレースとなった。

前崩れの展開ではあったが、直線でほとんど伸びなかった所を見ると、前目で競馬しないと持ち味を出せなさそう。

力のいる馬場も不向きか。

13着 14 ランスオブプラーナ

13人気 騎手:古川 吉洋

回顧短評

淀みないペースでは

力のいる馬場を淀みないペース逃げたため、4コーナーで既に手応えがなかった。

軽い馬場ならもう少しは頑張れたか。

14着 5 サイモンラムセス

14人気 騎手:小牧 太

回顧短評

単騎逃げできず

1頭出脚の速い馬がいたため、先手が取れず持ち味が活かせない形に。

馬場も重たく逃げ馬とともに失速し、見どころのないレースとなった。

予想印-結果

◎ 本 命  4着

4 レイホーロマンス

〇 対 抗  3着

13 ジナンボー

▲ 単 穴  1着

2 カデナ

△ 連 下  7着

7 ナイトオブナイツ

☆ 注 目  9着

6ヴェロックス

次走巻き返し期待馬

ドゥオーモ

ポイント

小回りパワー型

ジナンボー

ポイント

能力高い

 

ヴェロックス

ポイント

軽い芝で

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)

© 2021 J競馬salon