全頭評価(旧)

【北九州短距離ステークス2020】予想・全頭評価

2020-02-16

当レースの結果はコチラ【北九州短距離ステークス2020】全頭結果回顧

極端に外枠・外差しが有利となったレース。 内を回らざるを得なかった馬や非力なタイプの馬にはノーチャンス。 上位の馬たちは、相手強化でも力のいる馬場なら十分に台頭 ...

続きを見る

メンバーこそ中々骨っぽい馬が揃った印象ではあるが、現在の小倉芝コースは極端な外差し馬場。

実力に関わらず外枠の馬がなし崩し的に上位を独占している状態なので、コース適性や展開を度外視した少し極端な予想をしてみたい。

全頭評価内容

1 エスターテ

10人気 騎手:丸田 恭介

短評

この枠では

番手で競馬すれば良い走りをする馬。

しかし、現在の小倉コースの馬場では最内枠はほぼノーチャンス。

いつもの形で競馬するなら期待薄。

2 ニシノラッシュ

12人気 騎手:団野 大成

短評

馬場悪化では

良馬場の方が良い走りができている馬。

加えて内目が悪化した現在の馬場でこの枠ではかなり厳しい。

3 トゥラヴェスーラ

8人気 騎手:鮫島 克駿

短評

後方待機なら

今は外差し馬場のため、この枠だと先行したら厳しい。

以前は後方待機から良い脚を使うレースもあったため、末脚に賭ければチャンスもあるか。

一方で、長期休養明けでもあるので、タフな馬場では馬体に堪えそう。

4 ダイシンバルカン

15人気 騎手:勝浦 正樹

短評

馬場は向きそう

どちらかというと力のいる馬場の方が向いている印象。

しかし、現在の外差し有利の馬場では、この枠と脚質的に理想のコース取りが難しそう。

5 ビップライブリー

17人気 騎手:高倉 稜

短評

低調続きでは

道悪はこの馬にとって悪くないだろう。

しかし。近走はかなり低調なレースが続いている上に今回はトップハンデ。

好走の期待は薄い。

6 メイソンジュニア

6人気 騎手:柴山 雄一

短評

展開向けば

先行抜け出しから押切を狙うタイプ。

道悪ならその形に持ち込みやすそうだが、勝負所でどこまで外に出せるかがカギ。

内に押し込められてしまうと厳しいレースになりそう。

7 シャドウノエル

14人気 騎手:中谷 雄太

短評

道悪こなせば

近走は見どころのないレースが続き、今回変わり身を見込める要素もほとんどない。

道悪に活路を見いだせれば好走の可能性を残すか。

8 シヴァージ

1人気 騎手:藤岡 佑介

短評

新興勢力だが

前走は芝1200mのレースで強烈な末脚を見せて上位に迫った。

ダートで実績を積んだ馬なので道悪も好材料だろうが、現在はかなり外枠が有利な状況。

ある程度展開が向かなければ差し脚は届かないだろう。

9 パーリオミノル

16人気 騎手:太宰 啓介

短評

流れに乗れば

馬券内に入れないレースが続くが、そこまで大敗はしていない印象。

今はかなり外差し有利の馬場のため、うまく外を回る馬の流れに乗っていけばチャンスはあるか。

10 メイショウキョウジ

2人気 騎手:松若 風馬

短評

前走強いが

前走は速めのペースで先行しても、最後までスピードが落ちない良い走りを見せた。

一方で、今回の馬場は後ろの馬の追撃を凌ぎづらい馬場で、前走ほどの強さは発揮できないだろう。

11 アンヴァル ▲単穴

3人気 騎手:藤岡 康太

短評

大外一気で

控えた時の末脚が強烈なタイプ。

他の先行馬とこの枠の兼ね合いを考えて、今回も後方待機策を取ると見る。

今の外差しの利く馬場なら大外一気も大いに期待できる。

12 エンゲルヘン

6人気 騎手:横山 武史

短評

馬場への対応がカギ

スピードに勝るタイプの馬で、力のいる馬場では少々分が悪いかという印象。

同型も多く、この馬場ではいつものように先手が取れない恐れもある。

13 メイショウカズヒメ

11人気 騎手:西村 淳也

短評

先手取れれば

ハナを取れないと持ち味が出ない馬。

今回は同型が多く、理想の競馬は難しそう。

一方で、現在の外枠の恩恵は大きいため、ハナにさえ立ってしまえば怖い1頭となりそう。

14 ジョーカナチャン ◯対抗

5人気 騎手:菱田 裕二

短評

条件向く

ワンペースでスピードを維持するタイプ。

力のいる馬場でも実績があり、外枠有利のこの状況なら不利さえなければ好走は必至だろう。

15 アルマエルナト △連下

7人気 騎手:丹内 祐次

短評

好材料活かして

血統的には時計の掛かる勝負の方が向いていそうで、現在の外枠有利の流れも好材料。

スンナリと好位につけられれば今回は好走が期待できそう。

16 イエローマリンバ ☆注目

13人気 騎手:斎藤 新

短評

枠を活かして

他にも先手を取りたい馬が多く、一見厳しいレースとなりそうだが、現在の外枠有利の恩恵は大きそう。

他に強調できる材料はないが、それほどに現在の外枠は極端に有利と見る。

17 ミラアイトーン ◎本命

4人気 騎手:吉田 隼人

短評

気性差し引いても

実力は重賞級だが、気性の悪さから近走は着順を落としている。

今回も折り合いを欠く懸念はあるが、今の外枠有利の馬場なら、地力で押し切ってしまうと予想する。

予想印

◎ 本 命

17 ミラアイトーン

〇 対 抗

14 ジョーカナチャン

▲ 単 穴

11 アンヴァル

△ 連 下

15 アルマエルナト

☆ 注 目

16 イエローマリンバ

前走からの巻き返し期待馬

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon