予想・全頭評価

天皇賞(春)2020【予想・全頭評価】ユーキャンスマイルの安定感を高評価!

2020-05-03

当レースの結果はコチラ天皇賞(春)2020【全頭結果回顧】フィエールマンが連覇達成!

第161回天皇賞(春):回顧総評 レース序盤はゆったりとした展開でしたが、中盤からは中団以降を追走した馬が早めに動きだす形となって、見た目以上にタフなレースとな ...

続きを見る

第161回天皇賞(春):レース展望

今年の天皇賞はG1馬が2頭だけと、やや低調なメンバー構成となりましたね。

一方で、伸び盛りで勢いがある4歳馬は比較的多いかなという印象です。

そのため、実績に気を取られず、各馬における近走の充実度を重要視する必要がありそうです。

例年の傾向だとステイヤーであることに加え、内枠と中団好位差しの馬が好走する印象があります。

特に追い込み馬が苦戦するイメージがあり、4コーナーで前を射程圏に入れられる運びができる馬でないと勝ち負けは厳しいイメージです。

全頭評価:個性値

個性値評価とは?

全頭評価:内容

近走の成長度・充実振りに加えて最内枠を引けたことでここは非常にチャンスのあるレースになりそうです。

距離への対応が未知数ではあるものの、中団好位からじっくりレースを進められる脚質もこのレースにはぴったりで、上位争いの可能性はかなり高いと見ています。

近走は先行する競馬にシフトするものの、特に不利はないにも関わらず以前のような上位を脅かすレースができていません。

実績的には京都コースはベストで枠も良いですが、現状はさらなる復調が必要な印象。

近年G1で勝負弱い川田騎手がテン乗りという点も不安ですかね。

前走はやや展開が味方した面もありますが、長距離重賞でも通用する力を見せました。

立ち回りが良く確実に脚を使えるタイプなので、内枠は非常に好材料。

地力やコースにやや未知数な所がありますが、充実度は確実に上向いています。

前走のような差し脚に賭ける競馬を再現すれば、今回のメンバー相手ならチャンスはあると思います。

成績も走りもかなりムラのある馬ですね。

去勢してからの初戦ですが、好材料はスンナリと前に取り付けそうな展開ぐらいでしょうか。

中距離の方が良い走りをしていたように見えますし、勢いはあるものの3000m以上の実績に乏しい鞍上もやや不安かなと。

非常に息の長い末脚を使い、中長距離の重賞では上位の力を見せています。

ここでも地力は上位でしょうが、やはり後方待機から大外ぶんまわしとなる脚質がネック。

追い込み馬の結果が芳しく無い天皇賞春の舞台は、根本的にこの馬にあってなさそうな気がします。

確たる逃げ馬が不在で楽に先手が取れそうです。

それでもG1では地力不足が否めないレースが続き、近走の好走も展開に恵まれた面が大きいと思います。

距離も実績的には中距離の方が良さそうな印象ですね。

昨年からG1で上位を脅かす活躍を続け、前走の勝利で更に凄みを増した感じがします。

馬群を割った方が良い末脚を発揮するタイプなので、岩田騎手からの乗り替わりは大きなマイナスですが、それでも現状の安定性・充実度で言えば、ここではこの馬がトップ。

不利なくレースを進められれば、上位争いはほぼ確実でしょう。

中距離がベストではあるものの、地力的にはメンバー中最上位の1頭で、まともに走れば勝ち負けも十分にありえます。

しかし、昨年の有馬記念から現れだした出遅れ癖は致命的で、練習映像からしても改善するようには見えず、今回も最後方からの競馬が濃厚。

いかに鞍上が京都長距離の達人とはいえ、後方待機を強いられるのであれば好走は難しいと見込んでいます。

前走は非常にタフなマラソンレースで復調を見せました。

それでも、スタミナが問われる条件が重なった事で好走できた印象が強いです。

現在の馬場ではスピードも問われる上に相手も強化されます。

極端にタフな展開にならないと好走は難しいでしょう。

牡馬相手にどんな展開でも確実に脚を使う馬。

根性があるタイプで距離も長ければ長いほど良さそうに思います。

それでも追い込み一辺倒の脚質はこの条件に向いておらず、今回も良い末脚は見せそうですが、好走までは厳しいかもしれません。

近走はこの馬の無尽蔵のスタミナを存分に活かす競馬で好走を続けていることもあって、スタミナだけで言えばこのメンバーでも随一でしょう。

一方で、出脚がつかないタイプで今回も後方からの競馬は必至。

現在の馬場状態では前で上手く立ち回る馬を捉えきるのは難しいでしょう。

スローペースにしびれを切らした馬が何頭か上がっていくような激しい展開が理想かと。

重賞初挑戦で3着と好走してから間隔が開いてしまいましたが、一貫して長距離を使い続け着実に力をつけてきたように、現状の充実度はかなり高いと思います。

3200mへは対応力は未知数で、やや厳しい枠に入ってしまったものの、これがキャリア10戦目ということで伸び代もまだ期待できます。

実績的に京都コースや軽い芝も向いているので、大きな不利がなければ上位進出は可能ではないでしょうか。

長距離実績もなく、近走は内容の悪いレースがほとんど。

後方から末脚に賭ける競馬なら力を出せるタイプですが、追い込み脚質はこのレースとの相性が悪いです。

今回苦戦は必至でしょう。

大外枠やぶっつけのローテに不安が残るものの、昨年のこのレースの勝ちっぷりからすればこの条件だと力は一枚上手でしょう。

大外枠ながらも幸い追い込み脚質の馬が多く、好位には比較的楽につけられそうではあります。

内枠の有力馬と同等程度の立ち回りができれば、連覇の可能性も十分あると思います。

予想印(個性値上位5頭)

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬の予想方法①:血統で穴馬を予想穴馬の予想方法②:近走での勝ち馬とのタイム差から穴馬 ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-予想・全頭評価

© 2021 J競馬salon