全頭結果回顧

天皇賞(春)2020【全頭結果回顧】フィエールマンが連覇達成!

2020-05-07

当レースの予想はコチラ天皇賞(春)2020【予想・全頭評価】ユーキャンスマイルの安定感を高評価!

目次第161回天皇賞(春):レース展望全頭評価:個性値全頭評価:内容予想印(個性値上位5頭) 第161回天皇賞(春):レース展望 今年の天皇賞はG1馬が2頭だけ ...

続きを見る

第161回天皇賞(春):回顧総評

レース序盤はゆったりとした展開でしたが、中盤からは中団以降を追走した馬が早めに動きだす形となって、見た目以上にタフなレースとなりました。

勝ち馬は天皇賞(春)連覇を達成し、3000m以上のG1は3勝目。

これで勢いも戻ってきた感もあるので、距離短縮とはなるでしょうが、今後のG1でも注目していきたいですね。

一方で、直線はかなりの外差し馬場になっていたため、その恩恵を受けた馬が上位に来たように見えました。

そのため、例年よりも適性や力通りに決まらなかった印象で、個人的にはやや低調なレースとなってしまったように感じます。

全頭結果回顧:個性値

個性値評価とは?

 

全頭結果回顧:内容

1着

やや後ろからレースを進め、後続馬が続々と動き出す中でじっと手綱を抑えて控える競馬に徹する。

3~4コーナー辺りでは見ていてやや不安になりましたが、先に動いた馬は全滅。

終わってみればルメール騎手の完璧な騎乗でしたね。

かなりタフな展開となりましたが、あの位置から先に抜け出した馬をキッチリと捉える脚は流石の一言。

距離短縮でもタフな展開ならばチャンスはあると思います。

2着

好位から終始ロスのない競馬をして、あわや勝利かという激走。

この距離でも問題なさそうですが、今回は外差し馬場を味方につけた面が大きく、この好走で評価を上げすぎるのは危険でしょうか。

少し気難しい面がある馬なので、上手く折り合いをつけて競馬を進めた北村友騎手の手腕は評価したいです。

3着

道中はかなり掛かっていましたが、そのお陰もあって4コーナーで外目を回らずに済んだ形に。

折り合いを欠いたことが今回はそこまでマイナスにならなかった感じですね。

外差し馬場にも助けられましたが、距離を問わずタフな展開は得意な印象。

乱ペースが見込まれるレースでは条件問わず注意したい1頭です。

4着

この馬らしく中団好位から勝ちに行く競馬で、道中の折り合いや運びは完璧でした。

しかし、直線で内を選択したことで全てがパーになったという感じです。

この馬の形ではありましたが、浜中騎手にはもう少し馬場を読んでもらいたかったかな…。

直線では併せる相手もいたほうが良いタイプだと思います。

5着

最後方からの競馬となり、3コーナー手前からかなり長い脚を使う展開となってしまいました。

それでも最後までジリジリと伸びてきており、スタミナは想像以上に豊富なようです。

ラップ的には最後まで大きく緩まなかったので、勝負所で脚を溜めても結果は変わらなかったとは思いますが、阪神大賞典のようにキレを活かす競馬の方が良さそうに見えました。

6着

懸念していたスタートは問題なく出ましたが、前半のスローな展開が合わなかったことで、最後までペースを維持できなかった印象。

気性的に難しい面が顕著になってきたので、現状はワンペースで走りきれる中距離が合っていそうな感じです。

7着

最内枠を活かした道中の運びは良く見えましたが、4コーナーでは同位置の他馬に比べて手応えが完全に劣っていました。

長距離戦キャリアの浅さが出てしまった感じで、G1で好走するには更に経験を積む必要がありそうです。

4歳馬で伸び代はまだ多少はあると思うので、今後の成長に期待したい1頭です。

8着

いつも通り出脚がつかず後方からの競馬。

この馬の持ち味を活かそうと早めの進出を試みるも、勝負所での決め手に劣っていた感じで、直線に入る前に他馬にやや置いていかれる形となりました。

やはりスタミナ以外は平凡な馬であるため、長距離戦でも好走するには馬場の恩恵なども必要となってきそうです。

9着

楽に前目につけて終始マイペースで競馬できていましたが、直線では目立った粘りはなく敗退。

去勢明けの影響もあったかもしれませんが、本質的には距離が長いようにも感じました。

10着

中団からの競馬でしたが、勝負所では反応が悪く、直線でも目立った伸びは見られず。

本来の走りというか、闘争心が戻ってこない感じで、このまま浮上のきっかけがなければ、今後も厳しいレースが続くでしょう。

11着

今回も後方からの競馬。

小柄な馬体を活かして勝負所ではインからの進出を試みるも、直線入り口では置いていかれる形に。

この馬の走りはできていましたが、この相手では流石に力不足感が否めなかった印象です。

12着

今回も中団からの競馬となりましたが、勝負所でのペースアップについていけず。

G1級の相手では完全にスピード不足な模様。

先行してスタミナを活かす競馬でないとノーチャンスでしょう。

13着

好位で競馬できましたが、勝負所ですでにスタミナ切れに。

地力的にも厳しかったでしょうが、この距離はさすがに長すぎたのでしょう。

14着

休み明けの影響もあったかもしれませんが、レース中盤で追走に苦労し始めたように、本質的に距離が長すぎたか。

2400mで好走を続けてきましたが、その前後の距離が守備範囲でしょうか。

5歳ですが、まだ10戦目とキャリアの浅い馬なので、今後は適距離での巻き返しに期待したいです。

予想結果(個性値上位5頭の結果)

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧

© 2021 J競馬salon