全頭評価(旧)

【春風ステークス2020】予想・全頭評価

2020-04-05

当レースの結果はコチラ【春風ステークス2020】全頭結果回顧

中山ダート1200mらしく、かなりの前傾ラップのレースとなった。 前や後ろが有利といった面も少なく、ほぼ実力通りに決着した印象。 結果的には、この路線で好走を続 ...

続きを見る

近走惜しいレースをしている馬が多く集まった印象。

実力は拮抗している感で、かなりの混戦模様。

中山ダート1200mなので、ペースは確実に流れそうではある。

ただ、今回に関して言えば、展開如何より自身の持ち味を活かした馬が結果を残しそうな予感もする。

全頭評価内容

1 ロードエース ☆注目

12人気 騎手:丸山 元気

短評

最内枠活かして

近走は大敗続きではあるが、中山1200mは好走実績があり、タイムもソコソコ。

かなり混戦模様な今回は、最内枠を十分に活かした競馬ができれば、上位争いの可能性はあるだろう。

2 ロードラズライト ◎本命

2人気 騎手:田中 健

短評

中山向きのスピード

近走は差す競馬で好走を続ける。

一方で、本質的には初ダートで勝利した時のようなスピードを活かした競馬が向いている感じ。

スピードで押し切りやすい中山で内枠を引けたので、今回は先行していくだろう。

この舞台であれば、持ち味を存分に発揮できると予想する。

3 キタノオドリコ △連下

3人気 騎手:石川 裕紀人

短評

安定した差し脚

今回と同条件のレースを使い続け、堅実な走りを見せている。

今回もペースが流れそうなため、この馬の安定した差し脚が活かされそう。

スピードのある先行馬は手強いが、こちらも大崩れはしないだろう。

4 ケプラー

8人気 騎手:田辺 裕信

短評

スタート次第

先手を取ればしぶとい競馬をする馬だが、スタートが上手いとは言えないタイプ。

発馬で後手を踏んでいるうちに、前に行く機会を失う可能性の方が高そう。

5 ルーチェソラーレ

6人気 騎手:大野 拓弥

短評

同型と比べると

この条件でスピードのある先行力で好走を続けているが、昇級初戦でどこまで通用するかは未知数。

タイム的には、もう1段階成長を見せる必要もありそう。

6 レストンベ

11人気 騎手:内田 博幸

短評

パワーはあるが

前走は芝の道悪のレースで大外から豪快な差し切り勝ちを収めた。

重馬場をこなしたパワーは認めるが、馬場や展開がハマった面が大きいように感じた。

ダートも合いそうではあるが、中山ダート1200mではスピードもかなり問われる。

パワーだけで好走する可能性は低い。

7 ルッジェーロ ◯対抗

4人気 騎手:三浦 皇成

短評

堅実な走り

このクラスでのレースが長く続いているが、掲示板を確保する堅実な走りは毎度できている。

持ち時計も十分で、能力が抜けた馬もいない今回こそは、勝ち負けまで狙えるのだろう。

8 マンカストラップ

14人気 騎手:丹内 祐次

短評

条件は得意

下のクラスをこの条件で勝ち上がってきているように、条件は得意。

近走は着順こそ奮わないものの、相手が強く、この馬もそれなりのタイムでは走れている。

上手く流れに乗れば、怖い1頭となるだろう。

9 アユツリオヤジ

9人気 騎手:津村 明秀

短評

地力不足か

近走はオーバーペースでの先行がたたって2桁着順が続いている。

それでも、このクラスなら好走すべきペースではあるので、今回も地力的に厳しいのでは。

10 シスル

5人気 騎手:木幡 巧也

短評

内枠の同型次第

スピードが持ち味の馬なので、この条件はぴったりではあるが、持続力にはやや不安な面がある。

今回は内枠の馬が主張して、外目を回される可能性の方が高いと見る。

11 ディープミタカ

16人気 騎手:野中 悠太郎

短評

前崩れでも

末脚に欠けるタイプなので、前崩れの展開待ちではあるが、ずば抜けた末脚を持っているわけでもない。

今回も追い上げはするが、上位争いには、といったレースとなりそう。

12 イッツクール

1人気 騎手:柴田 善臣

短評

ズブさある

前走は同条件のレースで勝ち馬と僅差の2着ではあったが、やや反応の悪い面があった。

うまく展開が向いて好走につながったが、短距離戦では不利な面であることは確か。

今回は前走ほど上手く行かないのではないかと見る。

13 エターナルフレイム

10人気 騎手:横山 武史

短評

タフな展開希望

ダート短距離を使い続けるものの、近走は大敗が続く。

内容からしても、時計のかかるタフな展開の方が向いている印象。

スピードが必要な中山は向いていないように感じる。

14 エンゲージリング

9人気 騎手:江田 照男

短評

ダートは微妙なイメージ

時計のかかる芝では、割引が必要な印象がある馬。

同様に力のいるダートはあまり向かないイメージがある。

同型も多く、厳しい競馬となりそう。

15 アーバンイェーガー

7人気 騎手:吉田 豊

短評

展開向けば

ムラのある成績ではあるが、展開が向けば高い確率で好走する馬。

もう少し枠が内目なら競馬がしやすかっただろうが、この枠では脚を溜めていけない懸念が大きい。

16 ガンジー ▲単穴

15人気 騎手:横山 和生

短評

枠が魅力

末脚勝負に徹する馬だけに、大外枠はかなり魅力的。

近走の着順は悪いが、末脚自体は毎度発揮できている。

前崩れ希望ではあるが、展開がハマれば一発は十分と見込む。

予想印

◎ 本 命

2 ロードラズライト

〇 対 抗

7 ルッジェーロ

▲ 単 穴

16 ガンジー

△ 連 下

3 キタノオドリコ

☆ 注 目

1 ロードエース

前走からの巻き返し期待馬

該当馬なし

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon