全頭評価(旧)

【阪神牝馬ステークス2020】予想・全頭評価

2020-04-10

当レースの結果はコチラ柳都S・クイーンS・関越S計3頭【今週のおすすめ馬2021】

予想レースの開催日 2021/8/1(日) 目次新潟10R:柳都S4ワイドソロモン→4着函館11R:クイーンS1クラヴァシュドール→5着新潟11R:関越ステーク ...

続きを見る

マイル前後の距離における牝馬戦線で、今年に入ってから好調をキープしている馬や、昨年からの巻き返しを狙う実力馬など、かなり濃いメンバーが揃った。

地力ある馬が多い別定戦のため、ある程度極端な展開になったとしても、ほぼ実力通りの結果になるだろう。

全頭評価内容

1 テーオービクトリー

16人気 騎手:太宰 啓介

短評

脚力あるが

スローのキレ勝負や、時計の掛かる馬場での末脚には強みがある馬。

しかし、この強力メンバー相手だと、総合力が問われる競馬となりそう。

オープン昇級初戦でどこまでやり合えるか。

2 サウンドキアラ ◎本命

1人気 騎手:松山 弘平

短評

充実期続く

今年に入ってから重賞を2連勝。

地力で勝ちきった完勝と言える内容で、前走よりも相手強化となるここでも、充実期にあるこの馬を打ち負かす馬はいないだろう。

内枠を引けたことも好材料で、スタートさえ決めれば好位から押し切りを狙う安定した競馬も可能だろう。

3 メジェールスー

12人気 騎手:岩田 望来

短評

距離も微妙

短距離レースを使い続けて、マイル経験はわずか。

条件連勝の勢いは魅力も、強力メンバー相手にも通用するかは怪しい。

4 ビーチサンバ

3人気 騎手:福永 祐一

短評

掲示板争いか

前走は久々に追い込む競馬を見せ、キレ味も相当なものだった。

一方で、勝ち負けまでとなると、ある程度展開の助けが必要な感じも否めない。

今回は逃げ馬が少ないので前に行くかもしれないが、このメンバー相手だと掲示板までかと見る。

5 リバティハイツ

14人気 騎手:藤岡 祐介

短評

末脚ソコソコ

相変わらずどのレースでもそれなりの末脚を使って、上位争いに加わる可能性を見せるも、そこから先があまり想像できない走り。

相手強化もあって今回もソコソコの結果に終わりそう。

6 ノーワン

15人気 騎手:坂井 瑠星

短評

マイルどうか

近走は大敗が続いていることに加えて、スタミナよりもスピードに勝るタイプの馬。

マイルの消耗戦となりそうな今回は適性外か。

7 プールヴィル △連下

7人気 騎手:浜中 俊

短評

マイルでも

昨年の秋はリステッド競走で堅実な走りを続け、今年は重賞でも力のあるところを見せる内容で2着に入線。

現状は1400mがベストのように思えるが、今の堅実な走りであれば、マイルまではこなしてくれそう。

真ん中より少し内目の枠も、好位で競馬をするこの馬にはプラスだろう。

8 ブランノワール

10人気 騎手:武 豊

短評

スローになれば

ロードカナロア産駒らしく、短距離やスローでのキレ味勝負が得意な印象。

マイル戦の今回はスローならチャンスはあるかもしれない。

一方で、この強力メンバー構成だとある程度ペースが流れる可能性が高く、展開的に合わないだろう。

9 シャドウディーヴァ

6人気 騎手:池添 謙一

短評

スムーズなら

跳びの大きいタイプで、広い直線なら力を発揮しやすい。

それでも、前に壁があると加速がスムーズでない面もこれまでのレースで見せている。

多頭数で差し馬も多い今回は、直線に向いたところで速やかに進路を見つけられるかがカギとなる。

10 ディメンシオン

11人気 騎手:松田 大作

短評

一歩足りない印象

重賞で悪くない走りを続けているが、展開など差し引いても地力的にもう少し必要な感じ。

ディープ産駒なのでコースは向きそうだが、この相手にどこまでやり合えるか。

11 シゲルピンクダイヤ ☆注目

4人気 騎手:M.デムーロ

短評

得意条件なら

昨年の秋から惜しいレースが続いているものの、この馬の持ち味が活きる条件ではなかった。

G1でも2着のあるこの舞台なら、巻き返しは十分と見る。

充実度でいうと他馬にやや劣るものの、ここで株を上げる可能性も十分あるだろう。

12 トロワゼトワル

8人気 騎手:藤岡 康太

短評

ペースがカギ

前走は出負けしたことで、本来の逃げ脚が見られなかった。

逃げ馬にはやや不利な直線の長い阪神外回りコースも不安。

それでも、他に逃げ馬がいないため、後続に脚を使わせる絶妙なペースで逃げることができれば怖い1頭になりそう。

13 ダノンファンタジー ◯対抗

2人気 騎手:川田 将雅

短評

前哨戦なら

元々高い地力と良い競馬センスを持ち合わせている馬。

3歳牝馬3冠レースでは苦戦が続いたものの、前哨戦はいずれも完勝。

ヴィクトリアマイルに向けての前哨戦となる今回は、地力が拮抗しているのであれば、休み明けもOKなこの馬に分があるだろう。

ダノンなので、勝ったら勝ったで本番に不安が生じるものの、ここではキッチリ好走しておきたいところ。

14 アマルフィコースト

9人気 騎手:幸 英明

短評

延長は好材料

近走は1400mでも、ややスピード不足となる面があるように見えたため、マイル自体はプラスになりそう。

昨年このレースで連対しているように、コース適性もある。

スンナリと先行して楽なペースで追走できればチャンスはありそう。

15 スカーレットカラー ▲単穴

5人気 騎手:岩田 康誠

短評

地力を評価

暮れの有馬記念は距離延長や馬場、疲労の影響もあって大敗。

それでも、昨年の秋口に見せた力は本物で、充実期前ではあるが、先週大阪杯を制したラッキーライラックも負かしている。

仕切り直しの1戦となる今回、当時の末脚が発揮さえすれば、上位は確実ではないかと予想する。

枠はもう少し内目が良かっただろうが、地力的にはこのメンバー相手でも最上位の1頭ではないだろうか。

16 サトノガーネット

13人気 騎手:川島 信二

短評

追い込み一辺倒では

重賞で良い末脚を使い続け、ハンデ重賞では勝利も収めた。

それでも追い込みという脚質上、展開に左右される面が大きい。

大外枠は問題ないだろうが、強力な相手が揃う今回、末脚だけで太刀打ちするには分が悪そう。

予想印

◎ 本 命

2 サウンドキアラ

〇 対 抗

13 ダノンファンタジー

▲ 単 穴

15 スカーレットカラー

△ 連 下

7 プールヴィル

☆ 注 目

11 シゲルピンクダイヤ

前走からの巻き返し期待馬

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon