全頭結果回顧(旧)

【阪神牝馬ステークス2020】全頭結果回顧

2020-04-17

当レースの予想はコチラ【阪神牝馬ステークス2020】予想・全頭評価

マイル前後の距離における牝馬戦線で、今年に入ってから好調をキープしている馬や、昨年からの巻き返しを狙う実力馬など、かなり濃いメンバーが揃った。 地力ある馬が多い ...

続きを見る

本格化したサウンドキアラの前に、もはや太刀打ちできる馬はいなかった。

勝ち馬は枠が良いこともあったが、それを差し引いてもこのメンバー相手に余裕を持って抜け出す完勝。

現状ここでは勝負付けが済んだ形に。

今年のG1戴冠を十分に感じさせる内容であった。

 

勝ち馬以外にも、後ろの馬には厳しい展開でも鋭く末脚を伸ばしてきたスカーレットカラーは良かった。

昨年の良い時の状態に戻してきているようで、今後更なる巻き返しも期待できそう。

全頭結果回顧

1着 2 サウンドキアラ ◎本命

2人気 騎手:松山 弘平

回顧短評

安定感もある強さ

スタート後スッと好位に取り付いて、道中の折り合いもバッチリ。

直線でも余裕を持って抜け出して着差以上の完勝を収めた。

非常に安定感のある強さで、現状をキープできれば今後もしばらくは好走を続けていくだろう。

あっさりG1を勝ってもおかしくない勢いで、ヴィクトリアマイルでの走りにも期待したい。

2着 15 スカーレットカラー ▲単穴

6人気 騎手:岩田 康誠

回顧短評

状態をキープ

後方で脚を溜めて直線勝負に賭ける競馬。

直線では狭い所を捌いて、この馬らしいキレのある末脚を発揮できた。

昨年末は条件や展開が合わず連敗したが、まだまだ状態をキープできているようだ。

前目につけた馬が上位を占める中、後方から唯一追い込んできたこの馬の地力はやはり高そう。

今回のメンバーで勝ち馬を逆転できそうなのはこの馬だけか。

3着 10 ディメンシオン

11人気 騎手:松田 大作

回顧短評

先行が良さそう

逃げ馬の直後でスムーズにレースを進められた。

直線では早めに勝ち馬に迫られるも、ゴールまでしぶとく脚を持続できていた。

どの位置からでも同じような末脚を使えるタイプといった感じ。

今後も今回と同様の形で競馬をすれば、再度好走が期待できそう。

4着 4 ビーチサンバ

3人気 騎手:福永 祐一

回顧短評

良い走りはするも

今回は中団からの競馬。

道中の折り合いは完璧で、直線の進路もうまく開いたが、それでも掲示板までという結果に終わった。

強い相手となると、あと一歩足りない感じがここでも出てしまった印象。

今後も好走止まりのレースが続きそう。

5着 13 ダノンファンタジー ◯対抗

1人気 騎手:川田 将雅

回顧短評

成長見えず

好位外目でそつなくレースを進めるも、直線では予想以上に弾けなかった。

どうも3歳時からの成長が見られない感じで、これまでの好走は仕上がりの早さによるものかと思える結果に。

本番に弱いタイプなだけに、この後G1に駒を進めるのであれば不安は大きい。

6着 5 リバティハイツ

12人気 騎手:藤岡 祐介

回顧短評

末脚は発揮

近走と同様に、この馬の末脚は発揮。

それでも、やはり掲示板まであるかという程度で、この相手ではこの結果は妥当か。

毎度力は発揮できているので、今後も相手次第によるところは大きいが、好走する可能性はありそう。

7着 7 プールヴィル △連下

7人気 騎手:浜中 俊

回顧短評

もう一列前なら

やや距離不安があっただけに、4コーナーでもう少しタイトに回りたかった感じ。

もう一列前なら勝ち馬のような進路取りができ、この馬の堅実性も発揮できたのでは。

今回では見限れない1頭。

8着 8 ブランノワール

9人気 騎手:武 豊

回顧短評

直線進路なく

道中の折り合いは問題なく、良い雰囲気で直線に向くも、馬群をうまく捌ききれなかった。

スムーズに運べていれば、上位争いは可能な余力はあったように見えたため、次走以降の走りに期待したい。

9着 16 サトノガーネット

14人気 騎手:川島 信二

回顧短評

自分の競馬はできた

いつも通り後方待機から大外一気を狙う競馬。

内外で差がない馬場で、この強力メンバー相手ではさすがに厳しかった印象。

今後も外差し馬場なら注目してみたい馬。

10着 1 テーオービクトリー

16人気 騎手:太宰 啓介

回顧短評

力のいる馬場向きか

終始最内枠を活かしたロスのない競馬をするも、直線での末脚は平凡。

近走の内容からしても、力のある馬場の方が向いているように思えた。

11着 3 メジェールスー

13人気 騎手:岩田 望来

回顧短評

距離微妙か

好位で上手く流れに乗ってレースを進められたように見えたが、直線ではほとんど伸びず。

地力の問題もあるだろうが、スプリント戦を主に使ってきたこともあって、マイルはやや距離が長いように感じた。

12着 9 シャドウディーヴァ

5人気 騎手:池添 謙一

回顧短評

右往左往

後方からの競馬で、4コーナーまではうまく運べた。

しかし、直線入り口からは進路がうまく確保できず右往左往するハメに。

進路さえ開けば伸びそうな雰囲気はあったので、東京新聞杯で好走した時の状態は維持できていそう。

次走は巻き返しの可能性もありそう。

13着 6 ノーワン

15人気 騎手:坂井 瑠星

回顧短評

短距離向きか

後方でしっかり脚を溜めて行けたように見えたが、直線では全く伸びず。

近走と比較しても、短距離戦の方が良い走りをしていたように見える。

14着 14 アマルフィコースト

10人気 騎手:幸 英明

回顧短評

状態下降か

好位からの競馬で、力を発揮できる展開ではあったが、直線では早々に脱落。

近走の感じからしても、良い時の状態からはやや下降してきている模様。

今後も厳しいレースが続くか。

15着 12 トロワゼトワル

8人気 騎手:藤岡 康太

回顧短評

厳しい展開に

マイペースで逃げられたとは思うが、番手につけた馬にも楽に追走され、後続に足を使わせることができず。

重賞を制した時のような、小回りコースで高速決着となるレースが良さそう。

16着 11 シゲルピンクダイヤ ☆注目

4人気 騎手:M.デムーロ

回顧短評

リズム欠く

道中の折り合いは微妙な感じで、仕掛けるタイミングもイマイチ。

主戦の騎乗停止による乗り替わりは予想以上に痛かったようだ。

次走以降はうまく立て直してほしい。

予想印-結果

◎ 本 命  1着

2 サウンドキアラ

〇 対 抗  5着

13 ダノンファンタジー

▲ 単 穴  2着

15 スカーレットカラー

△ 連 下  7着

7 プールヴィル

☆ 注 目  18着

11 シゲルピンクダイヤ

次走巻き返し期待馬

サウンドキアラ

ポイント

安定した強さ

スカーレットカラー

ポイント

地力上位

プールヴィル

ポイント

距離短縮で

ブランノワール

ポイント

力未知数

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)
-,

© 2021 J競馬salon