全頭結果回顧

函館SS2020【全頭結果回顧】ダイアトニックが順当に勝利!

2020-06-24

当レースの予想はコチラ函館SS2020【予想・全頭評価】人気馬はハイレベルでも穴馬台頭の可能性も十分!

第27回函館スプリントステークス:レース展望 高松宮記念で勝ちに等しい走りをしたダイアトニックを筆頭に、他にもこの路線で確かな地力を示している馬が揃った印象です ...

続きを見る

第27回函館スプリントステークス:結果回顧総評

終わってみればほぼG1馬であるダイアトニックの完勝でしたね。

58kgや洋芝も全く問題なく、前走と同様に1200mでも十分に強い馬です。

現状マイル路線は強力な馬が多いので、スプリント路線を攻めて見ても面白いかもしれません。

J-batai
勝ち馬以外は函館コースらしく内目を通った馬が上位に来たね
ベストな競馬ができた馬ともったいない競馬になった馬に分かれた感じかな
takumi

2着以下に関しては、展開が不向きながらも追い込んできた馬の方が地力があったように感じます。

同じメンバーで再戦となると、勝ち馬以外の着順は結構変わってきそうです。

全頭結果回顧:個性値

個性値評価とは?

ベストすぎる展開となった2着のダイメイフジと、行き脚がつかなかったメイショウショウブ以外は割と個性値に近い結果になったと思います。

そうはいっても個性値1,2位が5,6着ではねえ
takumi
J-batai
展開のアヤもあったけど、どちらも前走の走りを過大評価しすぎたかなぁ…

シヴァージは大外ぶんまわしでも追い込んできて地力の高さを示しましたが、ライトオンキューは案外な走りでしたね。

休み明けが思ったより影響したのかもしれません。

ダイメイフジは同型が競ってこなかった分、「展開」や「馬場」で大きなアドバンテージを得ました。

ただ、近走の大敗は展開不向きもあったので、「地力」と「近走」はもう少し評価しても良かったでしょう。

全頭結果回顧:内容

1着

好スタートを決め手逃げ馬の直後を楽に追走。

直線でも逃げ馬を可愛がって、余裕たっぷりに抜け出す完勝。

理想的な競馬ができた面もありますが、高松宮記念で勝ちに等しい走りをしたように、ここでは力が一枚上手でした。

今が充実期という感じなので、年内にはG1を狙いたいところでしょう。

2着

展開がハマりましたね。

同型は競ってこず、2番手のダイアトニックが可愛がってくれ、非常に楽な逃げを打てました。

理想の形なら重賞でも通用する面を見せましたが、脚質的に脆さもあります。

この好走で次走も人気するようなら過信しない方が良いでしょう。

3着

一気の相手強化となるレースでしたが、コース適性を活かした良い走りでした。

地力を示すまでは行かない走りだとは思いますが、における今夏の函館・札幌短距離路線では上位をキープしていきです。

岩田騎手の極力コースロスを減らす騎乗も見事でした。

小回りコースでは確実に押さえておきたい乗り役ですね。

4着

大型馬のため、近走と同様に出脚はやや遅く中団からの競馬に。

それでも、直線に向いてからは最後は良い末脚で上位に迫りました。

展開も距離もや不向きな感じでしたが、地力でなんとかしたという印象です。

適距離は実績的にも1400~1600mですかね。

能力の高く堅実な馬なので、今後のレースでも要注目ですね。

5着

内目の馬場が良い前残りなレースでしたが、この馬だけは大外ぶんまわしでもよく伸びてきました。

やはり、高松宮記念で見せた末脚は本物と見て良いでしょう。

今回は展開のアヤで結果を残せませんでしたが、地力は見せてくれたと思います。

この敗戦で人気を落とすようなら、次は絶対に買うべき馬でしょう。

6着

終始好位内目を追走して理想的な競馬はできていましたが、直線での伸びは今ひとつ。

結果的には高速馬場は不向きだったのかもしれません。

近走の好走は力のいる馬場でのレースが多かったですし。

また、休み明けも影響したかもしれないので、次走で今回の敗因を改めて探ってみたいと思います。

7着

今回も中団からの競馬。

直線ではやや進路探しに苦労するも、近走のような目立った末脚は発揮されなかったですね。

馬場やコースは問題なさそうでしたので、前残りな展開に泣いた感じでしょう。

状態は維持できていると思いますので、次走の巻き返しも十分期待できます。

8着

いつも通り後方からの競馬。

前残りの展開もあって見せ場はなかったですが、相変わらず良い末脚は使えていました。

10歳馬ですが、まだまだ元気そうですね。

末脚は健在なようなので、展開が噛み合えばまだ好走の余地はあるかもしれません。

9着

後方2番手からの競馬で、直線で外に持ち出すのに手を焼いてしまっていました。

前残りであったことも含め、今回は展開が全く向かなかったですね。

この敗戦で見限る必要はないでしょう。

10着

スピードを活かして前に行くと予想していましたが、そんなに出脚の速いタイプではなさそうですね。

この枠では番手の競馬だと内に入れられず、かなり苦しい展開になりました。

今回はこの馬の持ち味がほとんど活かされなかったですね。

次走もスプリント戦なら再度注目したいと思います。

11着

好調だった近走と同様に末脚に賭ける競馬。

それでもここでは同型が強力で、目立った末脚ではなかったですね。

今回は相手がかなり強かったですが、重賞ではやや地力不足な感じもします。

12着

出脚がつかず最後方からの競馬に。

4コーナーでも一番大外をぶん回す形となり、分の悪い走りとなってしまいました。

実績的にも、もう少しゆったり走れるマイルくらいの距離が良い気もしましたね。

13着

先行馬の中で唯一垂れてしまいました。

勝ち馬と3着馬の間のポジションで良い雰囲気でレースを進めていたように見えたんですがね。

ちょっとスピード不足な感じがしました。

少し時計の掛かるくらいのレースの方が良いのかもしれません。

14着

スタート後に押して逃げようとしたみたいですが、結局は中団からの競馬に。

不本意な形でこの相手と戦うことになり、さすがに通用しなかった感じです。

重賞級の相手だと根本的にスピード不足ですかね。

15着

中団外目を追走したため、道中で脚を溜められませんでした。

どちらかというとパワータイプの馬なので、高速馬場も合わなかったように思います。

16着

同枠のリュウノユキナとともに中団外目追走で脚を溜められず。

直線ではかなり脚も上がっていたようなので、現状好走の可能性があるとすれば、やはり千直な気がします。

予想結果(個性値上位5頭の結果)

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧

© 2021 J競馬salon