全頭評価(旧)

【フェブラリーステークス2020】予想・全頭評価

2020-02-23

当レースの結果はコチラ【フェブラリーステークス2020】全頭結果回顧

新たなダート界の主役の誕生となった。 かなりの前傾ラップとなり、後方から進めた馬や、マイルより長い距離でも実績のある馬が好走。 勝ち馬も更なる距離延長でも何とか ...

続きを見る

既存のダート有力馬よりも、新たな新星の走りに注目が集まっているレース。

例年通り速いペースが見込まれ、どちらかというと後ろから行く馬の方に分がありそうではあるが、前に行く馬も実力馬が多い。

流れにかかわらず、G1らしい実力通りの決着が濃厚か。

全頭評価内容

1 ブルドッグボス

13人気 騎手:和田 竜二

短評

距離長いか

近走はダート短距離界の強敵を次々と破っており、勢い自体は魅力。

それでもやはり短距離ならではという感じで、マイル戦となる今回はさすがに距離が長いだろう。

2 アルクトス ◯対抗

4人気 騎手:田辺 裕信

短評

ベストな条件

今回は好走実績が非常に多い条件で、内枠も引けた。

強力メンバー相手となるが、好材料をフルに活かせば台頭する可能性はかなり高いとみる。

休み明けではあるが、伸び代もまだ残しているような感じなので成長にも期待する。

3 ワイドファラオ

6人気 騎手:福永 祐一

短評

展開魅力も

スタートが決まれば単騎逃げもできそう。

だが、スピードのあるインティにプレッシャーをかけられる展開にもなりそう。

後ろの馬の末脚も強烈なので、楽な競馬にはならなそう。

4 タイムフライヤー

10人気 騎手:S.フォーリー

短評

掲示板までか

ダートを主に使うようになってからは大崩れしなくなり、好走もチラホラ。

それでもG1級の相手だと一歩不足している印象。

強力な同型も多い今回はやや後手に回りそう。

5 インティ ☆注目

2人気 騎手:武 豊

短評

スムーズなら台頭

昨年のこのレースの覇者であるように、地力の高さは疑うまでもない。

しかし、自分の形で競馬ができないと非常にもろいタイプ。

出脚があまり早くないため、この枠はマイナス。

だが、前に行くワイドファラオが内にいるため、それを利用すればスムーズに運べる可能性もある。

そうなればこの馬は最後まで止まらないだろう。

6 ミッキーワイルド

11人気 騎手:北村 友一

短評

コース適性は高い

かなり持続力のあるタイプなので、直線の長い東京コースは過去に好走実績があるようにプラス材料。

一方で、相手次第では前走のように崩れる可能性もあるので、更に相手強化となるここでは軽視したい。

7 ヴェンジェンス △連下

5人気 騎手:幸 英明

短評

地力は高い

中距離に主戦場を移してからは、強い相手にも好走を続けている。

おそらく右回りがベストではあるが、ペースが流れそうな今回は、この馬の堅実かつ強烈な末脚がハマると予想。

8 キングズガード

14人気 騎手:秋山 真一郎

短評

今回も前崩れ希望

展開問わず、驚異的な末脚で毎度追い込んでくる馬。

展開や相手関係もさほど関係ないタイプで、極端な前崩れの展開となれば非常に怖い1頭。

9 サンライズノヴァ ▲単穴

3人気 騎手:松山 弘平

短評

脚質転換で

近走は先行する競馬にスタイルチェンジしており、以前のような展開頼みの馬ではなくなってきている。

この条件の適性もかなり高く、鞍上も絶好調。

ゴールドアリュール産駒のこのレースの成績も非常に良く、好材料の多い馬。

ハマれば勝ち負けも十分。

10 ノンコノユメ

7人気 騎手:真島 大輔

短評

条件は最適

中央在籍時代にはこのレースで連対経験があるように、コース適性が非常に高く、年はとったが怖い1頭。

後ろ過ぎないポジションで運べれば、直線で弾ける可能性も十分ありそう。

11 モジアナフレイバー

12人気 騎手:繁田 健一

短評

スピードに対応できるか

これまでのレース実績から、中央馬とも十分やりあえる実力はあると思う。

一方で、東京ダート1600mという、国内でも特に高速決着になりやすいコースにどこまで対応できるかがカギ。

地方での好走が目立つところを見ると、ややスピードに懸念があるか。

12 モズアスコット ◎本命

1人気 騎手:C.ルメール

短評

前走の再現で

前走は初ダートで出遅れもあったにもかかわらず、豪快な末脚を発揮してダート重賞を快勝。

今回もペースは流れそうな条件とメンバーであるため、前走の再現の可能性は高いとみる。

13 デルマルーヴル

9人気 騎手:M.デムーロ

短評

ここでは不足か

中央・地方の重賞で好走を続けている馬ではあるが、G1級の相手だとまだ一歩足りない印象。

距離短縮も未知数な面が多い。

14 ミューチャリー

15人気 騎手:御神本 訓史

短評

距離短縮では

地方では2000mで好走を重ねてきており、内容からしても距離が長い方が良いタイプ。

よほどのスタミナ勝負の展開とならなければ厳しいか。

15 ケイティブレイブ

16人気 騎手:長岡 禎仁

短評

距離も短い

近走は成績を落としていて、今回は合っているとは思えない距離短縮。

鞍上からしても勝負気配ではなく、好走の可能性は薄い。

16 ワンダーリーデル

8人気 騎手:横山 典弘

短評

この枠では

この条件が大得意な馬ではあるが、大外枠ではかなり後方の位置取りとなりそう。

G1であれば、いくら末脚が強烈であっても、中団までには取り付いておきたいだろう。

予想印

◎ 本 命

12 モズアスコット

〇 対 抗

2 アルクトス

▲ 単 穴

9 サンライズノヴァ

△ 連 下

7 ヴェンジェンス

☆ 注 目

5 インティ

前走からの巻き返し期待馬

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon