全頭結果回顧

エプソムカップ2020【全頭結果回顧】やっぱり府中はダイワキャグニー!-メシウマおまけ付

2020-06-18

当レースの予想はコチラエプソムカップ2020【予想・全頭評価】不良馬場を制する馬が勝つ!?

第37回エプソムカップ:レース展望 近年は道悪で行われることが多いエプソムカップですが、2020年も不良馬場での実施となりそうですね。 開催が進んで芝もやや傷ん ...

続きを見る

第37回エプソムカップ:結果回顧総評

この週の東京は土日雨続きで、2020年のエプソムカップは結局不良馬場での開催となってしまいましたね。

それでいて前半1000mが59.1秒という良馬場並みのラップ。

後方の馬たちは追走で精一杯な感じになってしまい、上位はほとんど先行した馬で独占する結果となりました。

J-batai
追い込みが全く利かない展開だったね
しかも外より内の方が伸びるという特殊な馬場でもあったよ
takumi
J-batai
これでは後ろから行った馬にはどうすることもできなかったね

今回、差し・追い込み馬はほとんど力を出せないレースとなりました。

真の地力を測れるレースではなかったので、末脚不発に終わった馬の次走には要注目ですね。

また、先行して好走した馬の過信も禁物かもしれません。

 

勝ったダイワキャグニーは、馬場を味方につけたことに加えて、東京巧者らしさを存分に発揮できましたね。

J-batai
個人的には結構好きな馬だったので、なんとか府中の重賞を取ってくれて嬉しかったな!

全頭結果回顧:個性値

個性値評価とは?

馬場が結果に大きく影響した割には、個性値上位の馬たちは結構上の順位に来ていますね。

個性値1位のレイエンダは控える競馬になってしまい、先行することを想定してつけた評価値とはかけ離れた結果となりました。

スタート後すぐにコーナーという東京1800mのコース形態上、外枠の影響をもっと考えた方が良かったでしょう。

J-batai
2・3着馬の個性値をかなり低く評価してしまっていたね…
トーラスジェミニはともかく、ソーグリッタリングの評価は不当でしょ。この馬嫌いなの?
takumi
J-batai
馬場の内目がかなり悪くなると思っていたんだけど…

どうもこれまでのレースで外を通る馬が増えたため、かえって内目の馬場の方が良くなってしまったような気がします。

事前予想の場合は、土日とも不良馬場が続くような週では、今回のような馬場状態を想定する必要もありそうです。

全頭結果回顧:内容

1着

速いラップを番手で追走し、直線でも差を詰められることなく快勝。

東京巧者は不良馬場でも問題ありませんでしたね!

昨年、重馬場のジャパンカップで見せ場ある走りをしたのは実力の証でしょう。

ただ、東京以外では途端に成績を落とす馬でもあります。

想いとしては、引退まで府中から出て行かないでほしいですね(笑)

2着

最内枠を活かしてロスのない競馬ができました。

その甲斐あって、最後の2着争いを制することができた感じがします。

馬場や展開を不安視しましたが、結局はどちらもこの馬に有利に働く状況でしたね。

東京コースや1800mも実績的にはもっと評価しても良かったでしょう。

藤井騎手の騎乗もほぼベストでした。

相変わらず堅実性の高い馬なので、今後のレースでも確実に押さえておきたい1頭です。

3着

後続に脚を使わせるラップで逃げたことで、最低人気とは思えない激走を披露してくれました。

差し・追い込みが利かない馬場に救われた面もありますが、逃げ馬らしい勝負根性も見せてくれた思います。

また、地力に関しても人気ほど低くはないように思いましたね。

前走のダービー卿CTでの大敗もハイペースに巻き込まれてのものでしたし。

ここにきてさらに力をつけてきている感じもします。

今回の馬場では真価を問うことができなかったので、次走で確かめたいところです。

4着

やや出脚がつかず、前がギリギリ射程圏に入るかという位置での競馬に。

それでも直線では外から唯一鋭い脚で伸びてきましたね。

前走内目の良い馬場で外から差し切った末脚は本物だったようです。

前残りのレースで差し込んできたように、今回最も強い競馬をしたのはこの馬ではないでしょうか?

次走以降もこの馬には要注目ですね。

5着

前残りの展開を味方につけて、最後まで良い粘りを見せていました。

ゴール前で踏ん張り切れなかったのは、外目を回った分か、あるいは馬場による影響ですかね。

相変わらず前に行くとしぶとい馬で、左回りもベストな感じ。

おそらく新潟のサマーシリーズに参戦すると思うので、そこでも活躍が期待できそうです。

6着

中団前目での競馬でしたが、馬場の影響もあってか、いつもよりエンジン点火に時間がかかったように見えます。

道悪でも末脚を発揮できますが、本質的には良馬場の方が良いのかもしれません。

また、コースも東京がほぼベストな感じですかね。

レーン騎手によってスムーズに運べましたが、今回は少し馬場に泣く結果となりました。

7着

終始2着したソーグリッタリングの直後でレースを進めましたが、最後まで差を詰めることはできませんでした。

不良馬場での勝利実績がある馬ではありますが、重賞級の相手だと簡単には勝たせてくれなかったですね。

7着ではありますが、上位との差はほとんどなく、ここでも地力は通用したと見ていいと思います。

前が有利な展開でもありましたし、悲観するような内容ではないでしょう。

8着

最後方からの競馬で、終始内を回る形となりましたが、今回はかえってそれがプラスに働きました。

後方から唯一脚を伸ばしてこれたのは、進路取りによる恩恵が大きかったのかなと。

近走からしても、上手く立ち回れば上位に迫る末脚を発揮するタイプですかね。

馬場不問で相手なりに走るタイプでもありそうなので、今後もヒモとしては押さえておきたい1頭だと思います。

9着

いつも通り後方待機の競馬で、直線では上手く内目に潜り込んでこの馬の脚は使えていました。

上位に迫る程の勢いはなかったものの、他の同型がバテる中、末脚を持続させていました。

そういった面からしても、やはりこの距離は少し短いような気がしますかね。

牝馬ながらタフなタイプだとは思うので、もっと長い距離で見てみたいと思います。

10着

控える競馬になったことでノーチャンスとなってしまいましたね。

4コーナーでは上手く内に潜り込めましたが、直線で外へ出してもほとんど反応せず。

高速馬場は向かないタイプでしょうが、重た過ぎる馬場もマイナスなようですね。

昨年このレースを勝った時も稍重馬場でしたし、適度に渋った馬場がベストなタイプでしょう。

11着

上位のソーグリッタリングやサトノアーサーらと同じ位置でレースを進めましたが、こちらは直線に向いた時点でやや疲れてしまっていたように見えました。

稍重までの経験しかありませんでしたが、やはり道悪は苦手なようです。

スタミナも持たなかった感じなので、1800mは良馬場でギリギリな気がします。

個人的にはもっとマイルを使ってほしい馬です。

12着

中団からの競馬になってしまいましたね。

決め手がなく、前に行って押し切りを狙うタイプなだけに、後ろからではさすがに厳しかったでしょう。

今回の馬場でこそ前に行ってほしい馬ではありました。

次走こそはいつもの先行する競馬で勝負してほしいですね。

13着

先行した馬の中では唯一脱落してしまいましたね。

スピードに長けたタイプなだけに、敗因は完全に不良馬場だと思います。

良馬場で仕切り直しといきたい馬でしょう。

14着

追い込みの利かない馬場であったため、ただ回ってくるようなレースに。

今回の結果は脚質上仕方のないものでしょう。

前走はキレのある走りで復調しているとは思うので、もっとイーブンな馬場で出直しですかね。

15着

中団好位からの競馬でしたが、直線入口ですでに手応えが怪しかったですね。

重たすぎる馬場は苦手でしょう。

あるいは加齢で状態面が下がってきているのかもしれません。

最近は確実に逃げられなくなってきていますしね。

逃げてこその馬だとは思うのですが…。

16着

中団からキレを活かす競馬が主体の馬であるため、前残りのレースとなった今回は出番がありませんでした。

距離も本来はマイルの方が良いタイプでしょうし、この結果は度外視しても良いでしょう。

17着

近走よりは少し後ろのポジションでの競馬に。

本来の末脚が全く見られなかったのは、不良馬場による影響が大きかったように思います。

最近の走りはかなり良化していただけに、少し期待外れな気もしました。

こちらも良馬場で見直しと行きたいところでしょう。

18着

やや後方からレースを進めましたが、特に目立ったところもなく最下位に。

近走の内容からしても完全に力負けだとは思います。

復調気配もないですし、今後も厳しいレースが続きそうです。

予想結果(個性値上位5頭の結果)

メシウマなおまけ

今回はおまけがあるんだ。
takumi
J-batai
うん、レース直前に馬場状態を考慮し直して、事前予想を少し変えて馬券を購入したんだ
わざわざ報告するということは大穴あてたのか!?
wanda
J-batai
まあ…見てくれよ…

※2020エプソムカップの購入馬券

事前予想で対抗のダイワキャグニーを軸に変えた3連複で、トーラスジェミニまで押さえていると
takumi
それなのにソーグリッタリングを入れないとは…下手くそだなぁw
wanda
昨年このレース3着、不良馬場で過去2・4着のソーグリッタリングを切るのはあまりにもナンセンスだね
takumi
J-batai
ごもっともです…
もっと慎重に個性値をつけていたら73万取れていただろうに、要反省だよ
takumi
ツイッターをみても「ダイワキャグニーを甘く見てた~」とか「トーラスジェミニはわからんわw」とかはよくあったけど、ソーグリッタリングを押さえていない人はほとんどいなかったぞ
wanda
しかも、4~7着まで全部押さえられているのも逆に神がかっているね
takumi
ソーグリッタリングがちょっとでも後ろならどうやっても的中か…勝負弱いなぁw
wanda
J-batai
以上、馬券上手なみなさまへのメシウマ馬券報告でした…
事前予想ももっと頑張らないとね
takumi
  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧

© 2021 J競馬salon