全頭結果回顧(旧)

【ダイヤモンドステークス2020】全頭結果回顧

2020-02-23

当レースの予想はコチラ【ダイヤモンドステークス2020】予想・全頭評価

長距離レースらしく、スタミナ自慢が揃ったというメンバー構成。 一方で、脚質が流動的な馬も多く、やや展開が読みづらいレースとなりそう。 落ち着いてレースの流れに乗 ...

続きを見る

想定以上にタフな馬場で、レース中盤もペースが緩まなかったこともあり、かなりの消耗戦となった。

上位を占めた馬はいずれも現役馬屈指のスタミナ自慢揃い。

そういった事情もあって勝ち馬は大波乱を演じるに至った。

上位馬達は、今後も単にスタミナ勝負となるレースでは要注目だ。

全頭結果回顧

1着 16 ミライヘノツバサ

16人気 騎手:木幡 巧也

回顧短評

予想以上のスタミナ

小回りコースで先行粘り込みがこの馬の形と認識していた。

しかし、それを可能にしているのは驚異的なスタミナがあってこそ、という考えに至らず。

最低人気ということもあって、予想時には完全に無視していた。

非常にタフなレースであったにも関わらず、直線ではむしろ加速していくような走りで、凄まじいスタミナを見せた。

今後もスタミナ比べのレースでは無視できない存在だろう。

2着 4 メイショウテンゲン

3人気 騎手:池添 謙一

回顧短評

現役馬屈指のスタミナ

予想以上にタフな展開となったことで、この馬のスタミナが活きる形に。

やはり単にスタミナ勝負となるようなレースであれば確実に台頭してくるタイプのようだ。

予想時にコメントした通り、距離よりもスタミナが問われる展開となれば、距離はある程度不問な感じ。

今後は長距離レース以外に出走した場合にも注目したい。

3着 1 オセアグレイト △連下

2人気 騎手:野中 悠太郎

回顧短評

素晴らしい先行力

先行馬には非常に厳しいレースで、同じように先団でレースを進めた他の馬たちは4コーナー手前で早々に失速。

その中でもこの馬だけは最後まで上位争いを演じ、驚異的なスタミナと高い先行力を見せた。

長距離レースではこの先行力は確実に活きてくるので、今後のレースでも要注目の存在。

4着 6 レノヴァール ▲単穴

4人気 騎手:横山 典弘

回顧短評

やや展開に泣く

予想よりも早めに前が止まりだす展開で、4コーナーで徐々に前に押し出されていく形に。

末脚が光るタイプなので、もう少し溜めて行ける展開であれば更に上を狙えたかもしれない。

5着 11 タイセイトレイル ◯対抗

5人気 騎手:中谷 雄太

回顧短評

確実に詰めてはくる

この馬にはタフ過ぎる展開のような気もしたが、それでも徐々には追い上げてきて今回も掲示板は確保。

この距離でも持ち前の安定感を発揮できたが、今後も勝ち負けには展開の助けも必要か。

6着 9 ステイブラビッシモ

15人気 騎手:江田 照男

回顧短評

展開向いて

スタートで立ち遅れたため、いつもより後方の位置から。

前崩れの展開となったため、結果的には人気以上の走りはできた。

ただ、地力云々よりもやはり展開の助けが大きかったという感じ。

7着 7 タガノディアマンテ ◎本命

1人気 騎手:川田 将雅

回顧短評

左回りは割引か

鞍上のコメントにもあるように、右への逃避癖が強く出て、能力を出しきれなかった。

前走の内容からしても、着実に成長はしているはずなので、右回りのレースで再度注目したい。

8着 10 サトノティターン

11人気 騎手:石橋 脩

回顧短評

ギア上がらず

まだ余力がありそうなのに伸びなかったのは、単に芝が不向きだったと思われる。

スタミナのみが問われるレースであったため、本質的な適性は判断しかねるが、ダートの方が良さそうな感じはした。

9着 13 ヴァントシルム

7人気 騎手:M.デムーロ

回顧短評

力は出せた

好位でレースを進め、勝負所でもスムーズに運べた。

後ろ有利の展開ではあったが力は出し切れたはず。

それでも上位と差があったため、スタミナも含め、能力的にやや劣っていたか。

10着 2 ウインテンダネス

15人気 騎手:内田 博幸

回顧短評

タフな展開では

タフな展開よりも、瞬発力も問われるようなレースの方が向いているタイプなので、勝負所手前で早々に脱落。

流石にこの条件では変わり身は見込めなかった。

11着 3 ポポカテペトル ☆注目

8人気 騎手:北村 宏司

回顧短評

軽い芝向きか

勝負所で徐々に遅れ出したが、スタミナ切れというよりは、馬場に脚を取られていたように見えた。

スタミナタイプではあるが、軽い芝の方が向いていそう。

12着 4 ロサグラウカ

9人気 騎手:丸山 元気

回顧短評

このペースでは

積極的にレースを引っ張るも、息の入らないペースでは流石に厳しかった。

ペース配分がうまい鞍上を確保すれば巻き返しも可能か。

13着 5 リッジマン

12人気 騎手:S.フォーリー

回顧短評

変わり身なく

得意のスタミナ比べの展開となったが、今回も好調時の走りは戻らず。

こうなると立て直しは厳しいか。

14着 8 アドマイヤジャスタ

13人気 騎手:田辺 裕信

回顧短評

苦しい展開に

好位外目での競馬だったが、前崩れの展開となり苦しいレースに。

長距離の適性も不明なままとなった。

15着 12 ダノンキングダム

10人気 騎手:津村 明秀

回顧短評

距離持たず

好位でレースを進めるが、中盤が緩まない厳しいペースもあって勝負所手前で手応えが怪しく。

やはり中距離の方が向いていそう。

16着 15 バレリオ

6人気 騎手:F.ミナリク

回顧短評

スタミナ切れ

終始2番手でレースを進めるも、4コーナーで早くもスタミナ切れ。

馬場やペースの影響もあるだろうが、結果的にはこの距離は長すぎたか。

予想印-結果

◎ 本 命  7着

7 タガノディアマンテ

〇 対 抗  5着

11 タイセイトレイル

▲ 単 穴  4着

6 レノヴァール

△ 連 下  3着

1 オセアグレイト

☆ 注 目  11着

3 ポポカテペトル

次走巻き返し期待馬

メイショウテンゲン

ポイント

スタミナ勝負なら

オセアグレイト

ポイント

先行力高い

タガノディアマンテ

ポイント

右回りで

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)

© 2021 J競馬salon