予想・全頭評価

東京優駿(日本ダービー)2020【予想・全頭評価】まさかのあの馬が高評価!?

2020-05-31

当レースの結果はコチラ東京優駿(日本ダービー)2020【全頭結果回顧】皐月賞から序列変わらず!コントレイルの圧勝!

第87回東京優駿(日本ダービー):結果回顧総評 いやぁ…コントレイル強かったですね~。 サリオスとの決着をつけるみたいなイメージだったんですが、最後流して3馬身 ...

続きを見る

第87回東京優駿(日本ダービー):レース展望

今年もダービーの季節がやって参りましたが、今回は日本ダービー史上初の無観客競馬なんですよね。

例年のダービーはテレビ越しからも現地の熱気が段違いに伝わってくるため、それがないのは少なからずレースに影響があるように思いますね。

今年の出走メンバーはこれまでに互いに対戦経験がある馬が多く、ほとんど格付けも済んでいるような感じですね。

対戦成績の物差しで測り辛いのは、サトノインプレッサとヴァルコスくらいだと思います。

そのうえでコントレイルとサリオスの力が抜けているというもあって、近年のような波乱の決着という可能性はかなり低いと見ています。

一方で、3番手争いは皐月賞の結果と同様に大混戦の様相を呈しています。

展開一つでどの馬がきてもおかしくないようなわずかな力量差しかないと思いますし、3歳馬ということで短期間でも成長を見せる馬もいるかもしれません。

ワーケアは皐月賞をパスしての中11週ですし、面白い存在になり得る可能性を秘めている気もします。

全頭評価:個性値

個性値評価とは?

やはり2強の個性値が抜けていますね。一方で3番手争いが熾烈と言った感じ。

距離に関してはどの馬も中距離が良いという感じで適性に大きな差はないと思います。

大きな違いがあるのは単純な地力の差ですかね。

高速馬場への適性もカギを握りそうですが、ほぼ順当に、力通りの結果になることが濃厚だと思います。

全頭評価:内容

NHKマイルCでは大敗しましたが、外枠もあってほとんど力を出せていなかったでし、度外視してもいいでしょう。

マイル血統という見方されていますが、レースの内容的には中距離くらいがベストのように見え、現在の高速馬場であれば今回の条件は非常に合っていると思います。

坂井騎手はダービー初騎乗となりますが、無観客競馬なので例年よりはプレッシャーを感じずに済みそうです。

平場では良い活躍を見せているので、枠も良いですし、ここでも思い切った騎乗に期待したいところです。

加速に時間がかかるタイプなため、東京コース変わりとともに、距離延長も大きくプラスになるでしょう。

それでもこれまでのレースで、この世代の相手との格付けはやや済んだような印象で、位置取りも後ろからになってしまいがちなため、好走にはかなり展開の助けも必要だと思います。

弥生賞からの直行というローテで、出走メンバーの中では特に上積みが見込めそうな1頭です。東京コースも実績があり、ルメール騎手の継続騎乗も非常にプラスでしょう。

ただ、アルジャンナと同様に後ろから競馬するタイプのため、地力を考えると好走には展開の助けも必要になってきそうです。

皐月賞でかなり力不足なところが露呈した印象です。

追い込み脚質も現在の東京コースと見込まれる展開的にマイナスでしょう。

これまでと同様の戦法で競馬をしたらノーチャンスだと思います。

地力もさることながら、コース・馬場・近走など、どれも完璧でほぼ死角がない馬です。

無理やりマイナス要素を探すなら、鞍上の福永騎手がG1で出遅れが続いていることぐらいですかね。

ただ、スタートさえ決めてしまえば、操縦性の高い馬でもあるので、スンナリ好位で競馬出来そうです。

今週に入って東京コースは差しも利くようになってきたので、極端に後ろの位置にならなければ好走はほぼ間違いないでしょう。

サリオスとの一騎打ちムードですが、ロスなく運べれば圧勝まであってもおかしくない馬だと思います。

前走の皐月賞は伸びない内目を終始走っていたにしても、少し負け過ぎかなという印象でした。

立ち回りが上手いタイプなので、上位と差を縮めるなら紛れのあるコースの方がまだ良いいのかなと。

そのため、紛れの少ない東京コースで巻き返す可能性は少ないと思います。

スタートダッシュがつかない馬なので、今回も最後方の競馬が濃厚ですが、そうなると好走の可能性はゼロに近しいでしょう。

距離ももっと合ったほうが良いタイプで、高速馬場もスタミナタイプであるこの馬の持ち味が活きる条件ではないと思います。

東京コースでの成績は安定していて先行力もあり、ややスローなペースが予想される今回は展開も向きそうです。

一方で皐月賞で上位につけられた力差は大きく、条件変わりだけで逆転できるかはかなり疑問が残るところです。

中2週というローテも、疲労が残っていないか気になります

皐月賞では後方からの競馬になりましたが、本来は好位からレースを進める馬で、東京コースも重賞勝ちの実績があります

ただ、これまでのレース内容や血統的には、どちらかというと力のいる馬場の方が向いている印象で、キレもあるわけでもないため、今回の馬場は正直微妙かなと思います。

デムーロ騎手は怖い存在ですが、仕掛けの反応も良い馬では無いので、勝負所でやや後手を踏むシーンも想像されます

自分で得点をつけて言うのも何ですが、この馬がこんなに評価高いんですね(笑)

今回も人気がないようですが、前走の皐月賞も伸びない内目からジリジリ伸びてきており、見た目ほど地力が不足しているようにも感じません

東京コースは初ですが、母父ジャンポケでトニービンの血が入っていますし、終いの脚の持続力もあるので、むしろプラスになるのではと見ています。

前走はやや後ろからの競馬になりましたが、この枠とメンバーならスンナリ先行出来そうで、展開的にも向きそうです。

この春のG1シリーズで松山騎手も好調ですしね、良いエスコートをしてくれるでしょう。

ローテ自体もゆったりしていて状態も良さそうですし、高速馬場への対応が未知数ですが、こなしてしまえば上位2頭を脅かす存在にもなり得ると思います。

近走はキレのある末脚で好走を続けていますが、展開がハマったような感じも見受けられます。

それでも確実に脚を使えるという点は、3番手争いが混戦という今回は大きな強みとなりそうです。

東京コースも外差しが利くようになっていますしね。

直線での捌きがスムーズであれば、皐月賞のように上位に迫る可能性は高いと思います。

コントレイルと並んで総合力が非常に高い馬ですね。こちらはパワータイプであるため、馬場や距離の適性でコントレイルにやや劣ると判断しましたが、それでも総合的には大きな差はないと見ています。

大型馬でも出脚は良い馬で、今回も好位で競馬が出来そうです。

早めにレースが動く展開になっても持久力があるタイプなので展開による懸念は少ないでしょう。

レーン騎手も昨年のサートゥルナーリアの雪辱もあるので、今回のダービーに賭ける思いは誰よりも強いと思います。

そういった面も加味すれば、今回はコントレイルよりも怖い存在になり得るでしょう。

前走の京都新聞杯はハイペースの展開を好位から押し切る見た目以上に強い内容でした。

ただ、この馬も皐月賞では上位との力差が露呈しており、中2週なので前走の反動も懸念されます。

前走も京都巧者振りがハマった感じもあり、初となる東京コースではパフォーマンスを落とすのではないかと見ています。

共同通信杯で負けてからはすっかり存在感の薄い馬になりました。

皐月賞も見せ場のない大敗で、この世代では平凡な馬だと思います。

横山典騎手がどんな乗り方をするかは楽しみですが、前走の感じなら正直春は全休でも良いのかなと思う状態だと思いました。

好走の可能性はほぼ無いと見ています。

弥生賞では世代上位の力があると思わせる走りでしたが、皐月賞では上位に差をつけられてしまいました

イメージとしては、もう少し距離があって、馬場も力のいる状態の方が向くように思います。

この枠では位置取りも悪くなってしまいそうなので、前走と同様に難しい競馬になるような気がします。

前走の京都新聞杯では良い末脚で2着し、直線が長く差しの利く現在の東京コースも悪くありません。

それでも、これまでの相手関係から地力的には劣っている感じが否めず、枠的にもかなり後ろからの競馬になりそうで、ほかの同型と同様に好走には展開の助けが必要でしょう。

青葉賞は外々を回りながらも好タイムの2着で、東京芝2400mと高速馬場に好適性を示しました

今回の相手との対戦経験も少なく、未知の魅力が多い馬だと思います。

それでも、やはり外枠はこの強力メンバー相手だとマイナスになりそうで、好タイム決着の反動も少し心配されます。

幸いすぐ内の枠には前に行きそうな馬は少なく、良いポジションを取れるかもしれないので、展開が向けば一発のある馬だとは思います。

NHKマイルC、オークスに続いてまたウイン軍団のピンク帽ですね。

オークスも2・3着でウインの流れは良いように思えますが、この馬に関しては簡単には行かないように思います。

今回はメンバー的に単騎逃げが期待できそうですが、今週から東京コースは外差しが利くようになってきており、逆に差し馬のターゲットにされてしまいそうです。

馬場も時計のかかる方が向いている印象で、皐月賞のような粘り込みは厳しいと見ています。

予想印(個性値上位5頭)

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-予想・全頭評価

© 2021 J競馬salon