全頭評価(旧)

【アーリントンカップ2020】予想・全頭全頭

2020-04-17

当レースの結果はコチラ【アーリントンカップ2020】全頭結果回顧

実績のある馬が上位を占めるレースとなった。 勝ったタイセイビジョンは、鞍上の好騎乗も光ったが、やはりこれまで戦ってきた相手が強く、ここでは力が違う所を見せつけた ...

続きを見る

全体で見るとやや低調なメンバー構成。

それでも、昨年の2歳G1で活躍した馬や、近走調子をかなり挙げてきている馬もいて、見応えのあるレースになりそう。

強力な先行馬が不在で、直線の長いコース形態であって、力のある差し馬が台頭する可能性が高い。

だが、先行して味がでそうな馬にも注意が必要か。

全頭評価内容

1 ノルカソルカ

7人気 騎手:幸 英明

短評

脚質は魅力

これまでに逃げる競馬では好走を続けている。

同型が不在の今回は脚質的にチャンスはありそう。

それでも、前走でようやく未勝利を脱出しているため、相手関係や時計の面からしても地力がここで通用するかは怪しい。

2 デュードヴァン

6人気 騎手:三浦 皇成

短評

初芝も

デビューからダートで2連勝し、かなり強い内容でもある。

しかし、今年の3歳戦はダート路線から重賞に挑んできた馬はことごとく凡走している印象が強い。

芝適性の問題もあるだろうが、ダートでなければ地力的に微妙だろう。

3 チュウワノキセキ

10人気 騎手:浜中 俊

短評

キレはある

デビューから毎レース、上り3ハロンのタイムは上位に入っているように、キレのある走りが持ち味。

しかし、前走は直線で突き抜けそうな手応えから失速してしまったように、使える脚はかなり短そう。

重賞のペースでもこれまでのような脚が使えるかは疑問。

4 トリプルエース ☆注目

5人気 騎手:川田 将雅

短評

末脚は強力

これまでの実績とレース内容からすると、マイルは少し長い印象もあるが、末脚自体は良いものを持っている。

今回は枠も内目で、ペースもそこまで速くはならなそう。

直線での脚比べとなれば、近走と同様にここでも確実に末脚を伸ばしてくるだろう。

5 ジュンライトボルト ▲単穴

9人気 騎手:藤井 勘一郎

短評

息の長い末脚

1勝クラスで苦戦が続いたが、前走は展開に恵まれたとは言えない中で、息の長い末脚を使ってようやく勝利を掴んだ。

持久力が問われる阪神コースは合いそうで、今回のメンバーであれば、上位争いは十分可能と見る。

6 タイセイビジョン ◯対抗

1人気 騎手:石橋 脩

短評

地力は最上位

前走の2歳G1では勝ちに行く競馬をするも、有力馬に上手く立ち回られて完敗。

それでも3着以下は完封して世代上位の力を見せつけている。

今回は強力な先行馬もいないので台頭は必至だろう。

それでも、後ろから行く脚質上、底を見せていない他馬に脚元をすくわれる可能性もなくはない。

今年の3歳重賞で1番人気馬が苦戦する流れもあり、過信は禁物か。

7 ボンオムトゥック △連下

3人気 騎手:藤岡 佑介

短評

阪神向きの走法

近走は展開に恵まれた部分があるものの、持ち前の跳びが大きいフォームでスピードの持続力を見せて連勝。

直線が長く、持久力が求められる阪神コースは実績からしても得意。

一気の相手強化とはなるが、コース適性を活かしての好走は十分にありそう。

8 リインフォース

11人気 騎手:泉谷 楓真

短評

距離も微妙

近走は短距離戦に活路を見出していた感じ。

距離延長&相手強化となるここでは好材料はなさそう。

9 プリンスリターン

4人気 騎手:原田 和真

短評

キレ負け懸念

前走は重賞で惜敗だったが、時計の掛かる馬場が合っていた印象で、速い時計への対応は未知数。

持久力はありそうだがキレはあまりなさそうな走りで、今回の条件はプラマイゼロといった感じ。

上がり勝負では、他のメンバーと比べるとやや分が悪そう。

10 ギルデッドミラー ◎本命

2人気 騎手:岩田 望来

短評

更なる上昇ある

前走は直線手前から勢い良くマクって余裕の圧勝。

オルフェーヴル産駒らしく、1戦ごとに強さを増してきている感じ。

重賞初挑戦となるここでもいきなり勝ち負けまで期待できそう。

これまでに戦ってきた相手も後に重賞で活躍する中々の強敵揃い。

この馬の素質もかなり高そうだ。

11 ロードベイリーフ

12人気 騎手:坂井 瑠星

短評

相手悪いか

前走は1勝クラスでも見せ場のないレースをしている。

持ち時計も平凡で、この相手では流石に分が悪いか。

12 グランレイ

8人気 騎手:太宰 啓介

短評

地力微妙

昨年の朝日杯FSでは持ち前の末脚で3着に入線したが、展開の助けもあった。

それ以降は強さを見せる走りはできておらず、前走も今回の有力馬には完敗。

展開の助けがなければ、現状は重賞で通用する地力がないだろう。

予想印

◎ 本 命

10 ギルデッドミラー

〇 対 抗

6 タイセイビジョン

▲ 単 穴

5 ジュンライトボルト

△ 連 下

7 ボンオムトゥック

☆ 注 目

4 トリプルエース

前走からの巻き返し期待馬

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon