全頭結果回顧(旧)

【アメリカジョッキークラブカップ2020】全頭結果回顧

2020-01-30

当レースの予想はコチラ【アメリカジョッキークラブカップ2020】予想・全頭評価

続きを見る

かなり力のいる馬場状態ではあったが、地力のある馬がしっかりと強さを見せたレース。

上位2頭は勝ちにこだわった競馬で、見応えのある走りであった。

こういった馬場では今後も台頭していくだろう。

全頭結果回顧

1着 11 ブラストワンピース ◯対抗

1人気 騎手:川田 将雅

回顧短評

着差以上の完勝

周囲の動きに惑わされず好位で競馬を進め、直線でも内目を通る標的を的確に捉えるなど、着差以上に危なげない勝利であった。

鞍上の勝ちに行く騎乗も見事だったが、この馬の能力の健在振りも改めて確認。

昨年はローテ的に順調でない所もあったため、今年はうまく噛み合ってほしい。

2着 10 ステイフーリッシュ △連下

5人気 騎手:C.ルメール

回顧短評

鞍上の好騎乗

勝負所と思われた3~4コーナーで周囲が動きを見せる中、鞍上の好判断でこの馬はインでじっくりと脚を溜め、直線でかなりのしぶとさを発揮した。

好騎乗も光ったが、内の荒れた馬場でもこなす馬の適性も評価したい。

こういった条件では特に注目したい1頭。

3着 2 ラストドラフト ▲単穴

4人気 騎手:O.マーフィー

回顧短評

更に上昇した走り

勝負所で故障馬の影響を受け、直線入り口ではほぼ最後方の位置に。

それでも直線は最後まで鋭い末脚を持続させて3着を確保。

上位2頭とは進路取りに大きく差があったため、実力的にはそれ程開きがないように思えた。

次走での巻き返しは濃厚だろう。

4着 3 ミッキースワロー ☆注目

2人気 騎手:横山 典弘

回顧短評

早仕掛けが良かったか

この馬も故障馬による不利を受けたが、伸びがもうひとつだったという印象。

キレよりも持続する末脚が持ち味だと思うので、結果的にはもう少し早めに動いても面白かっただろう。

5着 12 サトノクロニクル

8人気 騎手:大野 拓弥

回顧短評

休み明けなら上々の内容

故障馬を交わす際に少しヒヤリとする場面もあったが、直線ではソコソコ良い末脚を使えていた。

長期の休み明けを加味すれば内容としては上々で、次走は好走を期待できそう。

6着 9 ニシノデイジー

6人気 騎手:田辺 裕信

回顧短評

展開向かず

勝負所での反応は良かったが、結果的には4コーナーでのロスが大きくなる形となり、今回も結果を出せなかった。

かといって菊花賞のように溜めても良い所が見られなかったので、今回の形の方が向いているように思えたが、それで勝ち切る実力も無く。

何かと注目される馬だが、ソロソロ立場が厳しくなってきたか。

7着 1 ウラヌスチャーム

7人気 騎手:F.ミナリク

回顧短評

位置取り前なら

相変わらず走り自体は悪くなかったが、今回は位置取りが後ろ過ぎた気がする。

決め手がある馬なので、もう少し前で運んでキレを活かして抜け出すような競馬が理想か。

8着 5 スティッフェリオ ◎本命

3人気 騎手:丸山 元気

回顧短評

鞍上の差が出た

上手くマイペースに持ち込んで理想の形に持ち込めた。

しかし、勝負所で後ろからのプレッシャーに耐えきれず仕掛け所を見誤る。

挙句の果てには4コーナーで外目に持ち出す失態。

馬場の良い所を選んだつもりだろうが、上位2頭はインを選択。

そして、2頭の鞍上は国内トップ騎手。

その2人が内を選択したように、内は見た目ほど悪くない馬場であったはず。

今回の敗戦は、それを見抜けていない鞍上の力量不足が原因と言わざるを得ないと思う。

馬の実力としての結果ではないので、次走ではしっかりとエスコートして結果を出してほしい。

9着 7 ルミナスウォリアー

11人気 騎手:柴山 雄一

回顧短評

変わり身なく

後方待機の競馬であったが、直線でも目立った伸びはなく。

前走と変わりのない走りであった印象。

10着 6 クロスケ

10人気 騎手:北村 宏司

回顧短評

芝は不向きか

コースロス無く競馬するも、見せ場なく大敗。

力のいる馬場でダートをこなすこの馬にはプラスと思われたが、やはりそもそもの芝適性が低めか。

11着 8 グローブシアター

9人気 騎手:距離短いか

回顧短評

石橋 脩

スローな展開で好位からの競馬をしたが、勝負所で追走が苦しくなった。

もっとスタミナ勝負に持ち込めるような条件の方が良さそうに見えた。

競走中止 4 マイネルフロスト

12人気 騎手:松岡 正海

回顧短評

見せ場は作れた

人気はないながらも、3コーナーでは積極的に動いて勝ちに行く好内容。

しかし、途中で故障発生となり、予後不良という最悪の結果に。

それでも、最後にこの馬らしい走りを見せてくれたことには感謝したい。

予想印-結果

◎ 本 命  8着

5 スティッフェリオ

〇 対 抗  1着

11 ブラストワンピース

▲ 単 穴  3着

2 ラストドラフト

△ 連 下  2着

10 ステイフーリッシュ

☆ 注 目  4着

3 ミッキースワロー

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)
-

© 2021 J競馬salon