全頭結果回顧

東京優駿(日本ダービー)2020【全頭結果回顧】皐月賞から序列変わらず!コントレイルの圧勝!

2020-06-04

当レースの予想はコチラ東京優駿(日本ダービー)2020【予想・全頭評価】まさかのあの馬が高評価!?

第87回東京優駿(日本ダービー):レース展望 今年もダービーの季節がやって参りましたが、今回は日本ダービー史上初の無観客競馬なんですよね。 例年のダービーはテレ ...

続きを見る

第87回東京優駿(日本ダービー):結果回顧総評

いやぁ…コントレイル強かったですね~。

サリオスとの決着をつけるみたいなイメージだったんですが、最後流して3馬身も着差をつけるとは思いませんでした。

人気だけでなく結果もコントレイルとサリオス、その他という構図のレースとなり、皐月賞から地力的な序列はほぼ変わっていなかった感じです。

J-batai
秋もこの構図が続きそうだね

今年の3歳牡馬は「上位2頭に挑戦できる馬は現れるのか!?」というよりは「3番手争いを制するのはどの馬か!?」といった感じがします。

夏の上がり馬もいるでしょうし、3番手争いもさらに面白いものとなるでしょう。

レース展開

前半はスローで流れたものの、向こう正面でマイラプソディがマクって先頭に立ってからはペースが流れはじめました。

直線坂上辺りまで長く脚をを使う展開となったため、位置取り云々よりも、じっくりと脚を溜めていけた馬が上位に来た印象です。

J-batai
特にサトノインプレッサやブラックホールあたりは良い末脚だったね

比較的底力が問われる展開であったと思うので、今回は皐月賞以上にこの世代の序列がはっきりしたのではないでしょうか。

全頭結果回顧:個性値

個性値評価とは?

上位2頭は個性値通りずば抜けたパフォーマンスを見せてくれました。

サリオスとの着差を考えれば、コントレイルには満点をつけても良かったかもしれませんね。

 

4・5番手評価だったサトノインプレッサとガロアクリークも3着争いに加わる好走。

コースや距離適性など未知数な面もありましたが、良く対応できていました。

 

3番手に推したコルテジアは良い走りでしたが、少し距離が長かったですかね。

マイル辺りの距離で再度見直したいと思います。

全頭結果回顧:内容

1着

サリオスとの一騎打ちを想定していましたが、こちらが上手く立ち回れた今回は相手にしませんでしたね。

皐月賞で上手く立ち回ったサリオスをねじ伏せたのは、力の差があってこそのものだったようです。

少し遊ぶような面を見せてはいましたが、それ以外はケチのつけようのない内容でした。

もうこの世代には相手はいないと思うので、菊花賞も確勝級でしょう。

距離延長は未知数と言えど、その不安を払拭するのに十分なスケールの大きささえ感じます。

鞍上の福永騎手も冷静さを保った見事な騎乗でした。

やはりワグネリアンでダービーを勝った経験は非常に大きかったように思います。

2着

5分のスタートでしたが、他馬との兼ね合いもあって少し後ろ目のポジションになってしまいましたね。

そのせいもあって、地力の差で3着以下はねじ伏せましたが、コントレイルには完敗でした。

残念な結果とはなりましたが、パワーは恐らくこちらの方が上。

道悪競馬など、条件次第では逆転の可能性も残すと考えます。

コントレイルを除けばこの世代では抜けていることは間違いないため、今後も目が離せない存在です。

3着

4コーナーでややロスのある運びになったように見えましたが、直線では素晴らしい持続力を発揮していました。

他の馬よりスタミナ余裕があったように見えたので、この距離が大きくプラスに働いたようです。

今後も距離延長や消耗戦となるレースでは活躍が大いに期待できると思います。

一方で、相変わらずキレはないようだったので、スローが見込まれるレースでは割り引きが必要かなと。

また、レース後には骨折が判明。

まともなら単独3番手もあったのでしょうか。

早期復帰を願うばかりです。

4着

直線で少し進路を探すのに手間取りましたが、最後は本来の末脚を発揮して上位争いに加われました。

距離もやはりマイルより中距離位が良さそうですね。

ダービー初騎乗の坂井騎手も慌てずじっくり溜めていく良い騎乗ができたと思います。

所属する矢作厩舎の勢いとともに、さらなる活躍を期待したいところです。

5着

好位外目を追走し、後半はややタフな流れになり、脚を溜めづらい展開になりながらも最後まで末脚を持続。

見た目以上に強さを感じる内容で、皐月賞の時とは別馬のようにも感じました。

ここにきて急成長を遂げた感もあるので、秋にはさらなる飛躍を期待したいです。

また、近年は京都新聞杯の勝ち馬の活躍が目立つ気がしますし、来年以降もこのローテには要注意でしょうか。

6着

差しが決まりやすくなった馬場も味方した感じですが、ここでも堅実に末脚を伸ばしてきていましたね。

中距離前後なら確実に好走してくるタイプだと思います。

地力はこの世代での序列はソコソコ上とは思いますが、勝ち切るには展開の助けも必要なのか感じもしました。

今後もこの世代では3着前後という走りが続くかもしれません。

7着

後方でじっくり構えたのが良かったにしても、想像以上に良い末脚を使えていましたね。

馬場がそこまで高速でなく、ややタフな展開にもなったため、この馬のスタミナが活かせるレースとなったことが大きかったようです。

地力もこの世代の3番手争いは十分の可能なものを持っていると思うので、今後は長距離戦では無視できない存在となりそうです。

8着

コントレイルを前に置いてサリオスの横で競馬する、ターゲットを意識するかのような運びでした。

直線でもコントレイルをマークする形で追走し、さすがルメール騎手といった上手い乗り方だったように思います。

それでも直線では伸びを欠いてしまったので、現状は力不足だということになりますかね。

本格化するとしても、まだ先になるでしょうか。

9着

後方からの競馬になりましたが、向こう正面でひとマクりして先頭に。

最後はさすがに疲れてしまいましたが、久々に悔いの残らない競馬ができたように思います。

横山典騎手も「何かしてくれるだろう」という期待に応えてくれる騎乗をしてくれました。

跳びが大きめな馬なので、直線が長くて広いコースの方が合いそうですね。

キレもあるタイプではないと思うので、前目で競馬できるようになれば浮上の可能性もあるのではないでしょうか。

10着

スタートでやや後手を踏んだのが痛かったですね。

いつものように前目で競馬ができず難しい競馬になりました。

最後までジワジワ伸びてはいましたが、距離的にはもう少し短いほうが向いているように思います。

また、レース後に骨折が判明したため、それも影響したでしょう。

G1以外では堅実な競馬を続けているので、再びターフに戻ってきたら再度注目してみたい1頭です。

11着

後方でじっくり脚を溜めて行けましたが、直線では少しスムーズさを欠いとこともあって、本来の伸びは見られませんでした。

加速に時間がかかっていたように見えたので、前走の皐月賞や弥生賞のときのような、コーナーで押し上げていく競馬が向いている気がします。

そういったレースができればという注文付きにはなりますが、中山などの直線の短いコースなら再度浮上の可能性もありそうです。

12着

スタートも良く終始好位で競馬を進められ、この馬の全力は出せていました。

直線に向いたときの雰囲気はコントレイルの次に良く見えました。

ラスト300mくらいまでは良く頑張っていたので、距離に問題があったように思います。

距離短縮なら、巻き返しは濃厚だと見ています。

個人的には秋以降も注目していきたい1頭です。

13着

今回も後ろからの競馬になりましたが、皐月賞のような目立った伸びは見られませんでした。

ズブさがあり、末脚も持続力に長けているタイプだと思うので、好走するにはある程度前目でレースを進める必要があると思います。

14着

前走よりも序盤に前目のポジションを取りに行きましたが、外枠もあって終始脚を溜めづらい位置取りになってしまいました。

直線に向いた時点でかなりバタバタになってましたし、内枠ならもう少しやりあえたと思います。

今回は実力を発揮できなかったので、この結果は度外視してもいいでしょう。

青葉賞の走りが本来の能力だと考えれば、秋以降かなり期待のできる1頭だと思います。

15着

後方からレースを進めましたが、直線でも目立った伸びは見られず。

大外に持ち出すのに手間取ったところもありましたが、そもそもの地力が足りなかった面が大きいと思います。

適性的にも不透明な部分が多く、しばらくは様子見したい馬ですかね。

16着

最後方の競馬で、直線では内目を突きましたが、思ったほど伸びませんでしたね。

これまで全て京都で走っていただけに、直線に坂があるコースに苦労したのかもしれません。

もしくは、前走の疲れもあったのでしょうか。

17着

レース中盤まではマイペースで運べていましたが、マイラプソディにハナを奪われてからはやや追走に苦労していたように見えました。

やはり時計がかかる決着向きですかね、距離ももう少し短い方が集中して走れるような気がします。

18着

中団からレースを進められましたが、ちょっと地力が足りませんでしたね。

これまでで一番悪いレースのように感じました。

直線半ばでパッタリと止まってしまったので、スタミナに問題もあったように思います。

完成度としてもまだまだなようなので、間隔を開けてじっくり使っていってほしいところです。

予想結果(個性値上位5頭結果)

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧
-,

© 2021 J競馬salon