全頭評価(旧)

【三河ステークス2019】予想・全頭評価

2019-12-14

当レースの結果はコチラ【三河ステークス2019】全頭結果回顧

続きを見る

かなり骨っぽいメンバーが揃った印象。

3勝クラスで良い走りを見せている馬や、昇級馬の中にも地力が高そうな馬がいることもあってか、事前の単勝1番人気が7倍程度と非常にオッズが割れており、なかなか予想が楽しいレース。

力関係はかなり不透明なので、展開の予想はしっかりやっていきたい。

全頭評価内容

1 フォルツァエフ

9人気 騎手:松田 大作

短評

流れに乗れれば

この馬の好走パターンは逃げ馬の直後につけて、流れに乗った状態で直線粘り込む展開が多い。

今回は昇級直後で相手が強化されることに加え、好位を取りたい馬も多い。

なかなか理想の形にはしてもらえないと予想。

2 アメリカンファクト ◯対抗

6人気 騎手:団野 大成

短評

近走は悪くない

近2走は着順を落としているが、先行馬に厳しい展開に巻き込まれながらも良く頑張っている印象。

今回も決して楽な展開とはならないかもしれないが、厳しい展開にも対応している地力の高さに期待したい。

鞍上の勢いも魅力で、この馬の能力を引き出してくれるのでは。

3 デンバーテソーロ ▲単穴

2人気 騎手:鮫島 克駿

短評

先行力はかなりのもの

昇級戦となった前走は5着に敗れたものの、着差的にはそれほど負けてはいない。

加えて、先行馬に苦しい展開での敗戦だったので、本来の力が発揮できれば好走が期待できる。

今回もややタイトな展開になりそうだが、ここなら地力で勝ると予想。

4 ゲキリン

13人気 騎手:菱田 裕二

短評

距離がどうか

1200mを中心に使われてきたせいか、前走の1400m戦では抑えがきかずに行きすぎてしまった印象。

再度1400m戦ということで少しは対策してくるとは思うが、それでもスピードが勝っているタイプ。

今回予想されるタイトな展開には合わなそう。

5 レッドレグナント

10人気 騎手:横山 武史

短評

特に好材料もなく

前走が初ダートとなったが、特に持ち味となるような部分を見せることもなく敗退。

現状はダートでの地力を測りかねるが、今回はほかの馬の方が魅力的。

6 タイセイプレシャス ☆注目

15人気 騎手:藤井 勘一郎

短評

末脚に期待

近走は着順こそ奮わないものの、この馬の末脚は毎回発揮できている。

前崩れの展開も大いにあり得そうな今回は、勝負所でスムーズに運べればチャンスがありそう。

7 メイショウギガース

7人気 騎手:吉田 隼人

短評

展開が向けば

近走は展開が全く噛み合わずの敗退。

巻き返しもありそうだが、混戦を断てるほどの地力はなさそう。

脚質的にも無難な位置につけるタイプなので、今回は大崩れはせずとも上位争いまではどうだろうか。

8 セイウンクールガイ

8人気 騎手:丸田 恭介

短評

スムーズなら

この距離は得意で好位で競馬できるタイプのため、混戦の今回はスムーズならチャンスがありそう。

ただ、今回は好位を狙う馬も多いため、ポジション争いが激化しそう。

本来の力を発揮できない場面も予想される。

9 ロードラズライト

4人気 騎手:田中 健

短評

前走は好内容も

初ダートとなった前走は先手を取って快勝。

今回のメンバーで最も勢いのある馬だと思うが、相手強化もあって再度ここで同じような競馬ができる気はあまりしない。

現状未知数な部分が多く、距離への対応も不透明。

10 キラービューティ ◎本命

1人気 騎手:北村 友一

短評

近走は好内容

2走前は初ダートでいきなり勝利。

昇級直後の前走も、ハイペースで外を回されながらも、最後はかなり差を詰めてきた。

ダート適性はなかなか高いと見て、混戦模様の今回はこの馬の素質に期待したい。

今回もペースはある程度流れる見込みで、差し脚を活かせる展開になりそう。

11 ネオスターダム

14人気 騎手:中谷 雄太

短評

ハマれば

以前この条件で良い脚で上位に迫ったこともある。

近走は奮わないが、今回のコースは実績的には向いているだろう。

当時の立ち回りができれば、好走の可能性はなくはないか。

12 ハーグリーブス

4人気 騎手:藤田 菜七子

短評

良馬場はどうか

前走は久々のダート戦で4着。

同距離の今回も期待ができそうではあるが、前走は不良馬場。

過去にダート戦で大敗した過去があるように、ダート適性はまだ測りかねる部分がある。

そのため、今回人気するようなら軽視したい。

13 エテルニテ

11人気 騎手:荻野 極

短評

この枠はどうか

この馬も1フォルツァエフと同様に、好位から流れに乗って押切を狙うタイプ。

今回は好位につけたい馬が多いうえ、この枠では理想のポジションが取れないのではと予想。

14 メイショウラケーテ

16人気 騎手:加藤 祥太

短評

近走奮わず

近走は2桁着順が続くが、どれも展開的に厳しかった。

先行馬向きの流れになれば好走の可能性はあると思うが、今回も望み薄か。

それでも、先週のダート重賞でもメイショウの馬がよく頑張っていたように、穴でも注意したくなる。

15 メイショウヤクシマ

9人気 騎手:秋山 真一郎

短評

末脚は魅力も

毎度後方から良い脚を使えてはいる馬。

展開が向けば一発あっても良さそうだが、今回は他の同型が上回りそうな気配。

16 タガノアム △連下

3人気 騎手:岡田 祥嗣

短評

いつもの戦法で

この条件を使われ続けて、いつも後方から4,5着が定番化しつつあるこの馬。

近走は勝ち馬が強かったこともあるようなので、混戦のここでは着順を上げられるチャンスだろう。

前崩れの展開に期待したい。

予想印

◎ 本 命

10 キラービューティ

〇 対 抗

2 アメリカンファクト

▲ 単 穴

3 デンバーテソーロ

△ 連 下

16 タガノアム

☆ 注 目

6 タイセイプレシャス

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon