全頭結果回顧(旧)

【三河ステークス2019】全頭結果回顧

2019-12-14

当レースの予想はコチラ【三河ステークス2019】予想・全頭評価

続きを見る

先行馬がやりあって前崩れの展開に。

上位にきた馬はうまくこの展開を活かした感じで、より決め手のある馬が先着した印象。

一方で先行馬の中にもよく粘れた馬もいたため、次走以降の走りには注目したい。

全頭結果回顧

1着 16 タガノアム △連下

4人気 騎手:岡田 祥嗣

回顧短評

いつもより前の位置でも

今回は好スタートを決めたこともあって、いつもよりも前目の位置でレースを進める。

それでも末脚は健在で、ようやくこのクラスを勝利できた。

オープンクラスでも今回のような競馬であれば十分戦っていけるだろう。

2着 10 キラービューティ ◎本命

1人気 騎手:北村 友一

回顧短評

地力の高さをアピール

ここでもダートでの能力の高さを発揮して好走。

結果的には勝ち馬の決め手に屈したが、それ以下は完封。

次走も好走が期待できるだろう。

3着 11 ネオスターダム

14人気 騎手:中谷 雄太

回顧短評

展開がハマった

4コーナーから直線でインを狙ったことが功を奏した。

一瞬の脚はある馬なので、今回のような前崩れの展開かつ、良い立ち回りができれば好走の余地はあったようだ。

4着 2 アメリカンファクト ◯対抗

2人気 騎手:団野 大成

回顧短評

苦しい展開でも

前崩れの展開の中でも、この馬だけは良く粘っていた。

やはり地力はかなりあるようで、今後も展開に注文がつくとは思うが、この条件では再び注目していきたい。

5着 15 メイショウヤクシマ

9人気 騎手:秋山 真一郎

回顧短評

展開は向いたが

この馬の末脚が活かせる展開となったが、同型にはさらに上手がいた。

上がりは最速ではあったが、勝ち切るにはさらに良い立ち回りをする必要もあるか。

6着 12 ハーグリーブス

6人気 騎手:藤田 菜七子

回顧短評

良い脚は使えていた

スタート後はダッシュがつかず、やや後方からの競馬。

ダート適性にはまだ疑問があったが、展開が向いたとはいえ最後はよく伸びていた。

上位とは決め手に差があったため、好位で競馬できればチャンスがあるかもしれない。

7着 13 エテルニテ

11人気 騎手:荻野 極

回顧短評

持ち味は出せた

流れにのって直線で粘り込みを図る、この馬の形での競馬はできていた。

今回はペースが速かったこともあって粘りきれなかったが、この競馬を続けていればいつかはチャンスがありそう。

8着 9 ロードラズライト

5人気 騎手:田中 健

回顧短評

展開の割には頑張った

前走のように先手を取れずペースも速くて、この馬にとって相当厳しい展開であった。

ただ、本来であれば2桁着順でもおかしくない展開でもよく粘れた方だろう。

マイペースで競馬できた時はかなりチャンスがあると思う。

9着 1 フォルツァエフ

12人気 騎手:松田 大作

回顧短評

前に1頭いれば

好走時のように、前に馬を1頭置くような流れの方がよく粘れていた印象。

積極的な逃げの競馬ではあったが、本質的にはやはり番手から流れに乗る形がベストだろう。

10着 5 レッドレグナント

10人気 騎手:横山 武史

回顧短評

前走と同様に見せ場なく

前走と同じようにギアが上がるようなところもなく、見どころのないレースとなった。

やはりダートは向いていない気がする。

11着 14 メイショウラケーテ

16人気 騎手:加藤 祥太

回顧短評

外目追走では

このペースを外目追走ではやはり厳しかった。

かといってあの位置以外での競馬でもチャンスがあったとは思えないので、妥当な結果ではあるか。

12着 6 タイセイプレシャス ☆注目

15人気 騎手:藤井 勘一郎

回顧短評

末脚は使えている

今回も後方から末脚に掛ける展開。

良い脚は使えて入るが、上位争いには少し後ろすぎたか。

結果的には、3着馬のような進路取りができていればもう少し上を目指せていただろうが、そこまで器用なタイプでもないか。

13着 4 ゲキリン

13人気 騎手:菱田 裕二

回顧短評

折り合いつかず

道中でかなり折り合いを欠いていた。

本質的にはもっと短い距離の方が良さそう。

14着 8 セイウンクールガイ

8人気 騎手:丸田 恭介

回顧短評

気の悪さがあったか

今回はスタート後に押しても進まず、いつの間にか離れた最後方に。

直線では走る気を起こしていたようだが、今回は気の悪い部分があったのか。

15着 7 メイショウギガース

7人気 騎手:吉田 隼人

回顧短評

末脚勝負では

今回はポジションを取れずやや後方から。

もともと決め手のあるタイプではないこともあって、特に見せ場もなく大敗。

ポジションを取りにいく競馬ができるよう、復調を目指したいところ。

16着 3 デンバーテソーロ ▲単穴

3人気 騎手:鮫島 克駿

回顧短評

チグハグな競馬に

好スタートから好位を取りに行くかと思いきや、今回はやや控える展開に。

ハイペースとなったため、判断は間違っていないとは思うが、この馬の形ではないこともあって早々に脱落。

展開はどうあれ、やはり前目につけないとダメな馬なのかもしれない。

予想印-結果

◎ 本 命  2着

10 キラービューティ

〇 対 抗  4着

2 アメリカンファクト

▲ 単 穴  16着

3 デンバーテソーロ

△ 連 下  1着

16 タガノアム

☆ 注 目  12着

6 タイセイプレシャス

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)
-

© 2021 J競馬salon