全頭評価(旧)

【ジャパンカップ2019】予想・全頭評価

2019-11-24

当レースの結果はコチラ【ジャパンカップ2019】全頭結果回顧

全頭結果回顧 1着 5 スワーヴリチャード ◎本命 3人気 騎手:O.マーフィー 回顧短評 得意のスタミナ勝負なら負けない やはりスタミナ勝負となれば、このメン ...

続きを見る

全頭評価内容

1 カレンブーケドール

5人気 騎手:津村 明秀

短評

最も不気味な存在もここではどうか

今回と同条件のオークスでの好走。

秋も堅実な走りをしているが、3歳牝馬ということもあり今回のメンバーの中で最も素質の見極めが難しい。

オークスの内容を見ても、早めの仕掛けから最後まで脚を持続させる地力ある走りで、タイムも優秀。

いかにもこの条件が得意そうな走りではあるが、アーモンドアイ不在ではあるが力のある古馬が揃った今回の相手にどこまで通用するか。

同世代牝馬を相手に勝ちきれなかった近走から、ここではまだ地力が足りないと予想する。

そうはいっても素質が未知なうえ、枠もいいことから、やはり不気味な1頭ではある。

2 ワグネリアン △連下

1人気 騎手:川田 将雅

短評

展開がハマれば期待度が高い

今年に入ってからは着順こそ奮わないものの、一級線相手でも着差のない堅実な走りを見せている。

ダービーの時のように展開がハマれば1発があってもいいと予想。

前走のように、キレのある末脚が武器であるイメージがある馬だが、個人的見解でいえば、デビュー戦から3歳時に見せた、長く持続する末脚こそが、この馬の持ち味ではないかと考える。

理想としては2014年にこのレースを優勝したエピファネイアのような競馬をしたい。

しかし、スタミナ特化タイプとはまた違う感じで、道悪自体はマイナスだと思うため、予想では4番手評価とする。

3 ウインテンダネス

15人気 騎手:田辺 裕信

短評

地力不足も条件は得意

東京の2400m以上のレースは得意ではあるが、このメンバー相手ではさすがに力不足が否めない。

近走も着順は停滞気味で、変わり身はなさそう。

4 ムイトオブリガード ▲単穴

6人気 騎手:C.ルメール

短評

前走で実力開花か

前哨戦を完勝して上昇ムードで再度臨むG1となる今回、さらに強力な鞍上を迎えて軽視できない存在に。

展開もスローペースが予想され、内枠にも入り、おそらく前走と同様に好位でレースを進められそう。

混戦の中、仕掛けのタイミングがうまいルメール騎手であれば高確率で上位に来るのではないか。

5 スワーヴリチャード ◎本命

3人気 騎手:O.マーフィー

短評

スタミナ勝負なら

去年は同レースで3着、近走も内容はそこまで悪くない。

そして、この馬の好走パターンはまくりを決めた大阪杯や馬場が悪かった宝塚記念など、スタミナ勝負となったレースが多い印象。

不良馬場となりそうな今回は非常に期待できる存在であると予想する。

6 ユーキャンスマイル ◯対抗

4人気 騎手:岩田 康誠

短評

持続力ある末脚が魅力

この馬の末脚の持続力はかなりのもの。

前走の天皇賞でもほかの馬が止まりだす中、最後まで鋭い伸びを見せた。

スローペースが見込まれる今回は、3コーナー過ぎから一気にレースが動くと予想される。

特に長く良い脚が使えるこの馬は、道悪でも直線で鋭く追い込んでくる可能性が高い。

混戦となりそうな今回、馬群の隙間を突ける岩田騎手の騎乗も魅力。

7 ダイワキャグニー

14人気 騎手:石橋 脩

短評

コースベストも距離に不安

かなりの東京巧者ではあるが、距離は持っても2000mという印象。

逃げ馬不在で楽に先手はとれるだろが、2400mではスタミナ不足か。

道悪も不安。

8 レイデオロ

2人気 騎手:W.ビュイック

短評

道悪に不安

当初は条件適性を見込んで本命に挙げようとしていた本馬だが、道悪の適性に疑問を持つ。

宝塚記念や海外での負け方から、力のいる馬場の適性があまりなさそうに見える。

もちろん能力は高く騎手も強力なため、馬場さえこなせば最も怖い1頭ではあるが、今回は軽視する。

9 ルックトゥワイス

7人気 騎手:L.デットーリ

短評

鞍上怖いが脚質がネック

強力な鞍上を迎え入れての一戦ではあるが、後方から大外ぶん回しになりやすいこの馬の脚質はG1だと厳しい印象。

出脚もつくタイプではないが、もし好位を取りに行って持続力を活かした競馬をするならば怖い1頭ではある。

フランキーの騎乗には要注目か。

10 ダンビュライト ☆注目

11人気 騎手:松若 風馬

短評

道悪で条件好転か

どう考えてもスタミナタイプの馬な。

スローが見込まれても、速い上がりが必要な東京コースでは不要かと予想していたが、今回は不良馬場の見込み。

状態も上向いてきており、スローペースでも耐久力勝負となれば好走が期待できる。

11 シュヴァルグラン

8人気 騎手:C.スミヨン

短評

コース・距離ともに適性は最上位

この馬も重たすぎる馬場は苦手という印象。

このレースでは毎年好走していて今回は期待していた1頭だが、この馬場ではやや厳しいかと予想する。

12 タイセイトレイル

13人気 騎手:M.デムーロ

短評

道悪は合いそう

条件戦で長距離を一貫して使われてきて、堅実に走っておりスタミナは十分。

前走は重賞で2着と勢いもあり。

地力不足感は否めないが、道悪を味方につけてどこまでやれるか。

13 エタリオウ

9人気 騎手:横山 典弘

短評

展開が向かないか

スタート後に行き脚がつかないタイプなので、スローが見込まれる今回も展開が向かないと予想。

鞍上も、いわゆる"ポツン"をすることがあるため、今回は良い方には傾かないだろう。

そうはいっても、近走はスローなレースが続く中でも、毎回上がり最速で追い込んできており、地力は低くはない。

展開等が噛み合えば1発に期待できる1頭ではあると考える。

14 マカヒキ

12人気 騎手:武 豊

短評

状況は変わらず厳しいか

最近は紛れのある展開でしか来ないというようなレース内容。

東京コースではそれも望み薄で、今回も静観が妥当か。

15 ジナンボー

10人気 騎手:R.ムーア

短評

どこまでやれるかは見もの

血統的にも東京2400mでは期待したくなる馬。

一級戦の相手とは初対戦となるが、どこまでやれるかは未知数。

個人的には今回軽視しているが、鞍上とともに不気味な1頭。

予想印

◎ 本 命

5 スワーヴリチャード

〇 対 抗

6 ユーキャンスマイル

▲ 単 穴

4 ムイトオブリガード

△ 連 下

2 ワグネリアン

☆ 注 目

10 ダンビュライト

 

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon