全頭評価(旧)

【キャピタルS2019】予想・全頭評価

2019-11-23

当レースの結果はコチラ【キャピタルS2019】全頭結果回顧

全頭結果回顧 1着 15 ドーヴァー ▲単穴 7人気 騎手:W.ビュイック 回顧短評 好騎乗と相まって能力全開 スタート後は中段後方に下げて脚を溜め、直線では追 ...

続きを見る

今回からようやく全頭評価による予想スタートです!

全頭評価内容

1 エントシャイデン

10人気 騎手:三浦 皇成

短評

スタートと馬場がカギ

近走は後方から大外を回して、上位と差のない競馬ができている。

一方で、勝ちきるには連勝していた時のような、馬群を突いての追い込みが良いタイプ。

最内枠を引いたのは好材料だが、今回は道悪もあって馬場の内側がかなり傷んできそう。

最近はスタートも安定せず、難しいレースとなるか。

2 シェーングランツ

6人気 騎手:丸山 元気

短評

本格化はまだ先か

2歳時から素質の高さは度々話題となる本馬。

近走は良い脚で上がってくるも、上位争いまではいかないレースが続く。

元々奥手なタイプと言われていたため、ソロソロ上昇があってもいい気もするが…。

今回の骨っぽいメンバー構成も加味すると、まだ静観が妥当か。

3 アンノートル

8人気 騎手:柴田 大知

短評

3走前の脚を使えればチャンスあり

3走前の同条件でのレースは、クラスは下とは言え、スローな流れでも素晴らしい末脚で勝利。

しかし、その後の重賞に挑戦するも、見せ場のないレースが続く。

道悪も向いていない印象で、ほかの有力馬と比べると期待度は低め。

4 レッドヴェイロン 〇対抗

3人気 騎手:R.ムーア

短評

勢いと血統が魅力

順調に条件戦を勝ち上がってきて、オープンクラス初挑戦となるが、兄弟もこの条件が大得意なこの馬を対抗に推す。

条件戦での着差こそ僅かだが、内容的にはやはり力があるものだと見てとれるので、相手の揃った今回でも十分通用すると予想。

鞍上もルメール騎手からの乗り替わりであっても、ムーア騎手ならうまく導いてくれるであろうと期待する。

5 ソーグリッタリング ◎本命

2人気 騎手:L.デットーリ

短評

能力高く差し脚も堅実的

近走は重賞でも好走していて勢いがあり、いい枠も引いて鞍上もフランキーときたため、今回はこの馬を本命とする。

好位から展開問わず安定した差し脚を繰り出せるため、道悪でさらに混戦気味となったこのレースでは、その特徴がかなり有利に働くと予想する。

6 カフェブリッツ

14人気 騎手:津村 明秀

短評

さらなる距離短縮はマイナスか

元々ダートを走っていた馬で、芝替わりとなった初戦は1800mで勝利。

ただ、近走の内容や血統的にみても、やはりスタミナタイプの馬という印象。

今回は道悪ではあるが、スピードの要求値が高い東京1600mでは厳しいか。

7 コスモイグナーツ

16人気 騎手:丹内 祐次

短評

変わり身なさそう

2走前こそ見せ場のある形で4着だったが、相当この馬にとって有利であった展開でのもの。

それ以外は2桁着順が続いており、今回も厳しいか。

8 メイショウオワラ

13人気 騎手:大野 拓弥

短評

復調の兆しはありそうだが

オープン馬になってからは掲示板にも入れないレースが続くが、前走は反応が悪い中、最後まで伸びて徐々に差を詰めていた。

ただ、それでも着差はあったため、現状はまだ力が足りないかなという評価。

9 ブレスジャーニー

4人気 騎手:松岡 正海

短評

上位には来ているが…

近走はどの相手・展開でも掲示板を確保しており力は見せていると思う。

だが、やはり馬券内まであと一歩という詰めの甘さがある印象で、今回も好走はするだろうが、あってもまた掲示板までかと。

10 サトノアーサー △連下

1人気 騎手:C.ルメール

短評

東京コースはベスト

1年近い休み明けとなった前走は展開が向かない中、この馬らしい独特のストライドは健在で2着を確保。

休み明けとしては上々の結果で、今回の東京コースもこの馬にとってはベストのように感じる。

ルメール騎手を確保してここは勝負気配ととれるが、問題は位置取り。

中団で待機することが多く、多頭数の今回は直線でスムーズさを欠きやすいと予想し、連下の評価。

ただ展開がかみ合えば末脚は確実なため、最も怖い1頭ではある。

11 プロディガルサン

6人気 騎手:M.デムーロ

短評

堅実さも最近は停滞気味

どんな展開でも堅実に好走する馬であったが、最近は着順を落としている。

展開が向いていなかったこともあるが、それでも負け過ぎな印象。

好走の可能性は秘めているが、勢いが戻るまでは静観が妥当か。

12 ケイデンスコール ☆注目

4人気 騎手:北村 友一

短評

末脚は驚異だが道悪でどうか

素晴らしい追い込みが印象的で、東京コースも得意で勢いも魅力的な3歳馬。

このメンバー相手でも十分やれそうな感じがするが、道悪が良い方にでるかは疑問。

今の東京コースは基本的に追い込みが効きづらい馬場状態に見えるため、今回は少し評価を下げる。

13 サトノフェイバー

11人気 騎手:古川 吉洋

短評

道悪は苦手か

前走は稍重の函館で大敗。

3歳時に重賞を制覇しているように能力は高いと思うが、道悪の今回はかなり厳しいのではないか。

14 サトノキングダム

12人気 騎手:石橋 脩

短評

東京コースは得意

前目でレースできるようになってさらに安定してきた印象のこの馬。

道悪がどうか次第だが、能力もそこそこある馬だと思うため印はまわらなかったが、注目したい1頭ではある。

15 ドーヴァー ▲単穴

9人気 騎手:W.ビュイック

短評

重賞でも差のない競馬ができている

前走・前々走の重賞では着順を落としているが、いずれもレースの立ち回りが良いとは言えない中で、最後は差を詰めてきている。

鞍上強化で臨める今回は休み明けでも特に期待している1頭。

外枠もスムーズに運べる良い枠だと思いたい。

アドマイヤムーン産駒はあまり重馬場が得意でない印象だが、この馬は過去にこなしていたため問題ないと見る。

16 ロワアブソリュー

17人気 騎手:坂井 瑠星

短評

1400m向きか

オープンクラスになってからも、1400mでは好走を続ける。

しかし、1600mになった途端、着順をかなり落としている。

今回も距離をこなせるイメージはあまり湧かない。

17 ウインシャトレーヌ

15人気 騎手:横山 武史

短評

昇級直後で地力はどうか

前走の勝利でオープン入りを果たしたが、ここでは地力がどのくらいのものかに注目したい。

外枠でも差し馬が多いため好位はとそうであり、この馬のレース自体はできそう。

予想印

◎ 本 命

5 ソーグリッタリング

〇 対 抗

4 レッドヴェイロン

▲ 単 穴

15 ドーヴァー

△ 連 下

10 サトノアーサー

☆ 注 目

12 ケイデンスコール

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon