全頭結果回顧(旧)

【朝日杯フューチュリティステークス2019】全頭結果回顧

2019-12-15

当レースの予想はコチラ【朝日杯フューチュリティステークス2019】予想・全頭評価

中心となるサリオスは世代でも屈指の実力の持ち主と、早くも高い評価を得ている。 しかし、先週のジュベナイルFではリアアメリアという前評判が抜けた馬がいても、レシス ...

続きを見る

2歳王者決定戦、牡馬は力通りの結果となった。

勝ち馬は強い勝ち方で、まだまだ距離が伸びても大丈夫そうなので、来年のクラシックの主役となるだろう。

敗れた馬の中には新たな一面を見せた馬もいたため、今後のこの世代の戦いが非常に楽しみとなった。

全頭結果回顧

1着 6 サリオス ▲単穴

1人気 騎手:R.ムーア

回顧短評

不安を払拭する圧勝

輸送や右回り、多頭数などいくつか不安を唱えられる中で、それらを全く感じさせない圧勝劇だった。

前走と同様に追えば追うほど伸びる脚は非常に魅力的で、距離も幅広く対応できそう。

2着 8 タイセイビジョン ☆注目

2人気 騎手:武 豊

回顧短評

勝ち馬が強すぎた

この馬の力は出し切ったと思うが、今回は勝ち馬が強すぎて、運が悪かったとしか言いようがない。

鞍上もベストの騎乗をしたと思うので、このレースが苦手ではなく、単にこの時期に運気が下がるだけなのか…

12月のG1をあまり勝っているイメージもなく…

3着 9 グランレイ

14人気 騎手:池添 謙一

回顧短評

驚きの末脚

前崩れの展開ではあったが、後方2番手から良く追い込んだ。

前走のレベルを疑問視していたが、着差をつけていたのは実力の証だったようだ。

それでも今回は展開が向いたことも事実なので、次走が試金石となりそう。

4着 14 タガノビューティー

9人気 騎手:和田 竜二

回顧短評

見せ場十分で新境地開拓か

直線では上位2頭に喰らいついていく素晴らしい走りだった。

芝のG1でも真っ向勝負でここまでやりあえたため、今後も芝のレースに挑戦し続けてほしい。

5着 13 プリンスリターン

15人気 騎手:原田 和真

回顧短評

展開も味方して

4コーナーでは反応が悪かったが、それが功を奏した形で直線では良い脚を使えていた。

溜めれば良い脚を使えるタイプのようなので、もう少し長い距離でも良いかもしれない。

6着 1 ジュンライボルト

10人気 騎手:岩田 康誠

回顧短評

良い立ち回りで

終始経済コースを通って来たこともあって、最後までしっかりと伸びていた。

立ち回りの良さが光る堅実なタイプのようなので、混戦のレースでは注目したい。

7着 2 ビアンフェ ◯対抗

5人気 騎手:藤岡 祐介

回顧短評

積極的に行き過ぎたか

積極的な逃げは悪くなかったが、ラップをみるとなかなか厳しいペース。

先週のようにスピードだけで押し切れる馬場ではなくなっていたため、理想としてはもう少しゆったりしたペースを刻みたかったか。

8着 16 ラウダシオン

6人気 騎手:C.ルメール

回顧短評

距離が長い方がいいか

勝負どころで上位とは反応に差があった印象。

それでも最後まで伸びてはいたので、まだまだ距離があった方が良いのかもしれない。

9着 7 ウイングレイテスト

8人気 騎手:松岡 正海

回顧短評

脚が溜まらなかった

今回は中団前目につけたが、ペースが速かったこともあって、直線ではほとんど伸びはなかった。

結果論だが、今回も後方でじっくり行った方が良かったかもしれない。

10着 12 レッドベルジュール ◎本命

3人気 騎手:C.スミヨン

回顧短評

結果的には力不足か

出遅れがあったとは言え、前崩れの展開であったように、好走の余地は十分あった。

それでも全く見せ場がなかったため、敗因は別にもあるかもしれないが、現状は力不足と感じた。

11着 4 トリプルエース

7人気 騎手:W.ビュイック

回顧短評

好位から進めるも

今回は好位から競馬したが、このペースではさすがに厳しかった。

この距離をこなせるかも結局は不明。

12着 11 カリニート

16人気 騎手:幸 英明

回顧短評

展開はよかったが

最後方待機ながら展開は向いたので直線では追い上げたが、それでも地力的に着順はこんなものかといった印象。

13着 5 マイネルグリット

13人気 騎手:国分 優作

回顧短評

短距離向きか

前走の敗戦を受けてか、今回は控える競馬。

それでも伸びが全くなかったのは距離が影響している可能性が高そう。

14着 10 エグレムニ

12人気 騎手:福永 祐一

回顧短評

このペースでは

ハイペースを好位外目で追走したため、直線入り口ではすでに余力がなかった。

距離も現状は短い方が向いているか。

15着 15 メイショウチタン

11人気 騎手:松山 弘平

回顧短評

馬場が合わなかったか

未勝利戦を圧勝したときのような軽い馬場ではなく、追走に苦労していたように見えた。

パドックでも気の悪いところを見せていたように、テンションも高かった。

16着 3 ペールエール △連下

4人気 騎手:O.マーフィー

回顧短評

馬がやめてしまった感じ

直線入り口では伸びようとしていたが、半ばを迎えた辺りで馬が走るのをやめてしまった印象。

疲れもあったかもしれないが、今後の競馬に影響がないことを願う。

予想印-結果

◎ 本 命  10着

12 レッドベルジュール

〇 対 抗  7着

2 ビアンフェ

▲ 単 穴  1着

6 サリオス

△ 連 下  16着

3 ペールエール

☆ 注 目  2着

8 タイセイビジョン

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)
-

© 2021 J競馬salon