全頭評価(旧)

【有馬記念2019】予想・全頭評価

2019-12-22

当レースの結果はコチラ【有馬記念2019】全頭結果回顧

ほとんどの馬が持ち味を活かして全力を発揮した素晴らしいレースだった。 中でも勝ったリスグラシューは適性や状態、展開など全てが噛み合った印象。 ここで引退する馬が ...

続きを見る

秋競馬開幕時の想定よりも大幅に豪華なメンバーとなった本レース。

G1馬が11頭も出走し、地力が健在な馬も多いためハイレベルな戦いは必至。

予想では適性に関してもちろん考慮するが、絶対的な能力にも重きを置いて考えてみたい。

全頭評価内容

1 スカーレットカラー

12人気 騎手:岩田 康誠

短評

末脚は侮れない

前走の敗戦は展開が噛み合わなかったこともあったため、内容的にはそこまで悪くはなかった。

今が充実期という印象で、この条件では未知数だが、疲労がなければ好走の余地はある馬だとは思う。

2 スワーヴリチャード ▲単穴

6人気 騎手:O.マーフィー

短評

条件揃う

前走は道悪と枠を活かしての快勝。

午後から雨が降りそうな今の中山でも好走が期待できる。

前走からの上積みはないだろうが、スタミナが問われる展開になればなるほど、この馬にもチャンスが生まれる。

一昨年の4着も内容は悪くなかった。

3 エタリオウ

10人気 騎手:横山 典弘

短評

変わり身に期待

前走は展開がかみあわなかったものの、今までとは違い好位からの競馬ができた。

今の中山の馬場やコース形態を考えても先行有利は明白。

前走でなにかきっかけを掴めていれば変わり身もある。

4 スティッフェリオ

14人気 騎手:丸山 元気

短評

前走と同様か

2走前の勝利のように、一級線の相手では相当展開が向かないと勝負にならない印象。

今回は同型も多く、更に厳しい展開となることが見込まれる。

5 フィエールマン ☆注目

5人気 騎手:池添 謙一

短評

国内なら

前走の凱旋門賞はパワー不足で勝負にならず。

やはり日本の芝の方が向いている印象で、国内戦に戻る今回は復活に期待する。

長距離G1を2勝しているようにスタミナも十分で、今の中山の馬場も十分にこなせそう。

池添騎手のグランプリでの強さにも期待する。

6 リスグラシュー ◎本命

2人気 騎手:D.レーン

短評

引退が惜しまれる充実ぶり

国内外問わず素晴らしい走りをしてきた馬。

今も充実期という印象で、絶対能力で言えば9アーモンドアイに劣るだろうが、この条件であればこの馬が勝ると予想する。

2走前の宝塚記念の勝利が印象的で、力のいる馬場にはめっぽう強いイメージ。

勝率の高い枠番も引けて、スンナリ好位に取り付けば、有終の美を飾ることができるのではないか。

7 ワールドプレミア

4人気 騎手:武 豊

短評

成長が必要か

菊花賞を勝って有馬記念に直行する馬は好走することが多い。

しかし、今回は相手が一気に強化。

鞍上がコメントしている通りここではまだ地力不足という印象もあるため、厳しいレースとなりそう。

それでも、この秋の成長は目覚ましいものがある。

ここでさらなる成長を見せれば、好走の余地は残る。

8 レイデオロ

7人気 騎手:三浦 皇成

短評

コース適性は認めるところだが

昨年は2着に好走したが、今年は走りのリズムが悪く、好走したレースも少ない。

信頼できる鞍上も騎乗停止となり乗り替わり。

加えて、中山は午後から雨の予報。

この馬にとって苦しい条件が重なるが、最後になんとか意地を見せてほしい所。

9 アーモンドアイ ◯対抗

1人気 騎手:C.ルメール

短評

間違いなく能力はNo1

これまでどのレースでも圧倒的な強さを見せてきた馬。

多くのG1馬が揃ったこのメンバーの中でも力はかなり抜けている印象。

それでもやはりこの条件に不安が全く無いとは言えない。

唯一ここでの適性が鬼でありそうな6リスグラシューには本命を譲る。

一方で能力だけで勝ち切るシーンも容易に想像できる。

どんなレースをするか自体が非常に楽しみである。

10 サートゥルナーリア

3人気 騎手:C.スミヨン

短評

展開次第か

距離やコースがどうこうと言うより、この馬は脚の使い所が悩ましい感じ。

一瞬の脚は現役屈指だと思うが持続力が並のため、前走のような負け方が十分ありえる。

とは言え、超一流の鞍上とポテンシャルの高さからすると、完全に無視することは難しい気もする。

11 キセキ

8人気 騎手:R.ムーア

短評

この馬のリズムなら

昨年の同レースは、直線入り口までは勝ちを意識させる走りであった。

結果的には失速したが、リズムが完璧もっと際どかっただろう。

昨年のジャパンカップのように、完璧なリズムで走ればどの条件でも最後までスピードが衰えない。

鞍上が最高の騎乗をすれば1発があってもおかしくはない。

12 クロコスミア

16人気 騎手:藤岡 佑介

短評

同型は強力

前走は恵まれた展開での好走。

相手が更に強化され、強力な同型もいる今回はなかなか厳しいレースになるのではないかと予想する。

13 アルアイン

15人気 騎手:松山 弘平

短評

距離は長いが

この馬の適性距離は2000mまでという印象。

それでも、ギリギリまで脚を溜めて、最後に見せ場がつくれたら最高だと思う。

14 ヴェロックス △連下

9人気 騎手:川田 将雅

短評

堅実性はここでも

同世代相手にも勝ちきれないレースが続くが、内容は世代トップの強さを見せている。

脚質的には中山コースは向いていて、今回はコーナーが多い条件であることも、跳びが大きい割に器用さのあるこの馬にはプラスに働きそう。

展開の利も活かせば、上位争いは十分に可能ではないか。

15 アエロリット

11人気 騎手:津村 明秀

短評

展開が向くことを祈る

引退ということで最後に出走した感じで、完全に適性外のレースではある。

同型に邪魔されず、自分の競馬ができることを願うばかり。

16 シュヴァルグラン

13人気 騎手:福永 祐一

短評

条件得意も

昨年同レースで3着であったように、この条件は得意。

しかし、良い時と比べて状態は落ちている印象。

現在の内目が良い馬場もこの枠ではかなり不利で、残念ながら厳しい展開が見込まれる。

予想印

◎ 本 命

6 リスグラシュー

〇 対 抗

9 アーモンドアイ

▲ 単 穴

2 スワーヴリチャード

△ 連 下

14 ヴェロックス

☆ 注 目

5 フィエールマン

前走からの巻き返し期待馬

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭評価(旧)

© 2021 J競馬salon