全頭結果回顧(旧)

【有馬記念2019】全頭結果回顧

2019-12-23

当レースの予想はコチラ【有馬記念2019】予想・全頭評価

続きを見る

ほとんどの馬が持ち味を活かして全力を発揮した素晴らしいレースだった。

中でも勝ったリスグラシューは適性や状態、展開など全てが噛み合った印象。

ここで引退する馬が多く寂しい気もする一方で、3歳馬も上位に来たことで世代交代も感じさせる。

来年からもレベルの高い競馬が楽しめそうだ。

全頭結果回顧

1着 6 リスグラシュー ◎本命

2人気 騎手:D.レーン

回顧短評

超名馬級の有終の美

この条件なら頭ひとつ抜けていると予想していたが、能力も抜けていた。

有馬記念を引退レースとして圧勝したディープインパクトらのような超名馬級の強さであった。

今が充実期で、引退は非常に悔やまれるが、産駒にはこの馬の強かさをしっかりと受け継いでほしい。

2着 10 サートゥルナーリア

3人気 騎手:C.スミヨン

回顧短評

ポテンシャルは高い

勝ち馬には差をつけられたが、それ以外の馬相手には着順のみならず内容も上回っていたように感じた。

鞍上が惚れ込んでいるように、ポテンシャルは相当なものがありそう。

一方で、やはり使える脚は長続きしないところは相変わらずの模様。

直線の長いコースでの対応が今後のカギとなるのではないか。

3着 7 ワールドプレミア

4人気 騎手:武 豊

回顧短評

展開を活かして

前崩れの展開を活かして後方待機策がハマった印象。

2着馬と比べてこちらは展開の助けがあっての好走という感じだが、伸び代はまだありそう。

主役となるようなタイプではないような気もするが、来年も古馬の中長距離戦線を賑わせていってほしい。

4着 5 フィエールマン ☆注目

6人気 騎手:池添 謙一

回顧短評

大本命を負かしにいくも

アーモンドアイをマークするような形でレースを進める。

勝負どころでも負かしに行く積極性を見せたが、結果的にはマークする相手を間違えた。

一方で、長距離での強さは再確認できたので、来年も長距離レースでは活躍を期待したい。

5着 11 キセキ

7人気 騎手:R.ムーア

回顧短評

出遅れもリズムは崩さず

出遅れもあって久々に中団からの競馬。

それでもこの馬のリズムを崩さなかった鞍上の好騎乗もあって、最後は良い末脚を見せた。

今後もリズムを崩さない競馬を続けていけば、再びG1を制覇するチャンスがあるのではないか。

6着 16 シュヴァルグラン

14人気 騎手:福永 祐一

回顧短評

最後は地力を示した

後ろが有利な展開ではあったが、直線の末脚は見応えがあった。

これまで息の長い活躍をしてきただけに、引退は寂しいが種牡馬となって活躍を期待したい。

7着 8 レイデオロ

9人気 騎手:三浦 皇成

回顧短評

見せ場はつくれなかったが

最後は得意の条件でも見せ場はつくれなかった。

それでも近走に比べたらいい走りはできていた。

充実期は持続しなかったが絶対能力は高い馬だと思うので、産駒にはしっかりと受け継いでいってほしい。

8着 14 ヴェロックス △連下

8人気 騎手:川田 将雅

回顧短評

結果的には地力不足

中団前目につけたこの馬にとってはやや苦しい展開ではあったが、2,3着は同世代の馬。

持ち味を活かせなかったとはいえ、地力の差が出てしまった印象。

古馬になって活躍していくには、もうひと段階成長してほしいところ。

9着 9 アーモンドアイ ◯対抗

1人気 騎手:C.ルメール

回顧短評

いつもの様子ではなかった

思い返せば1周目のスタンド前での走りに何か違和感があった気がした。

それは直線半ば辺りで顕著に表れ、いつものような覇気がなかった。

コースや距離も少しはあるだろうが、変則的なローテが主な敗因か。

今回は紆余曲折があっての出走であったため、この日は結果的には走る態勢として万全ではなかったように思う。

名誉挽回に向けて、今度はじっくり時間をかけて次走に臨んでほしい。

10着 3 エタリオウ

10人気 騎手:横山 典弘

回顧短評

後方待機がいいのか

相手が強力だったとは言え、相手なりに走るこの馬が2走連続大敗。

勝ち切るようになるためには先行したほうが良いはずだが、この馬の走る気を最大限活かすなら後方待機のほうが良いのか。

今後のレースに注目したい。

11着 13 アルアイン

15人気 騎手:松山 弘平

回顧短評

最後まで頑張った

適性外の条件ではあったが、この馬の形を崩さずに引退レースを無事に走りきった。

種牡馬としては似たようなタイプが多く苦戦するかもしれないが、それでもこの馬の個性を受け継いだ産駒には期待したい。

12着 2 スワーヴリチャード ▲単穴

5人気 騎手:O.マーフィー

回顧短評

勝負所で加速できず

おそらく余力はあっただろうが、4コーナーで周りの動きに遅れを取る形に。

懸念していた右回りの不得手さがモロに出てしまったように見えた。

直線が長く、コースも広いほうが向いているタイプ。

13着 4 スティッフェリオ

13人気 騎手:丸山 元気

回顧短評

相手が強かった

自分の競馬を崩さずに競馬できたが、ここでは地力は通用しなかった。

14着 15 アエロリット

12人気 騎手:津村 明秀

回顧短評

最後も個性全開

自爆覚悟の大逃げで、最後までこの馬の個性を楽しめるレースだった。

産駒にもこのスピードが脈々と受け継がれてほしい。

15着 1 スカーレットカラー

11人気 騎手:岩田 康誠

回顧短評

ここでは通用せず

疲労や距離不安もあったかもしれないが、牝馬同士の勝負が続いた後にこの相手。

さすがに分が悪かったかという印象。

16着 12 クロコスミア

16人気 騎手:藤岡 佑介

回顧短評

最後は苦しかった

前走あの展開で勝ちきれなかったように、やはりピークを過ぎていたか。

そんな中でこの相手とこの展開ではさすがに苦しかった。

この馬の産駒にはぜひともG1を制覇して、母の悲願を達成してほしい。

予想印-結果

◎ 本 命  1着

6 リスグラシュー

〇 対 抗  9着

9 アーモンドアイ

▲ 単 穴  12着

2 スワーヴリチャード

△ 連 下  8着

14 ヴェロックス

☆ 注 目  4着

5 フィエールマン

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-全頭結果回顧(旧)
-

© 2021 J競馬salon