レース回顧

【メインレース回顧】オーロカップ・エリザベス女王杯・福島記念 2019

2019-11-10

当レースの予想はコチラ【メインレース予想】オーロカップ・エリザベス女王杯・福島記念 2019

東京11R-オーロカップ ◎本命-4トゥザクラウン 騎手-石川裕紀人 この舞台はこの馬にとってベスト。 過去の走破タイムも優秀で、確実に上位に食い込んで来ると予 ...

続きを見る

昨日と同様に本命馬が来ない残念な予想となりました…。

敗因を分析して次週は巻き返しを図ります。

東京11R-オーロカップ

18着 ◎本命-4トゥザクラウン 騎手-石川裕紀人

一言でいうと残念でした。

淀みのないペースで先行馬にとっては厳しい展開で、現に上位に来た馬はほとんど後方の馬でした。

しかし、いい時の状態であればこのペースでも押し切った経験もあるため、状態面で下降してきていると言わざるを得ません。

今日の内容だけ見ると復活を期待するのは酷なように感じました。

8着 ◯対抗-15エントシャイデン 騎手-三浦皇成

出遅れが痛かったですね。

もともと後方に構える馬ですが、相手が強い今日のようなレースでは厳しい出遅れです。

しかしながら、いい末脚を発揮する局面もあったため、今後も展開次第では狙っていきたい馬だと思います。

どちらかというと一瞬の切れ味タイプであると思うので大外一気よりも、連勝した時のような場群を縫っての差しのほうが良いのかもしれません。

13着 ▲単穴-8ラヴィングアンサー 騎手-石橋脩

行き脚がついたため、前目の位置でレースを進めましたが、今日の展開では裏目に出てしまいました。

この馬の武器はやはり末脚だと思うので、今日の結果は度外視して、今後のレースで狙ってみたいですね。

3着 △連下-9ジョイフル 騎手-川又賢治

後方待機組が大外へ行く中、内に割り行っての3着で迫力のある走りと騎乗でした。

川又騎手も見どころのある若手ですね。

やはり末脚はいいものを持っており、このクラスでも好走を続けていくのではないかと今後も期待しています。

6着 ☆注目-6フロンティア 騎手-大野拓弥

上がり最速で前を追い上げるも届かずの6着。

スタートから最後方に下げて希望通りのレースをしてくれましたが、このクラスだとその戦法で勝ち切るのは難しかったようです。

中団からレースを進めるように成長すれば、今後は上を目指していける馬だと思います。

結果まとめ

18着 ◎本命-4トゥザクラウン
8着 ◯対抗-15エントシャイデン
13着 ▲単穴-8ラヴィングアンサー
3着 △連下-9ジョイフル
6着 ☆注目-6フロンティア

京都11R-エリザベス女王杯

3着 ◎本命-11ラヴズオンリーユー 騎手-M.デムーロ

逃げ馬が離して逃げているのにスローペースという、デムーロ騎手にとっても昨日のメインと同様に難しい展開になってしまいました。

直線では少しふらつき気味で、加速しきれなかったようにも見えました。

馬体が成長したとはいえ、この大きなフットワークを活かしきる体にはまだなっていないように映ります。

なので来年はさらにパワーアップして、引き続きこの世代の主役として活躍してほしいですね。

昨日のメインと同様といえば、勝ったラッキーライラックの走りも昨日のレッドベルジュールのリプレイを見ているかのようでした。

ラッキーライラックはキレないタイプだと思い込んでいたため、今日は展開が向かないと予想しましたが、スミヨン騎手が隠れたギアを引き出したような感じがしました、お見事です。

ちなみに、この日の東京準メインの勝ち馬がライラックカラー、またしても地味にサインが出ていた気がして何とも言えない気分です、競馬らしくていいですが(笑)

7着 ◯対抗-16スカーレットカラー 騎手-岩田康誠

恐れていた極端なスローペースに泣きましたかね。

枠的にも勝負所で外を回さざるを得ず、内も伸びる馬場なので、直線では一瞬見せ場もありましたが最後は力つきました。

今日は運がなかったため、次走以降も状態を維持して活躍を続けてほしいと思います。

2着 ▲単穴-6クロコスミア 騎手-藤岡佑介

この馬にとって最高の展開でレースが進んでいったと思いますが、今年も最後ただ1頭に交わされてしまいましたね。

これでエリザベス女王杯3年連続2着となかなか金メダルに届かず。

この手の馬は結局G1を勝てず仕舞いで終わる気がしますが、血統的にも晩成タイプだと思うので、あきらめず頑張ってほしいところです。

5着 △連下-8クロノジェネシス 騎手-北村友一

この馬もスローペースに泣かされた1頭となりました。

直線では堅実に伸びては来ましたが、勝ち負けには及ばずの敗戦。

予想で懸念していた距離不安はスローペースとなった今日のレースでは正直よくわからなかった感じです。

前走の反動もあったかもしれませんし。

11着 ☆注目-4ウラヌスチャーム 騎手-O.マーフィー

出脚が悪く中団からレースを進めましたが、このスローペースでは見せ場も作れず惨敗。

まくっていくか、強引にインをついていくかなどと少し期待しましたが、そもそもここでは力がまだ足りていないようでした。

結果まとめ

3着 ◎本命-11ラヴズオンリーユー
7着 ◯対抗-16スカーレットカラー
2着 ▲単穴-6クロコスミア
5着 △連下-8クロノジェネシス
11着 ☆注目-4ウラヌスチャーム

福島11R-福島記念

6着 ◎本命-6デンコウアンジュ 騎手-柴田善臣

4コーナーでいい位置につけ手応えも良く、直線弾けると思いましたが案外伸びず。

1800mまでが限界なのかもしれませんね。

適距離の差し勝負となりそうなレースで今後も注目したいと思います。

3着 ◯対抗-12ミッキースワロー 騎手-菊沢一樹

3コーナーで仕掛けてから直線でもしぶとく伸びて、力のあるところを見せてくれましたが、ハンデ差もあり勝つまでには至らず。

不器用なタイプでこういった競馬になりやすくなかなか勝ち切れないですが、相手なりに走るタイプでもあると思うので、今後もタフな展開になりやすいレースに出てきてほしいですね。

1着 ▲単穴-10クレッシェンドラヴ 騎手-内田博幸

中団の真ん中でレースを進め、4コーナーで前を射程圏に入れ、直線もしっかり伸びての完勝でした。

ハンデもありましたが、やはり福島が得意な馬ですね。

福島で強いところを見せてくれたので、今後はほかの競馬場でも活躍してほしいですね。

5着 △連下-5レッドローゼス 騎手-田辺裕信

今日は出脚がつかなかったため最後方からの競馬。

それでも最後は大外からよく伸びてきました。

田辺騎手は折り合いに専念して直線で爆発させる騎乗が相変わらず上手です。

そうはいっても結果は5着、勝ちに行くにはやはり好位につけてスタミナ勝負に持ち込んだほうがこの馬に合っているような気がします。

2着 ☆注目-9ステイフーリッシュ 騎手-中谷雄太

勝ち馬の一つ前でレースを進め、直線でもしぶとく食い下がりましたが、最後は競り負けての2着。

相変わらず堅実な走りを見せてくれましたが、残念ながら今日も勝ちきるには至りませんでした。

毎回そこそこの人気であるため、馬券的にはありがたい存在ですが、再び重賞制覇を目指して頑張ってほしい1頭ではあります。

結果まとめ

6着 ◎本命-6デンコウアンジュ
3着 ◯対抗-12ミッキースワロー
1着 ▲単穴-10クレッシェンドラヴ
5着 △連下-5レッドローゼス
2着 ☆注目-9ステイフーリッシュ

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-レース回顧
-

© 2021 J競馬salon