レース回顧

【メインレース回顧】武蔵野ステークス・デイリー杯2歳ステークス・奥羽ステークス 2019

2019-11-09

当レースの予想はコチラ【メインレース予想】武蔵野ステークス・デイリー杯2歳ステークス・奥羽ステークス 2019

※今回からは予想印に従った書き方に変えます。レース展開や馬場傾向も予想の中で触れていきます。 東京11R-武蔵野ステークス ◎本命-5エアアルマス 騎手-川田将 ...

続きを見る

東京11R-武蔵野ステークス

11着 ◎本命-5エアアルマス 騎手-川田将雅

結果的には不安な面だけがでた1戦となりました。能力は高くても、少し砂を被っただけでレースにならなくなるのは、今後としても大きすぎる課題ではないでしょうか。

それでも関係者たちの努力でなんとか克服して、再度重賞に挑戦してほしいですね。

7着 ○対抗-3デュープロセス 騎手-C.ルメール

やや速めの流れを好位で追走してことで、脚がたまらずこの馬のレースができなかった印象です。

理想としては勝ち馬ぐらいの位置につけて脚を溜めて、一瞬のキレで抜け出すといったレース運びをしてほしかったです。

また、そういう展開を望むのであれば、もっと短い距離のほうが向いているのかもしれません。

15着 ▲単穴-10マジカルスペル 騎手-内田博幸

早めのペースで先行しましたが、中段の馬たちが脚を溜めるのにちょうどいいペースでもあったため、差し馬に早めに来られて苦しくなりました。

8ドリームキラリもそうですが、もっと後続に脚を使わせるような消耗戦のほうが良さそうです。

1着 △連下-7ワンダーリーデル

今日は展開的にもこの馬に向きましたが、そこで勝ち切るだけの力をつけていることに驚きました。直線での差し脚は素晴らしく、広いコースでは今後も活躍してくれそうです。

鞍上の横山典騎手も道中はインにベタ付けし、直線で外目に出す完璧な騎乗でワンダーリーデルを勝利に導きました。

この日の9Rでもダートレースで勝利を挙げており、予想時に言及した騎手の傾向も当たっていました。

言及といえばマヤノトップガンの件も当たる形になりましたね。。。こういった要素も絡んでくるのが競馬なので今後こういうサインがあるときは、いい印を打ってもいいのかなと思います。

9着 ☆注目-8ドリームキラリ 騎手-坂井瑠星

今回は強力な差し馬が多く、消耗戦になってもやや劣勢だったかもしれませんが、やはりこの馬は極端なハイペースで消耗戦に持ち込んでこそ味が出ると思います。

今後も同型が多く出走しているようなレースで狙ってみたい1頭だと思います。

結果まとめ

11着 ◎本命-5エアアルマス
7着 ○対抗-3デュープロセス
15着 ▲単穴-10マジカルスペル
1着 △連下-7ワンダーリーデル
9着 ☆注目-8ドリームキラリ

京都11R-デイリー杯2歳ステークス

6着 ◎本命-4サクセッション 騎手-O.マーフィー

結果的には3コーナーで動いたことが仇となりました。

上位に後方待機の馬が多く来たように、前が早めに動く展開では、先行馬にとっては厳しい展開となったようです。

苦しくなった先行勢とは対照的に、後方の内でじっとしていた勝ち馬の1レッドベルジュールにとっては理想の展開となりました。

もちろん勝ち馬の末脚と武豊騎手のエスコートも素晴らしかったです。

3着 ○対抗-3ペールエール 騎手-M.デムーロ

前目につけた馬にとって厳しい展開の中、先行した馬の中で唯一馬券内に残り、力を見せてくれました。

下馬評上、マークしなければならない4サクセッションが早めに動いたことで、ついていかなければならない展開となってしまい、今日は運がありませんでした。

前走と同様に操縦性の良さもしっかり見せていましたので、マークする馬を間違えなければ、大舞台でも活躍が期待できると思います。

9着 ▲単穴-6インザムード 騎手-田中健

直線手前で見せ場もなく下がっていったところを見ると、やはり力が足りていないようです。

4着 △連下-7トリプルエース 騎手-和田竜二

好スタートから控えて中段で脚を溜めて、直線でもいい脚を使っていました。

鞍上の乗り方からすると、現状だと距離はこのくらいがギリギリのように見えました。

直線での捌きがもう少しスムーズだったら、さらに際どく上位争いをしていたと思います。

5着 ☆注目-8ライティア 騎手-北村友一

跳びが大きいためエンジンの掛かりが遅く、加速がついた時に前をカットされたりと能力を出しきれませんでした。

今後の伸び代で言えば今回はこの馬が一番に見えたレースでした。

結果まとめ

6着 ◎本命-4サクセッション
3着 ○対抗-3ペールエール
9着 ▲単穴-6インザムード
4着 △連下-7トリプルエース
5着 ☆注目-8ライティア

福島11R-奥羽ステークス

5着 ◎本命-9ビルジキール 騎手-西村淳也

ハイペースを中段で追走して、4コーナーでもいい位置につけていましたが、直線での伸びは今ひとつでした。

この馬に先着した馬は、勝ち馬以外はすべてこの馬より後ろを追走しています。

この馬も脚を溜める競馬に徹すればもう少し良い結果となったかもしれませんね。

2着 ○対抗-11ジェニミズ 騎手-丸田恭介

最後方からの競馬でも慌てずに徐々に位置を押し上げ、4コーナーでは先頭を射程圏に入れ直線でもしぶとく伸びての2着。

前走から一変してこの馬の能力がしっかり出せたと思います。

勝ち馬との差は今回は仕掛けのタイミングにあったように感じます。

1テンポ遅く仕掛けていれば、もう少し際どくなったのではないかと思います。

一方で、3~4コーナーでの脚を活かしての好走でもあるため、一概には言えず。

次走に期待したいところです。

13着 ▲単穴-7リワードアンヴァル 騎手-三浦皇成

着順や内容からみても展開の一言に尽きますかね。

ペースも早く少し揉まれる形になり、キャリアの浅さが出た1戦となりました。

それでも能力は高い馬だとは思いますので、今回の経験を糧にして今後の活躍を期待したいところです。

8着 △連下-8ロジペルレスト 騎手-丸山元気

逃げ馬がバテ始めたところで外から進出し、持ち前の粘りを出そうとしていましたが、今回はペースが速すぎました。

かといって仕掛けを我慢しても着順は大きくかわらなかっただろうという印象で、好走するには極端な展開は合わないタイプのようです。

1着 ☆注目-14ナムラカメタロー 騎手-石川裕紀人

外枠ではありましたが、あまり前目の位置を主張せず5番手につけて、直線も絶好のタイミングで抜け出す完勝。

逃げ馬の直後につけないと自分の形にならないと思っていましたが、好位でも良い競馬をしますね。

やはり絶対能力が高く、こういった早いペースにも対応できることから、今後の重賞挑戦でも注目したい1頭です。

結果まとめ

5着 ◎本命-9ビルジキール
2着 ○対抗-11ジェニミズ
13着 ▲単穴-7リワードアンヴァル
8着 △連下-8ロジペルレスト
1着 ☆注目-14ナムラカメタロー

  • この記事を書いた人

J-batai

競馬歴約15年。中央競馬の予想や、予想力の向上のための情報などを随時発信中です。2021年は「おすすめ馬」の単複で回収率100%超えを目指します!Twitterで毎週予想投稿を通知していますので、フォローお待ちしております。

おすすめ記事一覧

1

目次JRAダイレクトとは?即PATとの違いは?なぜJRAダイレクトの方が勝ちやすいと言えるのか?理由①決められた予算内で馬券を買えるようになる理由②狙いのレース ...

2

目次穴馬の予想方法について”穴馬を予想する”とは具体的にはどういうことか?穴馬を見つけるシンプルすぎる予想方法とは?シンプルすぎる穴馬の予想方法「近走で不利によ ...

3

目次競馬予想で重視すべき考え方とは?競馬予想的中に特化したツールをご紹介!当ブログでは重視するポイントをわかりやすくするため「個性値」として数値化個性値の内容距 ...

-レース回顧
-

© 2021 J競馬salon